食品配送の仕事は本当にきついの?具体的な仕事内容や辛さを紹介!

   

食品配送はきつい仕事なのでは?と思っている人は多いかと思います。

そこで、この記事では食品配送の仕事内容や、きついポイントに付いて解説していきます!

食品配送へ転職を検討している人や、今食品配送している人は是非参考にしてみてください。

食品配送の仕事がきついとされる理由

食品配送の仕事がきついとされる理由をご紹介します。

荷物の積み下ろしが多い

食品の配送は荷物がダンボールに積まれていたり専用のバスケットに入れて大量に積み込まれるため、体力勝負であることが多いでしょう。

また、この荷物をトラックに積み込むときには人力で行うことが多く、何回も積み下ろしをすることで、足腰を傷める可能性があります。さらに夏場になると暑さも重なり体力が持たない人も多いそうです。

気を使う

配送先に荷物を届けるときにお客さんに配慮しなければいけないこともきついと感じる人も多いでしょう。

特に食品は衛生上気をつけなければいけない上に。形が崩れやすいものもあるため、のちにクレームにつながることもありますので、配達には最大限の配慮が必要になります。

毎日ほぼ同じ作業の繰り返し

食品配送は毎日決まったルートを回って配送することが多く、同じ配送先を周り、荷物を届けてまた次のところ回ることの繰り返しとなります。

このルーチンを繰り返すのが苦痛でたまらないという人も少なくなく、人によって向き不向きがある仕事でもあるでしょう。

配送先の営業時間に間に合わせなければいけない

食品のルート配送は各配送先に到着する時間が決まっており、配送先の営業時間が早朝や深夜まで営業していると、それに合わせて働かなければいけないため、不規則な時間帯で働かなければいけなくなり、体調を崩してしまう可能性もあります。

また、営業日も合わせなければいけないため、ルートによって連休を取得しにくい場合があります。

渋滞に巻き込まれると大変

配送の仕事は配送先の決められた時間帯に届けなければいけませんが、交通状況によって渋滞に巻き込まれる可能性もあります。

時間帯をしっかりと守らなければいけないと感じるほど大きなストレスとなる人もいるため、きついと感じるようです。

また、渋滞に巻き込まれても大丈夫なように出勤時間を早めにする人もいるため、これが積み重なると慢性的な疲れにつながる場合もあります。

営業が必要な場合もある

会社によっては食品配送ドライバーでも配送先のお客さんに営業をしなければいけないところがあり、営業のノルマもあるところも存在します。

そうなると、ただ単に荷物を届けるだけではなく、コミュニケーション能力も必要になるため、それがきついと感じる人もいます。

食品配送はきつい仕事ではないとされる理由

では反対に食品配送がきついとされない理由をご紹介します。

運転がメインなので気が楽

配送先でお客さんとのコミュニケーションが必要な場面もありますが、ほとんどは荷物の積み下ろしや運転がメインの仕事のため、あまり人に気を使わなくてもいいから気が楽と感じる人も多くいます。

確かに営業職の人に比べると人と関わる場面は格段に少ないですからね。

休日がきちんと決められている

食品配送は決められた配送先をルート配送することが多く、交代で休日を取得しますので、しっかりと休める体制も整えられています。そのため、他の運送業と比べて楽だという意見を多く聞きます。

また、決められたルートを配送できれば仕事はそれで終わりであるため、残業時間もほとんどありません。

女性でも従事できる

食品が積み込まれているバスケットは大量にありますが、一つ一つの重さはさほど重くありません。そのため、女性のドライバーも多く活躍しています。

また、トラックの運転も、実際女性ドライバーの方が運転が丁寧であることが多く、配送する商品を傷つけることも少なく、配送先の評価もいい人が多いようです。

食品配送の仕事に向いている人

食品配送の仕事は、取引先の大事な荷物を取り扱っています。また、お客さんの口に入る製品を運んでいるため、雑な扱いをせずに確実に目的地に運べるように、責任感がある人でなければいけません。

また、1日何十件もの取引先に荷物を届けるため、体力的に自信がある人には向いていると言えますが、自信がなければきついかもしれません。

しかし、体力があるというのは単に力があるということではなく、継続して続けられる人、体調管理がしっかりとできる人ということになります。

また、1日の仕事時間のほとんどを運転に費やすため、車の運転が好きな人にも向いている仕事ではないでしょうか。

まとめ

食品配送の仕事はルート配送であるため、決まった仕事を毎日するため、それが苦痛にならない人はきついと感じません。

反対にルーチンワークが嫌だと感じる人は食品配送の仕事がきついと感じるため、人にの性格によって様々であることがわかります。

そのため、今回ご紹介した「きついと感じる理由」や「きついと感じない理由」から自分に向いているか確認してみるといいかもしれませんね。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手