危険物乙種4類の合格率はどのくらい?難易度や通過率を解説!

   

危険物乙種4類が必要な職業に就職を希望している方は必ず受験しなくてはならないので、合格率がどのくらいなのかが気になる方も多いでしょう。

そこで今回は危険物乙種4の合格率と勉強の方法をご紹介いたします。

危険物乙種4類とは?

そもそも危険物乙種4類というのはどのような資格なのか?まずはそこか理解する必要があります。

まず、危険物乙4という資格の正式名は『乙種第4類危険物取扱者』と言います。危険物乙4は危険物取扱者の資格としては比較的取得しやすいと言われている資格です。

この資格を取得していると消防法で第4類危険物に指定されている引火性のある液体の取り扱いができるようになります。

例えばガソリン、そして灯油、軽油、重油などがこれに当たります。つまりガソリンスタンドで扱っている液体ですよね。

最近はホームセンターなどでも灯油の販売がされていますが、扱う事ができるのは危険物乙4の有資格者という事になるわけです。

言い換えれば乙4を持っていれば就職率が上がる事にもつながるわけですね。

人気の高い危険物乙種4類!

先ほども簡単にご紹介したように、最近ではガソリンスタンドだけではなくホームセンターなどでも灯油の販売をしているところが増えているので、

危険物乙4の資格を取得していると就職率が上がるだけではなく、働く場所を選ぶ事も可能になっています。

ちなみに危険物取扱者の資格は3種類ほどあり、乙種はちょうど真ん中の資格となっていて、全部で6種類の危険物の取扱が可能となります。

そして実はこの第4類危険物に指定されているものは、危険物全体のおよそ8割を占めていますので、取得しているととても有利になります。

第4類危険物にはガソリンや灯油や軽油や重油が含まれているので、取得する事によって様々な企業で仕事ができるようになるので、

特に就職先が決まっておらず就職率を上げようと思っている方には最適な資格であると言えるでしょう。

気になる危険物乙種4類の合格率は低め!

危険物乙種4類の資格を持っていると得をするという事がわかりましたが、問題は合格率ですよね?

資格を取得しようとしている方ならどなたでも「どのくらい合格率が高いのか?」がとても気になるところですが、実は簡単そうに思えるかもしれませんがそんなに合格率が高いわけではないのです。

引火性液体を含む、危険物全体のおよそ8割を扱う事ができる資格なだけあって、かなり取り扱う危険物の数が多い資格なので、そう簡単に取得できるというものではないのです。

ちなみに合格率ですが2018年の1月の合格率は36.4%と近年では一応高い合格率でしたが、平均すると31%前後なので低めです。

合格するためにはしっかりと危険物についての知識を身につけ、どのように取り扱えば良いのかについてを学ぶ必要があるでしょう。

合格率が思ったより低いと感じた方もいるかもしれませんが、しっかりと学べば合格率はそれほど気にする事はありません。

危険物乙種4の合格率が低い理由とは?

ここではなぜ危険物乙種4の合格率が低いのか、考えられるいくつかの理由についてをご紹介していきます。

専門的な知識不足

危険物乙4の資格で扱える危険物はとても種類が多いです。

さらに日常的に私たちが使用している液体燃料であるガソリンや灯油などを扱う事ができるのですが、危険物を取り扱うためには科学に関する知識が必要になるのです。

ですが受験する全ての方が科学の知識が豊富なのかというとそうではなく、ごく一般的程度の知識で受験に臨む方が多いため、実際に受験して合格する方が少なくなっていると言っても言い過ぎではないでしょう。

専門的な用語なども聞きなれないと覚えにくかったりしてしまいます。これも合格率を低くしている原因の一つと考えられます。

合格の基準

危険物乙種4の合格率を低くしている原因の一つは『合格の基準』です。

試験は「法令」「物化」「性消」の3つの分野から出題されるのですが、この合計点が何点以上だったら合格という事では無い事も合格率を下げる原因となっています。

実はこの3種類の分野それぞれの試験で、合格基準を満たす点数以上を取得しないと合格にはならないのです。

その合格基準が60%以上の正解である事なので、一つが100%でも一つが59%だったら不合格となってしまうのです。

受験者側の受験意識の低さ

普通は受験者本人が「この資格が欲しい!」という気持ちで臨んでいる場合はモチベーションも上がって合格率も良くなるのでしょうが、

実はこの資格は会社で取得してくれと言われているケースがとても多い資格です。

つまり自分が欲しいというよりも会社が資格を取得している人が欲しいから、受験して資格を取得してくれと言われて取得する方が多いため、

モチベーションにつながらず結果的に合格率が下がってしまっているという事もあるようです。

危険物乙種4の合格率を高めるためには?

