大型トラックは3速発進が基本?クラッチやミッションを傷めないコツ

   

大型トラックを発進させる際には1速をあまり使わずに2速または3速発進にするのが一般的ですが、運転に慣れていないとエンストを起こす場合がありコツを掴むのが難しいものです。そこで今回は大型トラックの3速発進が適している状況や、クラッチ操作のコツなどを詳しく紹介します!

大型トラックは3速発進が最適な場合とは?

大型トラックで3速発進が適しているのかどうかは、車種や積載量によって異なります。大型トラックで、荷物を積んでいない「から荷」の状態であれば、平地の場合は3速発進でも良いでしょう。

大型トラックで積載量が多い場合は2速発進が適しています。また、基本的には2速発進にしているドライバーが多く、大型トラックの3速発進は積載量や路面状況に応じて使い分けることがおすすめです。

大型トラックのクラッチ操作のコツ

大型トラックを運転する際にはクラッチ操作のコツを掴むまで苦労する人も多く、3速発進がうまくできない人も多いです。クラッチをスムーズにつなぐためには、運転技術よりも先にトラックそのもののクラッチを調整しておかなければなりません。

クラッチを調整をする理由は、ギアのつなぎが円滑になるためです。クラッチ調整することで、発進もスムーズになるため、クラッチを長持ちさせることと燃費の向上にも役立ちます。

さらに、クラッチの上にいつも足を置くと無意識のうちに踏んでしまって痛める原因になるため、置かないように意識しましょう。

また、半クラを多用しすぎるのもクラッチを痛める原因になります。半クラは、エンジン側から回転しているものと、エンジン側ではないクラッチが擦れている状態です。

クラッチがつながれている状態であれば、この2つが付いているため問題はないものの、半クラではクラッチを傷めているいるといえます。

クラッチから臭いがした場合は、半クラを使用しすぎたためにクラッチを傷めている証拠、もしくは摩擦による加熱で焼けている可能性があるのです。

一切半クラを使用しないことがベストなのではなく、最低限にとどめることがポイントとなります。特に、坂道発進では、半クラとサイドブレーキを使って慎重に発進するといった工夫が必要です。

大型トラックの3速発進に関する疑問を解決!

大型トラックの3速発進については、主に2つの疑問が挙げられることが多いです。1つ目は、「ミッションは傷まないの?」というものですが、基本的に問題ありません。

ただし、ミッションは傷まないものの、スタートで半クラを使い過ぎるとクラッチが傷むことがあります。何速発進が最適なのかは大型トラックの種類や積載量、ミッションよって異なります。

2つ目は、「1速はいつ使うの?」というものですが、通常はエンジンブレーキです。積載量いっぱいで坂道発進の時などは1速発進を使う場合もあります。

もしくは、スピードを出さずに走行しなければならない場面でも使用されるでしょう。大型ラックでは、1速が低く設定されているため、積載量が少ない、もしくは駆動力に余裕がある場合には、2速で発進させることがおすすめです。

まとめ

・荷物がないときは3速発進でもOK

・半クラは適度なタイミングで使う

【EU用】記事終わりCTA_22/09更新

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す