1/2tトラックの払い下げ車両は入手不可能?入手方法を徹底解説

   

1/2tトラックの払い下げ車両を探してもそう簡単に見つかりませんが、そもそも自衛隊の払い下げ車両は民間人が購入できるものなのでしょうか?
今回は1/2tトラック(73式小型トラック)の払い下げ車両が存在しているのか、どうやって入手できるのかについて紹介します。

1/2tトラックの払い下げ車両は存在する?

1/2tトラック(73式小型トラック)の払い下げ車両を探している人はとても多い。

昔は自衛隊車両も払い下げされていた?

1/2tトラック(73式小型トラック)とは1993年以前に陸上自衛隊が使用していたもので「ジープ」とも呼ばれていました。
1993年以降は高機動車が導入されましたが、それ以前は73式小型トラック、73式中型トラックが輸送や運搬に使用されていたのです。

その独特の外見から熱烈なマニアも多く、所有したいという人は数多くいます。ただし自衛隊は原則として民間への払い下げは行っていませんので、普通に入手することはできません。昔は払い下げを行っていたこともあったようですが現在は入手不可能が基本なのです。

1/2tトラックの払い下げがない理由

払い下げがないことには当然理由があります。まず省令として「自衛隊車両はスクラッブにしてから放出する」ことが決まっていることが最大の理由です。

自衛隊から放出される時点でトラックのシャーシが溶断・断裁されていることがほとんどでまず車両としての形を保っていません。

そしてもし溶断されなかったトラックを見つけたり、バラバラにされたトラックを組み立てたりしても正式な書類が発行されないので公道を走ることはできません。つまり正式なルートでは無事な車両を手に入れることもできない上にもし手に入れたとしても走らせることはできないのです。

1/2tトラックの払い下げ車両をなんとか入手する方法はある?

このように正式なルートで1/2tトラックを手に入れることはできないはずなのですが、なぜかネットなどでは1/2tトラックの目撃談が数多く出ています。これはどうやって入手した1/2tトラックなのでしょうか?

まず可能性は海外に一度流出した車両です。自衛隊の車両がスクラップにすることを前提として業者に払い下げたものがスクラップ処理をされずに海外に流出した車両があると言われています。

そのまま海外で走っていた車両を改めて購入し、日本に逆輸入するという形をとるのです。そうすれば国内で走らせることができる可能性があります。

1/2tトラックの特徴・パジェロベース

他の方法としてはスクラップされた車両、溶断された車両を業者から入手して車体をもう一度溶接して組み立てるというものがあります。

元になるのは比較的近いボディを持つ車体や溶接しやすいシャーシを持った車で、三菱のパジェロベースのものが目撃された例が多くあります。

パジェロを1/2tトラック仕様にカスタマイズ

細かく裁断されていない1/2tトラックの部品を手に入れることができればパジェロをベースにして自分で組み立てることができるかもしれません。また、1/2tトラック仕様に整備されたパジェロが中古車として販売されることもあります。

この場合は、修理費や改造費として費用がかかっていることが多く、普通にその年式のパジェロを購入するよりも高額になることがあります。それでも入手したいという人には向いているかもしれません。

こういった中古車の情報は1/2tトラックファン、マニアの人たちで回ることが多いため、どうしても手に入れたいという人はこういった人たちと交流して情報交換をするというのも一つの方法と言えます。

口コミの中にはこういったマニアの人から直接購入をすすめられたというものもあります。

まとめ

自衛隊からそのままの形で払い下げられることはない1/2tトラックですが、様々な方法で入手するということは可能ではあります。

手に入れたい場合は、まずは入手できるための情報を集めることを徹底し、資金を用意して行動していくのが良いでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、3位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手