大型トラックの税金はいくら?節税方法もチェック!

   

車を運転する人にとって、切っても切り離すことができない税金。
ましてや大型のトラックを所有している人にとっては、とても気になることの一つではないでしょうか。
そこで今回は大型トラックに特化した税金の話をまとめてご紹介します。

大型トラックにかかる税金の種類・自動車税とは

大型トラックに課税される税金について、詳しく紹介します。

自動車税の仕組み

自動車税は、毎年4月1日に所有している人に対して課税されます。営業用の車や自家用車、最大積載量、最大乗車定員によって課税額が異なり、一般的な大型トラックは3人以下に該当、4人以上はバスなどが該当することが特徴です。

また、環境配慮型税制と呼ばれる制度もあり、年式が古いのは高くなる、環境に配慮している車種は減税されるといった仕組みになっています。

大型トラックの自動車税の金額

大型トラックの自動車税の金額は、自家用車・営業用車に加え、環境配慮型税制の重課も加わることで金額が細かく異なります。

  自家用車 事業用車
最大積載量量 標準税率 概ね10%重課 標準税率 概ね10%重課
1t以下 8,000円  8,800円 6,500円 7,100円
1t超~2t以下 11,500円 12,600円 9,000円 9,900円
2t超~3t以下 16,000円 17,600円 12,000円 13,200円
3t超~4t以下 20,500円 22,500円 15,000円 16,500円
4t超~5t以下 25,500円 28,000円 18,500円 20,300円
5t超~6t以下 30,000円 33,000円 22,000円 24,200円
6t超~7t以下 35,000円 38,500円 25,500円 28,000円
7t超~8t以下 40,500円 44,500円 29,500円 32,400円
8t超~9t以下 46,800円 51,400円 34,200円 37,500円
9t超~10t以下 53,100円 58,300円 38,900円 42,600円
10t超~11t以下 59,400円 65,200円 43,600円 47,700円
11t超~12t以下 65,700円 72,100円 48,300円 52,800円
12t超~13t以下 72,000円 79,000円 53,000円 57,900円
13t超~14t以下 78,300円 85,900円 57,700円 63,000円
14t超~15t以下 84,600円 92,800円 62,400円 68,100円
15t超~16t以下 90,900円 99,700円 67,100円 73,200円
16t超~17t以下 97,200円 106,600円 71,800円 78,300円
17t超~18t以下 103,500円 113,500円 76,500円 83,400円
18t超~19t以下 109,800円 120,400円 81,200円 88,500円
19t超~20t以下 116,100円 127,300円 85,900円 93,600円
20t超~21t以下 122,400円 134,200円 90,600円 98,700円

 

大型トラックにかかる税金の種類・自動車重量税とは

大型トラック課税される、自動車重量税に付いて、仕組みや金額を見ていきましょう。

自動車重量税の仕組み

新車登録時と車検時に課税される税金であり、車検証に記載されている有効期限分の税金を一括で支払います。

営業用もしくは自家用車なのか、車両総重量、エコカー減税適用の有無、経過年数によって税額が変わりますが、軽自動車は車両総重量に関わらず定額であることが特徴です。

1年ごとにかかる自動車重量税は、車両総重量0.5tごとで金額も変わります。新車の新規登録時から13年以上が経っている場合には税金の金額も上がり、18年以上の場合はさらに金額があがるのです。

大型トラックの自動車重量税の金額

自動車重量税は、基本的にエコカー減税適応の有無によって金額が異なります。

・4t未満の自家用車はエコカー減税適応75%5,000円、50%10,000円、25%15,000円、エコカー減税適応無し32,800円・営業用車は20,800円
・5t未満の自家用車はエコカー減税適応75%6,200円、50%12,500円、25%18,700円、エコカー減税適応無し41,000円・営業用車は26,000円
・6t未満の自家用車はエコカー減税適応75%7,500円、50%15,000円、25%22,500円、エコカー減税適応無し49,200円、営業用車は31,200円
・7t未満の自家用車はエコカー減税適応75% 8,700円、50%17,500円、25%26,200円、エコカー減税適応無し57,400円・営業用車は36,400円
・8t未満の自家用車はエコカー減税適応75%10,000円、50%20,000円、25%30,000円、エコカー減税適応無し65,600円・営業用車は41,600円

この様に、エコカー減税が適応された場合の自動車重量税は一律です。

大型トラックの税金を節税する方法とは?

少しでも課税額を減らすための方法を見ていきましょう。

最大積載量を少なくする「減トン」

減トンとは、タイヤの強度を下げたり、フロントを重くしたりという方法が挙げられます。減トンすることで最大積載量によって税額が変わり、自動車税の節約につなげることが可能です。しかし、車体の構造を変えるため、手間がかかることがデメリットです。

買い替えを検討する

エコカー減税適用のトラックへ買い替えを検討する方法もあります。しかし、当然購入費用が発生するため、費用対効果をしっかりと計算することが大切です。

新車購入で税金が控除される!

新車購入の場合は、法人税(個人事業主は所得税)が軽減される「中小企業投資税制」の適用対象となるため、購入額の7%が所得税もしくは法人税から控除されます。

まとめ

大型トラックの課税は、決して安い金額ではありません。しかし、節約する方法もいくつか存在するため、節税対策も検討しましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、3位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手