2tトラックの重量税はいくらかかる?節約する方法はあるの?

   

2tトラックの重量税は、毎年払っていかないといけないものですよね。ですが、意外と税金の時期がいろいろと被って負担と感じることも少なくありません。ここでは2tトラックの重量税について詳しく解説します。

減税の方法はあるの?負担に感じにくくなる方法はあるの?など、気になることをお伝えしていきます。

2tトラックの重量税について

自動車税は積載量で決まりますが、重量税はトラックの総重量で決まる税金です

また、同じトラックでも自家用か事業用かによっても、金額が変わります。

ここではエコカー減税の適用なし・事業用トラックの金額をご紹介します。

運送業者などの、事業用で使用する2tトラックの場合、自動車重量税は以下のように設定されています。

車両総重量13年未満13年経過18年経過
~3t¥7,800¥8,100¥8,400
~4t¥10,400¥10,800¥11,200
~5t¥13,000¥13,500¥14,000
~6t¥15,600¥16,200¥16,800
~7t¥18,200¥18,900¥19,400

重量税は毎年の車検時に支払うものです。

例外として、新車で車輌を購入した場合は、初年度は車検が免除されるので、2年目の車検時に2年分の重量税を支払うことになります。

毎年支払わなければいけないものですので、保有台数の多い会社や、経過年数の経った場合には、金額もバカになりません。

ただし、支払う時期や金額は予めわかっているので、一度に払うと考えるのではなく、1年かけて準備を行うことによって、対策することは可能です。

重量税は節約できるのか?

トラックを維持する際に、一番気になるのは絶対に払わなければいけない税金です。

1年に1度車検が決められているので、その際には

・自賠責保険料

・自動車税

・重量税

・車検費用

を払わなくてはいけません。

事業用のトラックは自家用よりは費用がかかりませんが、それも毎年のことですので、維持費としてはまとまった金額になります。

重量税の減税は難しいですが、1年後にかかることを見越して、月々準備をしていくことが一番の方法であるといえるでしょう。

例えば総重量3.5t、18年経過している場合は、11,200円が重量税となるので、1ヵ月1,000円ずつ蓄えておくことで、次回の支払いに備えることができるのです。

また、新しく車を購入する場合、ASV(先進安全自動車)を備えた車両の場合は、減税措置が利用できます。

・AEBS(衝突被害軽減ブレーキ)&EVSC(車両安定性制御装置)
└50%軽減

・車線逸脱警報装置(LDWS)
└25%軽減

・複数装置装着
└最大75%軽減

今後のことを考えたときに、このような装置を備えた車両を購入することも、長期的な目線で見れば節約につながります。

重量税を負担に思わないコツとは?

毎年必ず払わなくてはいけない重量税・・・節約する方法は難しく、これ!といえるような特記できるものはありません。

そのため、「節約」という観点ではなく、どのようにしたら負担を少なくして払えるかということにシフトチェンジしていく必要があります。

まとまった金額を一度に払うと考えるのではなく、毎月一定額を貯蓄をすることで、1年後の支払いに備えるという方法を取ってみましょう。

また万が一、一括での支払いができない場合があったら、保有しているトラックの管轄の県税事務所に問い合わせをしてください。

計画的な支払いの見通しが立てば、分割払い(分納)の手続きをとることが可能です。

分納の手続きには

  • 延滞金が発生すること
  • 分納の途中で車検がある場合には未納扱いになる
  • 金額によって分割の回数がある程度決められてしまう

というデメリットもあるので、注意が必要です。

重量税だけではなく、車検費用や自動車税も含めて、毎年払うことがわかっている税金です。

総額を月割りにして、その金額を貯めていく・・・それが一番負担を減らす方法と言えるのです。

【EU用】記事終わりCTA_22/09更新

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す