トラックのロープの結び方を紹介!南京結び/輸送結び/もやい結びの簡単な結び方のコツ

   

トラックを運転していると「ロープ」を使うことがよくあります。主に荷台に荷物を積んだ際に荷物を固定するために使うのです。

正しくロープが結べていないと走行中に荷物が崩れてしまうことにもつながります。ここではトラックでのロープの結び方や使用するロープの種類について紹介していきたいと思います。

トラックのロープの結び方の重要性

事故を防ぐ

自分が車を運転しているときに前方を走っているトラックの荷台に荷物が満載に積まれていて、その荷物がグラグラと揺れていたらどうでしょうか?おそらく「落下する」と思って怖くなるかもしれません。

平ボディの荷台に背の高いタンスなどの家具を積んでいたらなおさらでしょう。

そういった荷物の落下事故を防ぐのに使うのがロープなのです。ロープを使って荷物をしっかりと固定することで落下事故を防ぐことができます。また、必要な際はロープをほどけば良いだけですので使いやすいということもあります。

簡単に結べるロープワークで仕事効率を上げる

トラックドライバーは荷物を積むのにも降ろすのにも長い時間をかけてはいられません。荷物を積む際はてきぱきと効率よく、素早く積んでいく必要がありますし、他のトラックのためにも積んだらすぐに出発しなければいけません。

しかも素早く結びながらもしっかりと結べていなければ意味がありませんので「簡単にしっかりと結ぶ」ことが安全のためにも仕事の効率を上げるためにも必要となってくるのです。

緩まないのにほどきやすい

ロープを使ってトラックに荷物を固定する結び方のことを「ロープワーク」と呼びます。この結び方は素早く簡単に結べると同時に、走行中に揺れてもロープが緩んだりほどけたりすることがなく、しかも目的地について荷物をほどくときには簡単にほどけるというものです。

トラックのロープの結び方種類

もやい結び

もやい結びとは船を岸につなぐときの言葉である「もやう」から変化したものだと言われています。強固に結ぶこともほどくことも簡単にできるという強みがあり、「自在結び」と呼ばれて救急時のときなどにも使われるものです。

トラックで使用される時には荷台の荷物を固定するのに使われ、増し締めが用意にできるというメリットもあります。

もやい結びの結び方は、

  • ロープの向きに注意して荷台のリングなどを利用して交差させて輪を作ります。
  • 輪の向きに注意して輪の下側からロープを通して、ロープの元の方の下を通します。
  • 輪に指を挟んでしまわないように気をつけながら上に折り返して輪の上から通します。
  • ロープの両端を絞っていきます。

慣れた人は片手でも結ぶことができるという結び方です。とにかくロープの向き、輪の向きに注意して行いましょう。

南京結び

南京結びはトラックの荷台にしっかりと固定することができるために大きな荷物を運ぶ際や長距離走行する場合によく用いられる結び方です。慣れないうちは二人で行った方が確実ですので、ベテランの人に協力してもらいましょう。

南京結びの結び方は、

  • ロープの片方を荷台の反対側に投げて先端をリングかフックにひっかけます。この際、慣れるまでは誰かに確認してもらうか、自分でしっかりと確認を行いましょう。
  • ロープを投げた手前側でロープを数字の「8」の字にして、そのくびれた部分に下の輪の部分を一度巻いて首輪のようにします。
  • 同じように下の輪の部分で巻いて一度巻いた部分の下に巻いていきます。
  • 下側の輪からロープを通してフックに緩まないようにひっかけます。
  • より強固に結びたいときはロープをねじってフックにひっかけると良いでしょう。

といった点を注意するとうまく結べます。

輸送結び

輸送結びは滑車の原理を利用してしっかりと荷物を固定するものです。

大きな荷物や複数の荷物を固定するのに利用されるものですが、かなりの力で固定するために荷物が柔らかい箱だったりするとロープが食い込んで傷つける可能性があります。いらない箱や毛布などを間に挟んで利用するのが良いでしょう。

輸送結びの結び方

  • 荷物の上にロープをひっかけて片方を固定しておきます。
  • 反対側のロープは二つに折って先端部分をロープの上から交差させていきます。
  • ロープを先端部分に絡めて上と下の二つの輪を作り、引っ張っていきます。
  • 下方向に伸びたロープを手繰り寄せつつ、下側の輪に通します。
  • 下側の輪を下に伸ばして荷台のフックに引っ掛けます。
  • ロープの端を引っ張れば締まっていきますが、引っ張り過ぎると荷物が変形したり破損したりするので注意が必要です。
  • 残ったロープを荷台と荷物のあいだに挟めば完成です。

トラックで使えるロープの種類と選び方

トラックで使用するロープはなんでも良いというわけではありません。荷物を固定するのに耐えうる強度があり、素早く結べてほどくときも簡単という素材が理想です。結び方や運ぶ荷物によって使い分けることができれば、なお良いでしょう。

ビニロンロープ

もっともトラックのロープとして使用されている素材です。滑りにくく、強度もあります。しかもそれほど高価なものではないために気軽に利用できるという点もメリットです。大きな家具や重い荷物を固定するときに多く使用されています。

リキロンロープ

リキロンロープとはポリエチレンとポリエステルの二つの素材を組み合わせて作られたものです。色合いは薄いオレンジ色で、非常に軽いロープですので頻繁に使用するトラックには非常に重宝されています。特に荷物については制限されないので色々なものに対応できます。

マニラロープ

マニラアサという原材料からできているロープです。ほとんどのロープは化学製品で人工的に作られた素材ですが、こちらは天然素材でできています。非常に耐熱性や吸水性が高い上に静電気が発生しにくいので精密機器や植物などを運搬する際に多く使用されています。

ポリプロピレンロープ

水を吸い込まないという特徴があるので、水分に弱い荷物を運ぶときや、もともと濡れているものを運ぶときに多く使用されています。水産物、漁業関係などでは特に利用されているもので軽量でありながら耐久性もあるという特徴があります。

まとめ

この記事では、トラックに積荷をする限り避けられない悩みである、ロープの結び方について解説していきました。

この記事で記載したコツを読んで、実際の業務で練習してみていただけると、どんどん上達していくかと思います。ぜひ、挑戦してみてください!

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手