ここでは危険物乙種4の合格率を上げるにはどうすれば良いのか?その方法をご紹介いたします。

過去問題を重点的に!

どんな資格でもそうですが、問題を新たに作るという事が難しい資格です。なぜならば化学とか物理とか法律というのはそんなに簡単に変化しないからです。

ただ言い回しが違うという事はあるかもしれません。それでも試験問題がガラッと変わってしまう事が無いものなので、過去問題に必ず出題されている内容の問題が出ています。

つまり合格率を上げるには過去問題を徹底的にチェックして覚える事が大事ですね。過去問題をしっかりチェックするだけでも充分合格率は高くなっていくのです。

不得意科目を無くす!

どんな人にも得意な問題があればどうしてもわからない、理解が難しい分野ってあるものですよね。

そういう時には自分が得意としている問題は置いておいて、できるだけ苦手で不得意な科目を頑張って合格率を上げましょう。

何といっても2つの科目で満点を獲っても不得意な科目で60%以下だったらそこで不合格になってしまいます。

なので自分の得意科目は何か?不得意なのはどれかを理解しつつ、特に不得意な科目を集中的に頭に入れて試験に臨むと良いでしょう。

継続的な勉強!

ものすごく得意分野であっても不得意な分野であっても、継続的に勉強をし続ける事がとても大事です。

よく知っている事ですらちょっと時間が経つと忘れてしまったりしますよね。忘れてしまわないためには常に触れている必要があるわけです。

どこでも勉強ができるようにするために、過去問題集をバッグに忍ばせておいたりすると良いでしょう。特に文系の方にとってはかなり苦戦する分野です。

早め早めの対策が必要になると同じくらい日常的に学ぶ姿勢も大事なのです。

合格者に共通していることはしっかりと対策していること!

最後に、合格率を上げるためにできる事はどんな問題が出題されていても慌てないようにしっかりと対策をする事です。

実際に合格している方の多くは事前に対策をしっかりと行っていたようです。まずは不慣れな化学や法律に関する勉強をしっかりと行う事、そして過去問題をしっかりと確認しながら勉強を行う事、

この時不得意な科目については少しでも合格率を上げるために様々な問題に取り組む事も大事です。

そしてさらに合格率を高めるためには「会社にとらされるのではなく自らが取りたいと思う事」です。

モチベーションを上げるためには自分が必ず合格する、合格したらどうなるのかについて明るく考える事も必要かもしれません。

また、3科目の全てで60%以上の回答ができるよう継続的な勉強が必要だという事も頭に入れて試験に臨みましょう。

まとめ

 

今回は、危険物乙4の合格率についてご紹介いたしました。どうして一番需要が高い資格なのに合格率が3割程度なのか、その理由や合格率を少しでも上げるにはどうすれば良いのかについてもご紹介いたしました。

この記事がこれから危険物乙4の取得を検討されている方のお役に立てれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!高待遇に求人を1分で無料検索(全国対応)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、ハローワークや求人誌、友達の紹介などで転職してしまっているからです。

もっと良い会社があるにも関わらず、面倒くさい・いつも使っているからという理由で、あまり求人を探さずに転職を決めてしまっているのです。

しかし、転職サイトなどはドライバー求人を専門にしていなかったり、検索条件がドライバー向きではなかったりして探しづらかったりしますよね。

そこで、私はドライバー専門求人検索出来るサイトで求人を探すことをオススメしています。

このあと紹介するサイトは、「ドライバー求人のみを扱った求人サイト」です。
※トラック、タクシー、トレーラー、ゴミ収集、フォークリフトなど運転を伴う求人

簡単な条件、エリアで検索すると、希望条件にあったドライバー求人のみを見つけることができます。

・転職したいが、忙しくて転職活動に時間をかけられない方
・初めての転職で、誰かに相談したい方
・ハローワークや求人誌の転職で失敗した方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の簡単無料求人検索サービス

ドライバー求人検索

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索/登録して見ることをおすすめします!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

 - トラック運転手