大型トラックの自動運転は近い未来に実現する?自動運転の現在と技術の進歩

      2019/02/05

大型トラックの自動運転のニュースが増えた昨今、「実際のところ、いつから完全な自動運転が実現するの?」と、気になるところかと思います。

特にドライバーの方にとっては、仕事がなくなってしまうことも懸念されるため、他人事ではないですよね。

ここでは、大型トラックの自動運転の現状や未来について解説していきます。

大型トラックの自動運転の現状

現在国内外を問わず大型トラックの自動運転化が研究され、すでに試走が始まっています。

例えば2017年11月にはイーロン・マスクが電気だけで走ることができるセミトレーラーを発表しました。

このテスラ史上最大と言われるトラックは1回充電すると約36tの荷物を運んだ状態で800km走ることができるという規格外の結果を出しました。

そしてこのセミトレーラーは高速道路に限って「自律走行」を可能としました。

これはテスラの自動運転技術である「エンハンスト オートパイロット」を取り入れたもので、自動プログラムとして「車線維持システム」「車線逸脱警報システム」「自動ブレーキ」などが搭載されています。

2019年から生産が開始されるこの車はこれからの自動運転の可能性を象徴したものとされています。

これはもちろん国内でも動いている研究です。

ヤマト運輸とDeNAは共同開発で宅配便の配達に自動運転技術を活用する実験を繰り返しています。

無人トラックが稼働すれば過密する運送・配送問題を解決できるとして注目されています。

このように「自動運転」「無人運転」の研究は日を追うごとに進んでいるのです。

大型トラックの自動運転のメリット

大型トラックを自動運転にすることで、まず考えられるのがコストの削減です。

アメリカでも日本でもドライバーの平均年収は400~500万円ほどであるとされています。

アメリカには運送、配送ドライバーが300万人以上いるとされており、そのすべてが自動運転のシステムに切り替えると安全管理にかかる費用や保険その他を含めて約20兆円のコストカットが可能であるとされています。

また、事故の減少ということも考えられます。

アメリカでは大型トラックによる死亡事故で毎年3900~4000人が亡くなっています。

すべてではないもののそのなかにはドライバーの運転ミスによるものも多く、自動運転によってそれらが防げるという考えもでています。

そしてドライバーの負担を減らすと同時に安定して稼働させることができるというメリットもあります。

近年ネット販売などの普及によって配送会社のドライバーの勤務体制はかなり過酷になっています。

ドライバーは人ですので疲れてくると事故の原因にもなりますし、仕事効率も落ちてきます。

休憩中はもちろん稼働は止まります。

しかし自動運転であれば効率や稼働率が落ちることなく配送を続けることができるのです。

大型トラックの自動運転の課題と今後

一部には大型トラックが自動運転化するとドライバーの仕事が奪われるために失業者を増やす、という考えもあるようですが実際にはそうはならないと予想されています。

現在運送業界は慢性的な人材不足の状態が続いており、長距離ドライバーなどでも高齢化が進んでいると同時に若者の職離れが続いており、この先ドライバーはますます減っていくことが予測されているからです。

そのため運送業界はむしろ無人運転車の早期参入を期待している様子があります。

また、研究は進んでいるものの公道を無人運転車が走るようになるのはまだまだ先であるとされています。

これは無人運転の安全性や自動運転の精度がしっかりと実証できていないことに加えて、無人運転車が事故を起こした際の責任の所在などこれから決定していかなければならない事案がいくつも残っているからです。

これらを考えると少しずつ自動運転、無人運転の研究は進んでいくものの実用化されるのはまだ先というのが現実的だと言えるでしょう。

まとめ

これらのように自動運転、無人運転の研究は進んでいますがそれによっていきなりドライバーが職を失うということは考えにくい状況です。

実際には運送業界はドライバー不足が起こっていますので当分の間はドライバーの職は安泰と言えるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

[企業様はこちら]ドライバー採用媒体で業界トップクラス|無料で面接可能!

ドライバージョブ
ドライバージョブは、ドライバーに特化した採用媒体で、以下のような実績があります。
・月間3,000名、累計25,000人のドライバーからご登録。
・累計500社以上の企業様とご契約。
・中小~大手運送会社まで、幅広くご利用。

例)
㈱丸和運輸機関
㈱都市環境エンジニアリング
㈱トライマテリアル
カンナナ流通運輸㈱
シグマベンディングサービス㈱
神奈川臨海通運㈱
㈱ヤマガタ
中央通運㈱
㈱ロンコ・ジャパン
㈱ウインローダー
㈱アクシスネットワーク

料金・サービス詳細はこちら >>

 - トラック運転手