大型トラックの自動車税はどれくらいなのか?

   

大型トラックを所有されている方や、購入を検討されている方にとって自動車税は気になる項目ですよね。大型トラックの自動車税は最大積載量で変わったり、経過年数でも変化したりと分かりにくい部分が多くあります。そこで今回は、大型トラックの自動車税に関する情報について詳しくご紹介していきたいと思います。

自動車税とは?

自動車税というのは車を毎日使う、めったにつかわない関係なく自動車を所持しているだけでかかる税金です。
自動車税は車を購入して初期登録を行った次の月から支払い義務が発生します。
翌年以降は4月1日の時点で自動車の車検証上の所有者に対して支払い義務が発生し、5月に納付しなければいけません。
これとは別の自動車重量税は車検の交付や車両番号の指定を受けるときに発生する税金です。
こちらも1年ごとに発生しますが、車検時などにまとめて支払いがなされます。

2.大型トラックの自動車税は最大積載量で変わる

最大積載量に加えて、大型トラックの自動車税は自家用か営業用で変わります。

自家用車 事業用車
最大積載量量 標準税率 概ね10%重課 標準税率 概ね10%重課
1t以下 8,000円  8,800円 6,500円 7,100円
1t超~2t以下 11,500円 12,600円 9,000円 9,900円
2t超~3t以下 16,000円 17,600円 12,000円 13,200円
3t超~4t以下 20,500円 22,500円 15,000円 16,500円
4t超~5t以下 25,500円 28,000円 18,500円 20,300円
5t超~6t以下 30,000円 33,000円 22,000円 24,200円
6t超~7t以下 35,000円 38,500円 25,500円 28,000円
7t超~8t以下 40,500円 44,500円 29,500円 32,400円
8t超~9t以下 46,800円 51,400円 34,200円 37,500円
9t超~10t以下 53,100円 58,300円 38,900円 42,600円
10t超~11t以下 59,400円 65,200円 43,600円 47,700円
11t超~12t以下 65,700円 72,100円 48,300円 52,800円
12t超~13t以下 72,000円 79,000円 53,000円 57,900円
13t超~14t以下 78,300円 85,900円 57,700円 63,000円
14t超~15t以下 84,600円 92,800円 62,400円 68,100円
15t超~16t以下 90,900円 99,700円 67,100円 73,200円
16t超~17t以下 97,200円 106,600円 71,800円 78,300円
17t超~18t以下 103,500円 113,500円 76,500円 83,400円
18t超~19t以下 109,800円 120,400円 81,200円 88,500円
19t超~20t以下 116,100円 127,300円 85,900円 93,600円
20t超~21t以下 122,400円 134,200円 90,600円 98,700円

※21t超~ 1tまで毎に6,300円増加

が自動車税の一覧です。

一般的な普通車は排気量によって自動車税が決定していきますが、大型トラックの場合は最大積載量によって自動車税が変化していきます。
こちらでは最大定員が3人以下の場合の税額を一覧表で提示しています。
それぞれの最大積載量に対応する税額を参考にしてください。
最大定員が4人以上という場合は別の表になるのですが、これはバスや消防車などの特殊車両になるので運送に使用する大型トラックとはことなっています。
また、自家用と事業用(営業用)でも税率は変わってきますが、運送業で使用するものは事業用の車になるためにそちらの表を見るようにしましょう。

経過年数でも自動車税は変化する

平成28年4月1日から規定が変わり新規登録から一定の年数が経過した自動車に関しては重課税されることが決定されました。

ディーゼル車

ディーゼル車に関しては11年を過ぎたものが対象となります。
ただし一般乗り合い用のバスや天然ガス車などは対象から外されています。

ガソリン車

ガソリン車に関しては13年を過ぎたものが対象となります。
どちらもだいたい15%ほどの重課税となります。

減トンすることで減税になる

減トンとは基本の積載量よりも少ない積載量にして登録をすることです。
本来大型トラックは少しでも積載量を増やしたいところですが、中には減トンすることでメリットが発生することもあるのです。
それは「自動車税の減税」と「自賠責保険料の減額」です。
積載量によって変わるこれらの金額は積載量が下がれば金額も下がることになります。
もし定期的に積む荷物が最大積載量ほど行かないという場合はあえて減トンすることで減税をすることができるのです。

納付期限を過ぎると延滞金が課せられる

5月上旬ごろに自動車税の納付書が届きます。
5月中に払えば何も問題がないのですが、6月に入っても払わない状態が続くと延滞金が発生してきます。
現在1か月延滞すると「2.6%」の延滞金が、それ以降は「8.9%」の延滞金が発生します。
しかし実際には延滞金の金額が1000円を超えなければ請求されないために3ヶ月ほど余裕があると言われますが、「法律上は1ヶ月を過ぎると差し押さえが可能となる」ためにできる限り早く支払うのが良いでしょう

払わない状態が続くと、給与や銀行口座の差し押さえ、車両の差し押さえなどが実行されてしまいます。

まとめ

このように大型トラックは基本的に大きくなれば自動車税も高くなっていくという制度がとられており、事業用の大型トラックは比較的税額は安くなっています。
また、エコカー減税や減トンによる減税もありますので、無駄が発生しないように調整していきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、3位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手