3ナンバーの維持費を節約する5つの方法をご紹介!【節税対策】

      2019/02/05

3ナンバーの維持費はどれくらいかかるのか、気になりますよね。

車には3ナンバー5ナンバーがありますが、これらに違いはあるのでしょうか?

車にかかる維持費をおさらいしながら、3ナンバーの維持費の節約方法について考えていきましょう。

車にはどんな維持費があるのか

ここでは車の維持費についてご紹介します。

税金

・自動車税
3ナンバーに限らず車を所有すると課税されるのが自動車税です。自動車税は車を使う目的や排気量で納税する金額が決まります。

普通自動車の場合は総排気量が1リットル以下が29,500円で、その後は0.5リットル上がる毎に5,000円~10,000円の幅で金額が上がっていきます。

ちなみに、軽自動車は自家用の場合は一律10,800円です。

・自動車重量税
車は車種によってサイズや重さが異なります。そのため、購入した車の重さによって税金が掛かってきます。

自動車重量税は新しく車を購入した時や、定期的に受ける車検の時に車検の有効期間分の金額を一括で支払います。

普通自動車の場合の金額は車の重さによって異なりますが、0.5トン増えるごとに4,100円(新車登録~12年経過)・0.5トン増えるごとに5,700円(13年~17年経過)・0.5トン増えるごとに6,300円(18年~)と決められています。

軽自動車の場合は、車両重量に関係なく年数ごとに金額が上がっていきます。0.5トン増えるごとに3,300円(新車登録~12年経過)・0.5トン増えるごとに4,100円(13年~17年経過)・0.5トン増えるごとに4,400円(18年~)と決められています。

・自動車取得税
自動車取得税とは、その名の通り車を取得した時に掛かる税金の事です。取得とは購入した時や他人から譲り受けたり時です。

自動車取得税の金額は、自家用の乗用車の場合は原則として取得した金額の「3%」と決められています。軽自動車は取得した金額の「2%:と決められていますので、取得した時には自動車取得税の支払いも頭にいれておきましょう。

ちなみに、オーディオやカーナビを後付けした場合には税金対策になりますので、これからオーディオなどを取り付けようと考えている方には必見です。

駐車場代

車を保管する場所として欠かせないのが駐車場です。

自宅に駐車場がある場合は金額の負担はありませんが、自宅に駐車場がない場合は自分で契約する必要があります。

駐車場の料金は駐車場によって異なりますが、車を持っている間は必ず掛かりますし、場所によって料金も異なります。都心部では月に3万円もしくはそれ以上掛かる場合が多いです。

ちなみに、駐車場は土やアスファルトなど路面の材質によっても料金が異なる場合もあります。

ガソリン代

最近では電気自動車が普及してきたとはいえ、まだまだガソリン車の割合は多いです。また、最近はガソリン代も値上がりしているので、ランニングコストの面からも気になる所ではないでしょうか?

ガソリンスタンドはスタッフ給油やセルフ給油によって、ガソリンの単価が異なりますし、支払いをクレジットカードやプリペイドカードにすれば単価が下がるガソリンスタンドもあります。

ちなみに、ガソリンと電気を両立させて走るハイブリッド車の人気も高まっていますので、ガソリン代が気になる方はハイブリッド車の購入も検討してみてはいかがでしょうか?

保険代

車に掛けておく必要がある保険には、強制保険(自賠責保険)と任意保険があります。矯正保険は車を購入した時に必ず加入する保険で、強制保険に加入しないと車を走らせる事ができません。

強制保険は障害や死亡、後遺障害などを起こした時に支払われますが、相手方の車への保障はありません。そのため、任意保険に加入する事になります。

任意保険は外資系もしくはインターネット通販型の任意保険も人気を集めています。強制保険では賄いきれない部分を保障してくれます。相手方への車はもちろん、相手方との交渉や自分の体や車も保障されます。

メンテナンス代

長年車に乗ると劣化が始まり、その都度点検や修理が必要になります。それに加えて車検も定期的なメンテナンス代として、準備しておく必要があります(新車なら購入してから3年後・中古車なら購入してから最初の2年目)。

