オーバーヒートでエンジンがかからない時はどうすればいいの?対策や原因を解説!

   

オーバーヒートした時など自分が経験したことのない車のトラブルに遭遇するとどうしたらいいか慌ててしまいますよね?今回の記事ではオーバーヒートしてエンジンがかからない場合のチェックポイントを紹介します。

オーバーヒートについて

エンジンは始動すると熱を発してくるものですが、オーバーヒートとは単純に言えばその熱が高くなりすぎることです。

エンジンオイルが使い物にならなくなる、エンジン自体が焼き付いてしまう、シリンダーガスケットなどの部品が壊れるといった症状が出るようになります。

エンジン自体の熱を計るのは難しいので一般的には冷却水の温度を計って判断することになります。何かしらの原因があると考えられますので、できるだけ早い対処が必要となります。

オーバーヒートになった理由とは?

オーバーヒートが起こる原因としては「冷却水の不足」「冷却水が漏れている」「冷却システムの異常」など冷却水に関する不具合とエンジンオイルの劣化や不足による熱の上昇が考えられます。

オーバーヒートになった場合の確認の仕方

エンジンのオーバーヒートはアクセルを踏んだ時の異音、悪化してくると異臭が感じられるようになることと、水温計を見ることで確認することができます。

初期段階では水温計が「Hマーク」付近を指すようになり、悪化してくると「Hマーク」を超えます。さらに悪化すると「Cマーク」を指すようになりますが、このくらいになると異音や異臭がひどくなっているのですぐに気づくでしょう。

その場で出来る応急処置

オーバーヒートした場合はそのまま走行するのは危険です。車を安全な場所に停車させてボンネットを開け、風が通るようにします。

ただしいきなり冷却水の補充をしようとしてはいけません。キャップを開けた瞬間に蒸気や熱湯が噴き出す危険があります。専門知識がない場合は触らないようにしましょう。

工場で見てもらう必要性

一度冷やすことによってふたたびエンジンをかけて走行できるようになる可能性はありますが、故障している可能性が高いまま走行するのは非常に危険です。

できる限り早く整備工場に持って行ってみてもらうか、ロードサービスを呼ぶようにしましょう。

オーバーヒートでエンジンが始動しない場合

どこが故障しているかによってはエンジンが再びかかったり、かからなかったりします。その場合は無理にかけてはいけません。

無理にかけて走行するとエンストを起こしたり、エンジンが完全に焼き付いてしまうといった恐れがあり非常に危険です。エンジンがかからない場合は素直にロードサービスを呼びましょう。

修理に出す場合のかかる費用

エンジンのオーバーヒートは冷却水を補充すれば良い場合から最悪はエンジンを交換する場合まで幅広くあります。そのため費用は数千円程度から40万円ほどかかる場合まで様々です。

オーバーヒートした場合のパーツごとの費用

だいたいの目安を紹介していきます。

  • 冷却水の補充             1~3千円
  • ラジエーターの交換      2~8万円
  • ラジエーターホースの交換   1~2万円
  • ラジエーター部品の交換      2~5万円
  • ウォーターポンプの交換      6~7万円
  • サーモスタットの交換         6千~1.5万円
  • 冷却用電動ファンの交換      2~10万円
  • エンジンオイルの交換         1~4千円
  • エンジンの交換      20~50万円

修理に出すならディーラーか、認定の整備工場か?

どちらが正解ということはありませんが、長く付き合いがある信頼できるところであれば良いでしょう。

ただしディーラーの場合はメーカーによってかなりサービスの差が激しいという現状があります。安心してみてもらえる整備工場があるならばそちらの方が無難かもしれません。

修理にかかる期間

エンジンのオーバーヒートの修理にはかなりの時間がかかる場合があります。冷却水の補充だけであればすぐに終わりますが、オーバーホールを行って修理する場合は1ヶ月以上かかることもあるため、先にある程度の日数を確認しておいた方が良いでしょう。

車を売るべきかどうか?

