ミキサー車(生コン車)を効率よく洗車したい!おすすめ洗車アイテムをご紹介!

   

ミキサー車の運転手の中には、自分で洗車をしなければいけない方もいらっしゃいますよね。

特殊な形をしているため、洗車のコツを掴むまでに時間がかかると思いますので、どういう道具を使うと洗車が楽になるのか、どういう洗い方をすべきかを解説!

ミキサー車の洗車にあると便利な道具

洗車ブラシ

しっかり車体の汚れを落としていくという点で、洗車ブラシは役に立ちます。最近はグリップの部分が握りやすいタイプなども多いため、使いやすいものを選べるようになっています。

布バケツ

洗車する時はバケツが必需品ですが、おすすめは布バケツですね。コンパクトにできますので、持ち運びという点で非常に便利です。最近は使いやすいように加工されているものも多いため、ぜひいろいろ見てみましょう。

スプレーガン

スプレーガンについては、吹き付けるようにして使用するものであり、汚れを落とすのに適したアイテムです。手軽な洗車を可能にするものですので、おすすめです。

ミキサー車の場合、固まってしまったコンクリートを落とすハツリ作業が必要になります。そこで、その場合に便利な道具をご紹介しましょう。

ハンマー

ハンマーは、コンクリートを砕くのに役立ちます。ミキサー車におけるハツリ作業においては必須アイテムと言えるでしょう。

電動ピック

電動ピックについても、コンクリートを砕くのに役立ちます。電動な分、ハンマーを使うよりも手軽にコンクリートを砕くことができます。

マスク、ゴーグル

コンクリートを落としていく際に、目や口の周辺が汚れてしまう可能性があります。そのため、ゴーグルやマスクをしておくのはおすすめです。

業務終了後にミキサー車を洗車する方法

ミキサー車を使っての業務が終われば、洗車をすることになりますよね。その際のポイントをご説明しましょう。

重要なことは、コンクリートをきれいに落とすということです。基本的にはブレードの先端から水を流し込んでいくわけですが、ブレードの裏の部分もしっかり洗うことが大事です。

コンクリートが付着したままにならないよう、入念に行いましょう。もしコンクリートが残ってしまえば、固まった後に落とすことになってしまいますので、苦労しますよ。

また、一度の洗車からあまり時間を空けるべきではありません。こまめに洗車を行いましょう。

ミキサー車の洗車を現場で行う場合の注意点

ミキサー車の洗車を現場で行う必要が出るケースもありますので、その際の注意点を解説します。

現場でも洗車が必要

ミキサー車であれば現場にて何日間か作業するケースが多いですので、現場においてもこまめに洗車をする必要があります。

ただ、何も考えずに洗車をするのではなく、モラルを意識することが重要です。例えば、すぐ近くに住宅街がある場合、汚れや騒音によって住人が迷惑するため、そこでの洗車は避けなければなりません。

洗車時の排水は持ち帰ろう

洗車時は水を使いますので、排水をどうするかという話になります。踏まえておきたいのは、「道路の排水口に流してはいけない」ということです。

コンクリートが含まれる水が道路の排水口に入ってしまうと、大きなトラブルにつながりかねません。基本的に、洗浄水は洗車袋に入れておき、持ち帰るようにしましょう。

まとめ:ミキサー車の洗車状況で運転手の性格がわかる!

前述したように、ミキサー車についてはしっかり洗っておかないと、コンクリートが付着したまま固まってしまいます。

したがって、ミキサー車がいつもキレイな状態であれば、「あの運転手さんは丁寧に仕事をする人なんだなー」ということで高く評価されるでしょう。

その一方、ミキサー車がいつも汚い状態であれば、「あの運転手さんは雑な人なのかもしれない」というレッテルを貼られる可能性があります。そのため、多少時間をかけてでもしっかりと洗車をすることが大事ですね。

誰でも初めのうちは時間がかかってしまうものですが、普段からこまめに洗車していれば、結果的に時間はかからなくなりますよ。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)アフィなし

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手