細かなメンテナンス代としては、エンジンオイルや冷却水なども、メンテナンス代に含まれていますし、タイヤが劣化したらタイヤを交換する必要もありますし、冬場に活躍するスタッドレスタイヤの購入もメンテナンス代に含まれます。

さらには、定期的に行なう洗車もメンテナンス代に含まれます。

維持費の比較

ここでは維持費の比較をご紹介します。

ナンバーだけで維持費は判断できない

先程は維持費について項目に分けてご紹介しました。しかし、3ナンバーと5ナンバーを見て単純に維持費は判断できません。

その理由は、ナンバーによって自動車税などの違いはありますが、ガソリン代はその人その人によって走行距離や頻度も異なるので、毎月のガソリン代もまちまちです。また、駐車場代やメンテナンス代も車を使う頻度によって異なります。

維持費は排気量・重量・ガソリン形式などで変わる

併せて、維持費はその車の排気量や重さ、レギュラーやハイオクなどのガソリン形式によっても異なります。

排気量が大きい程自動車税の金額も異なりますし、その分多くガソリンも消費します。

また、毎日の通勤だけではなく旅行など移動が長くなると、その分ガソリンも消費しますしタイヤも擦り減ります。

3ナンバーと5ナンバーの維持費の比較

3ナンバーと5ナンバーでは車の大きさや排気量など異なる部分が多いので、維持費を単純に比較する事はできません。

ガソリン代やメンテナンス代は車の状態や頻度にもよるので、「維持費にいくら掛かるのか?」をまとめておくのもオススメの方法です。

維持費の節約をするのなら

最後に維持費を節約する5つのポイントをご紹介します。

排気量の少ない車を選ぶ

維持費を節約するには、排気量の少ない車を選ぶ事もポイントです。排気量が少ない車だと自動車税の負担も軽くなりますし、ガソリンの消費量も押さえられます。

また、排気量の少ない車は車の購入代金も安く済む事もあります。

同じ車種でも排気量が少ない車の方が安くなっています。

エコカー減税を利用する

エコカー減税を利用する事も維持費を節約するポイントの一つです。エコカー減税とは、環境性能に優れた車を購入すると税金の優遇が受けられる事です。

エコカー減税が適用されると、自動車税や自動車取得税、自動車重量税などが安くなります。安くなる金額は排出ガスレベルによって異なりますが、全額免除や80%など維持費の節約したい方には見逃せません。

燃費のよい車を選ぶ

先程ご紹介したエコカー減税にも関係しますが、燃費のいい車を選ぶ事も維持費の節約につながります。

燃費がいい車はガソリンの消費量も押さえられますし、エコカー減税の対象になったら自動車税などの税金が安くなります。

また、燃費のいい車はエンジンなど車の部品に掛かる負担が軽くなるので、メンテナンス代もい節約できます。

駐車場代や保険代を見直す

車を所有していると欠かせないのが、毎月の駐車場代や保険料です。これらを見直す事で維持費の節約につながります。

自宅から少し離れた駐車場を契約したり、定期的に自動車保険の見直しをしたり、今からでも維持費の節約につながる行動も意識してみましょう。

ガソリン代と同じく毎月のランニングコストとして見逃せないので、駐車場代や保険代も見直してみましう。

適切なメンテナンスで事故や故障を避ける

車に対する適切なメンテナンスも維持費の節約になります。車を走らせると車にも色々なメンテナンスが必要になってきます。

その時に適切なメンテナンスを行なう事で無駄な出費も押さえられますし、万が一の事故や故障も回避できます。

自分で点検や修理ができるなら行なってみるのも維持費の節約になりますし、自分ではメンテナンスができない場合は、

修理工場などに依頼する前に見積もりを取る事で適切なメンテナンスが適切な出費で行なえます。

まとめ

今回は3ナンバーの維持費を節約する5つの法則についてご紹介しました。

また、ちょっとした事を押える事で維持費が節約できるので、今回の記事を参考にして、3ナンバーの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手