10t(大型)トラックの燃費はとても悪い!燃費向上の秘策もご紹介!

   

大型トラックは、一度にたくさんの荷物を運ぶことができるのが最大のメリットです。けれど、そんなに重い荷物を積んだ大きな車両の燃費はどのぐらいなのでしょうか。

そこで今回は、10tトラックの燃費がどのくらいなのか、どのような燃費向上方法があるのかをお話ししたいと思います。

大型トラックの燃費は?

10tトラックの、1リットルあたりの平均的な燃費は3~5kmであるといわれています。

しかし、トラックに乗っている環境によって燃費は変化し、信号が多い街乗りなのか、渋滞が多い高速なのかで異なるのです。街乗りでも、都心部なのか郊外なのかで走る速度が変わるため、燃費も大きく異なる場合があります。

さらに、エアコンを付けているのかどうかでも異なり、高速では渋滞なのか郊外が多いのかなど細かな条件によって異なるため、正確な数値を算出しにくいともいえるでしょう。

積載時と空車時の違いは?

10tトラックの燃費は、積載時と空車時で燃費が異なります。平均的な燃費は、積載時でおよそ3.7km、空車時でおよそ5kmです。積載時の燃費は、空車時の燃費のおよそ70%となります。

積載量によっても異なるため、あくまでも平均的な数値であることは認識しておきましょう。

10tトラックの燃料タンク

10tトラックの燃料タンクの容量はおよそ200リットルですが、モデルによって異なります。

積載量を増やすためには燃料が必要なため、一般的にはダブルとなり、タンクが2つあることが特徴です。タンクは、1つにつき200~400リットルもの燃料が入ります。

大型トラックの燃費向上

それでは、具体的に大型トラックの燃費向上の方法を見ていきましょう。

車両整備で燃費向上

タイヤの中には空気が入っており、空気の量を「空気圧」と呼びます。空気圧については、タイヤの種類ごとに最適な数値が異なり、低くても高くても事故につながる可能性があるのです。

また、空気圧が低い場合には燃費が悪くなります。空気圧の低さは、タイヤへの抵抗が強くなるため燃費を消費することが原因です。タイヤがすり減っている可能性もあり、交換する必要があるかもしれません。

さらに、エンジンオイルの減りが大きい場合、エンジンオイルの漏れが原因となっている可能性があります。空気圧の点検やオイル交換といった整備によって、燃費が向上するケースが多いです。

運転技術で燃費向上

燃費を向上させる運転方法は、主に3つです。

1つ目は、アクセルの踏み込み方であり、踏み込むスピードが大きすぎてもゆっくりでも燃費が悪くなる原因となります。ゆっくり踏み込むと、走行時間が長くなる原因になるためです。

2つ目は、一定の走行速度を意識することが挙げられます。

3つ目は、走行している時の空気抵抗を小さくするために、速度を出しすぎないことです。速度を出して走行するためには、空気抵抗を受けた分だけエネルギーを消費することになります。そのため、速度は出しすぎないようにすることが大切です。

オートクルーズ機能

オートクルーズ機能とは、アクセルを踏まずに速度をキープできるものであり、ドライバーのストレスを緩和する目的で作られた機能です。

高速道路で運転をする際など、一定速度で長い時間運転をしなければならない場合に利用されます。また、ドライバーの運転方法によっては、オートクルーズを利用すると燃費が向上するといわれているのです。

  • スピードを出す
  • 前に車がいないとアクセルを全開にする
  • ブレーキを踏む頻度が多い

などのドライバーが挙げられます。オートクルーズによってエンジンの回転数を一定にすると、燃費向上が図れるでしょう。

経年劣化

整備や運転方法でも燃費改善がみられない場合は、経年劣化の可能性もあります。経年劣化は、新車と比較をすると燃費が1~2割程度悪くなるといわれているのです。

理由は、回転する部品の摩擦が起こりやすくなり動きにくくなること、エンジンに関連する部品が汚れてしまい、詰まることが原因として挙げられます。

しかし、メンテナンスを行い、点検や清掃、部品の交換を行うことで、燃費が向上する可能性もあるでしょう。

まとめ:燃費走行をするメリット

燃費走行ができるドライバーは、運送会社で重宝され、昇給にもつながる可能性があります。また、必然的に安全運転にもつながるのです。燃費向上で、経済的かつ安全な運転を目指しましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)アフィなし

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手