貨物自動車運送事業輸送安全規則とはどんな規則?分かりやすく要約で解説!

   

運送業を営んでいる経営者様にとって、新しい法律や規制の改正の情報を理解するのは重要なことですよね。

貨物自動車運送事業輸送安全規則とは、どのような規則なのでしょうか?

今回は、貨物自動車運送事業輸送安全規則の内容をわかりやすく解説します!

貨物自動車運送事業輸送安全規則とは

貨物自動車運送事業輸送安全規則は、貨物自動車運送事業法によって定められた規則ですが、どのようなことなのかは、分かりにくいですね。

ここでは、まず貨物自動車運送事業輸送安全規則がどのような規則なのかを解説していきます。

貨物自動車は、トラックなどの荷物を運ぶことを目的とした自動車のことを言います。そして貨物自動車運送事業は、トラックを使った運送業のことを言います。

なので、貨物自動車運送事業輸送安全規則を分かりやすく説明すると、トラック運送業を安全に営むための規則ということになります。

どんな内容?

貨物自動車運送事業輸送安全規則は、安全に輸送を行うための規則です。では具体的にはどのような内容になっているのでしょうか。

貨物自動車の事故は、事前に予防対策を施しておけば防げた事故が多くあります。また、ドライバーの健康状態も同様に業務によって健康状態が悪化しないための予防対策が必要になりますね。

貨物自動車運送事業輸送安全規則では、これらの事故に繋がる可能性のある危険なことを安全規則を定めることで防ぐことが主な目的になっています。

具体例を挙げると、

  • トラックの事故の原因となる過積載の防止や点検整備の義務化
  • ドライバーの健康状態に関わる過労運転の防止や点呼

などについてを細かく規則化して定めています。これらは、大きな事故に繋がる可能性が高いため、しっかり規則化して、規則を厳守させることが必要になりますね。

さらに

  • 運行管理者の選任や資格者証の交付
  • 運行管理者試験の申請や施行

などについても規則が定められています。

トラック業務の事故では、原因がドライバーだけではなく、運行管理者に責任がある場合も多く見られますね。そのため、運行管理者に対する規則を定めることも安全な業務を目指すうえで重要になります。

これらを安全規則として定めることで、より安全に運送業務ができるようになりますね。

要約すると?

貨物自動車運送事業輸送安全規則の規則を簡単に説明すると、ドライバーや事業者が運送業を行う上で

  • やってはいけないこと
  • 厳守しないといけないこと

についての決まりです。

運送業務としてやってはいけないことには、飲酒運転や過積載運転などの道路交通法を違反することがありますね。

また、ドライバーを管理する立場にある運行管理者の管理業務である、

  • 専任
  • 過労運転の防止
  • 点呼
  • 指導
  • 監督

などの責任も定められています。このように貨物自動車運送事業輸送安全規則を要約するとドライバーの禁止事項と運行管理者の責任についての規則ということになります。

規則が改正された?

自動車運転や運送業務の安全対策は、日々意識が高まってきています。そのため、貨物自動車運送事業輸送安全規則もより安全性が高まるように改正されることがあります。近年では平成30年に改正されました。

平成30年の改正内容は、ドライバーの睡眠不足による事故防止強化のための規則の追加です。ドライバーの睡眠状態を運営者が把握するために、点呼時に睡眠不足の状況を記録することが追加されました。

「貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈およひ゛運用について」とは?

ここでは、全日本トラック協会が貨物自動車運送事業輸送安全規則を解釈し、そして運用していくことについて解説していきます。

全日本トラック協会は、トラック運送業の会社で構成されています。安全性やより良いサービスを目指し、日本中のトラック運送業によって組織されています。

貨物自動車運送事業輸送安全規則は、国土交通省が定めています。しかし規則をトラック業務の実務にどう取り入れていくかは、全日本トラック協会の解釈、そして運用によって決まっていきます。

なぜなら、国土交通省が定めた規則通りの場合には、実務に悪影響があったり、実用性に欠けてしまう場合があるからです。

そのため、全日本トラック協会が貨物自動車運送事業輸送安全規則を解釈して、より実際の業務に適した形にして運用しているのです。

改正内容にあわせたパンフレットや記載方法の見本などがある

貨物自動車運送事業輸送安全規則は、改正されるごとに全日本トラック協会によってパンフレットなどで記載されます。

書類などへの記載が必要になる場合も記載方法の見本が表示されているため、参考とすることができます。

これらのパンフレットは、全日本トラック協会のホームページにも載せられているので、誰でも見ることができます。

まとめ

貨物自動車運送事業輸送安全規則について解説しました。いかがでしたでしょうか。

貨物自動車運送事業輸送安全規則は、運送業に関わる人は必ず守るべき規則です。特に安全や健康に規則が多くるので、それらは特に厳守が必要です。

また、貨物自動車運送事業輸送安全規則は、日々改正されますが、改正内容は全日本トラック協会のホームページで確認することができます。

経営者/採用 担当者様へ|ドライバー採用したい方は必見!

「求人媒体にお金を払ったのに1人も応募がなかった...」
「今すぐドライバーを採用したい!」
などを感じている方は、ドライバージョブという人材紹介サービスがオススメです!

ドライバージョブは以下のような特徴があります。
1.完全な成果報酬型で、確実にドライバーを採用
採用が決まって初めて費用が発生するサービスとなっております。

2.無料面談設定を、大量かつ迅速に提供
多くのドライバーが集客出来ているため、無料の面談設定をスピーディーに実施することが可能です。
契約後、1週間以内に採用まで繋がった実績もあるようです。
※とある法人様の一例となります。

3.手間をかけずに、良質な求職者様を採用
キャリアパートナーが転職背景を詳細にヒアリングするため、相性のいい求職者のみ、ご紹介することができます。

このような特徴から、現在では全国のドライバーを採用したい会社(一般貨物/産業廃棄物/バス/タクシーなど)から、お問い合わせが常に来ているようです。
もしご興味がある場合は、以下のページから無料の資料ダウンロードをオススメします!

無料 資料ダウンロードはこちら >>

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手