バキュームカーのホースの長さはどのくらい?ホースの構造と役割も解説!

   

バキュームカーがどんな仕事をするのかは知っていても、ホースがどのくらいの長さなのかをご存知の方は意外と少ないものです。

もしもバキュームカーで仕事をしたいと思っているのなら、尚の事バキュームカーのホースがどのくらいの長さなのかを把握しておくと良いでしょう。

今回はホースの長さや役割りなどをご紹介いたします。

バキュームカーにとって重要なホース

バキュームカーは汚水や汚物などを回収する時に必要不可欠なものです。その汚水や汚物を回収する時に必ず使うのがホースです。

使用するホースは吸引する時に高い圧がかかるものなので、丈夫で圧力に耐えられるものじゃなくてはなりません。

実はバキュームカーのホースというのは汚水や汚物を回収するためにはなくてはならないものなのです。

しかも圧力の問題もあるのでホースの長さも最適なものを選ぶ必要があるのです。意外とホースというのは付属品ではなく主役級に重要なものなのです。

近年のバキュームカーは外から見えない構造に!

昔のバキュームカーをご存知の方は現代のバキュームカーと昔のバキュームカーは見ためからして違うと思っているかもしれませんが、実は以前のバキュームカーというのはホースが外側に剥き出しになっていたものでした。

ところが現代のバキュームカーというのはホースが外側から見えにくい構造になっています。

なぜかというとやはり外側に出しているとあまり見た目が良いものではありません。内部にホースを隠すことでこの問題をクリアしたのです。

もちろんタンクの中も見えないような仕組みにもなっています。

バキュームカーのホースの長さは?

では実際にはバキュームカーのホースはどのくらいの長さがあるのかをご紹介いたします。バキュームカーにはホースが付いているのはご存知かと思いますが、バキュームカーには2本のホースが付いています。

一方は吸入するためのホースでこの部分を浄化槽の中に入れて汲み取りを行います。ホースの径は50mm、ホースの長さは20mが2本ついています。

実はこのホースの長さと太さはどのサイズのバキュームカーでも同じです。一方で排出の方のホースの太さは65mm長さは4mと、こちらもどのサイズのバキュームカーでも共通のサイズとなっています。

ホースを取り付ける際にはパッキンも必要になります。これ以上の長さのホースだと吸引したり排出したりする時に力がうまく発揮できないので、ホースの長さを延長したりする事はやめた方が良いでしょう。

バキュームカーのホースに関する構造と役割について

ここではバキュームカーのホースに関係する部品の構造や役割りをご紹介いたします。

ホースリール・リールカバー

ホースリールというと何を思い浮かべますか?ホースリールはホースを巻き取るためのものです。

よく水やりなどをする時に使うホースを巻き取っておく事ができるものですね。バキュームカーも同じでホースを巻き取るための収納に使います。カバーはホースを日光や風雨から守ります。

リール吸入管

リール吸入管はホースを巻き取る時にスムーズに巻き込むための導入の役割を持っている部分です。

この部分はバキュームカーのメーカーによる工夫によって、スムーズに巻取りができるような仕組みになっているのです。

ホースストレーナー受け

バキュームカーで吸い取る汚水や汚物の中には固形物も多く含まれているので、固形物と液体を分ける必要があるわけです。

ストレーナーは固形物と水分を分ける働きをするパーツで、バキュームカーには欠かせない部品の一つです。

吸入エルボ

高圧で汚水や汚物を吸引しなくてはならないバキュームカーは、高圧な上体を少しでも維持するために吸入エルボを使用します。

この部品を使う事で効率よく汚水や汚物を吸引する事ができるというわけなのですね。

バキュームカーのホースについてのQ&A

ここではバキュームカーについての素朴な疑問についてをご紹介いたします。

走行中のホースの先端は?

素朴な疑問の一つに「バキュームカーは走っている時にどこにホースを収納しているのか?」というのがありますが、

バキュームカーにはホースカバーのようなものがあって、走行中は底の部分にホースの先端を収納して走行します。

一応清掃作業した後で水洗いはしますが、その水が道路などに滴るのを防ぐためと臭いを抑えるためでもあるようです。

ホースの洗浄は毎回するの?

次にホースは毎回キレイにするのか?という疑問ですが、基本的に一日の運行が終わるまではホースもタンクも洗浄はしません。

もしもそんな事をしていたら決められた作業ができません。なのでホースは営業所に戻ってからキレイにします。

先端部分はカバーに入れてしまうので一応臭いや汚物のまき散らしの心配はありません。その分作業員は作業中は注意しなくては臭い写りしてしまいます。

まとめ

今回はバキュームカーのホースやホース周辺の機構についてを、簡単ではありますがご紹介いたしました。

この記事がこれからバキュームカーへの転職を目指していて、バキュームカーについて知りたいという方のお役に立てれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバー求人検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手