エンジンが完全に焼き付いてしまっていて交換しなければならないとなったときは、車を買い替えるというのも一つの方法です。エンジンの交換にはかなり高額な費用がかかるため、どちらが得かが微妙になってくるためです。

オーバーヒートした場合の車は売れるのか?

エンジンがオーバーヒートした車でもお店によっては売却することが可能です。もちろん断られる場合もあるので店をいくつか回ることになるかもしれません。

エンジンが起動しない場合の車は売れるのか?

エンジンがまったく始動しない車でも売ることは可能です。もちろんダメな店もありますが、「エンジンを交換すれば走行できる」「エンジンを修理できれば走行できる」「他の部品が使えるものが多いので部品取りに」などの理由で買い取ってもらえることがあるからです。

車を売るとしたらディーラーか中古車販売会社か?

正規ディーラー店はエンジンが故障した車を買い取ってもらえる可能性は低くなります。販売するとすれば中古車販売店の方が可能性は高いでしょう。

車を高く買い取ってもらうポイント

車を高く買い取ってもらうにはいくつかのポイントがあります。まず車種、色が人気のものかどうかです。かなり好みが分かれるような色合いのものは汎用性が低いために高く買い取られないことがあります。

また、高価なオプション装備が付いていたり、傷んでいない部品が多いといったこともポイントとなってきます。

故障歴のある車を高く買い取ってもらえるポイント

故障歴がある車でもそれが修理、交換されている場合は買い取ってもらえる可能性は非常に高くなっています。

ただし故障歴がある車は店によって買取に大きな差が出ます。インターネットの「一括査定」などを利用して複数の店に買取見積もりを依頼するのが良いでしょう。

エンジンが始動しない場合のチェックポイント

エンジンが始動しないからといって必ずオーバーヒートが原因とは限りません。バッテリー関係など他のことが原因になっている可能性もあります。

バッテリーが切れたりしていないかなど他の部品をチェックして、それでも不明な場合はプロに任せるようにしましょう。

車をオーバーヒートさせないための予防策

定期的に整備工場やディーラーで点検をしてもらうというのが安全なのですが、悪質なディーラーや技術が低い業者などの場合、エンジン回りの故障に気づかないで「問題ない」と判断することがあります。

運転していて違和感を感じるようであれば、一度他の整備工場などで点検してもらうというのも良いのかもしれません。

また、ラジエーター周りや冷却水の補充などは自分でも行うことができるので日常的に点検して異常がないかどうかを見ておくことももちろん重要です。

まとめ

エンジンのオーバーヒートは冷却システムやキャップ、ホースなどの経年劣化による不具合、冷却水の不足や漏れなどが原因となることが多くあります。

部品が劣化しているかどうかなどはしっかりと点検することである程度防ぐことができます。また、夏場は高温になることで冷却水が減りやすくなります。特に注意しておきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!高待遇に求人を1分で無料検索(全国対応)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、ハローワークや求人誌、友達の紹介などで転職してしまっているからです。

もっと良い会社があるにも関わらず、面倒くさい・いつも使っているからという理由で、あまり求人を探さずに転職を決めてしまっているのです。

しかし、転職サイトなどはドライバー求人を専門にしていなかったり、検索条件がドライバー向きではなかったりして探しづらかったりしますよね。

そこで、私はドライバー専門求人検索出来るサイトで求人を探すことをオススメしています。

このあと紹介するサイトは、「ドライバー求人のみを扱った求人サイト」です。
※トラック、タクシー、トレーラー、ゴミ収集、フォークリフトなど運転を伴う求人

簡単な条件、エリアで検索すると、希望条件にあったドライバー求人のみを見つけることができます。

・転職したいが、忙しくて転職活動に時間をかけられない方
・初めての転職で、誰かに相談したい方
・ハローワークや求人誌の転職で失敗した方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の簡単無料求人検索サービス

ドライバー求人検索

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索/登録して見ることをおすすめします!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

 - トラック運転手