トラックのシフトチェンジをうまくするコツとは?クラッチの消費速度が変わる!

   

トラックのシフトチェンジは、初めてトラックに乗る人にとっては難しいものかもしれません。

しかし、シフトチェンジに慣れると燃費がよくなるだけでなく、運転そのものの効率をよくすることにも繋がるため、上達して損はないと言えます。

実は、トラックのシフトチェンジをうまく行うにはいくつかのコツがあります。この記事では、トラックを運転するようになって間もない方のために、シフトチェンジを行うときに押さえておくべきポイントを紹介致します。

トラックのシフトチェンジとは

まず「シフトチェンジ」という言葉自体に馴染みのない方もいらっしゃるかもしれません。シフトチェンジとは、ギアチェンジのこと。

なぜ走行中にギアを変更しなければならないのかは、自転車を漕ぐときをイメージしていただければわかりやすいと思います。重いギアは速度が出る一方で、一旦止まってしまうと再び漕ぎ出すのは大変ですよね。

逆に、軽いギアはスムーズに漕ぎ出すことができる反面、ある程度漕いでからはペダルが軽々と回るばかりで、それ以上スピードが上がることはありません。

つまり、発進するときに適したギアと、スピードに乗ったときに適したギアとがあるわけです。

自動車でもそれは一緒です。運転の状況に合わせてギアを切り替えることで、より効率よく走行することができるのです。

トラックでクラッチをつなぐコツ

シフトチェンジの意義がわかったところで、今度はそれをスムーズに行うためのコツを確認していきましょう。

クラッチを調整しておく

オートマ車のシフトチェンジはそれほど悩むこともありませんが、トラックのような業務用の車両は多くの場合マニュアル車です。

マニュアル車でシフトチェンジするときは、クラッチ操作を滞りなく行うことが肝となります。クラッチペダルを踏むことで、稼働中のエンジンからギアが一時的に切り離されます。

この間にシフトチェンジを行うことでギアが切り替わるので、クラッチペダルを元に戻せば、変更後のギアにエンジンの回転が伝わって、タイヤが再び動力を得て回転するのです。

クラッチを調整すると、このギアの切り替わりがスムーズになります。ペダルの遊びが適切になり、シフトチェンジのたびに車体が揺れるようなことがなくなるでしょう。

シフトアップはゆっくり行う

トラックは基本的にパワーがあります。どういうことかと言うと、普通の乗用車と比べてエンジンの回転数が下がりにくいのです。したがって、シフトアップはゆっくりと丁寧に行うことが大切です。

乗用車と同じ感覚で早いシフトアップを行うと、クラッチをつなぐ際の衝撃(シフトショックといいます)が大きくなり、車体がガタガタと揺れてしまいます。

補助ブレーキを活用する

シフトダウンの際はエンジンブレーキを使わないのがコツです。先程も述べたとおり、トラックでは普通の乗用車よりもエンジンの回転数が下がりにくいからです。

ではどうすればいいのかというと、アクセルを離すと自動的にブレーキが利く補助ブレーキ機能を活用するのです。リターダーと呼ばれるこの機能は、ディーゼルトラックには大抵ついています。

せっかく搭載されている機能なのですから、使うに越したことはありません。

燃費を良くするシフトチェンジの方法

シフトチェンジをうまく行うと、燃費を向上させることができます。具体的にどのようなことに気をつければいいのか確認していきましょう。

回転数を合わせる

トラックに限らずマニュアル車全般に言えることですが、シフトチェンジの際にエンジンの回転数を合わせると、滑らかにギアが切り替わり、シフトショックを抑えることができます。

うまく回転数を合わせられたときは、まるで吸い込まれるかのようにギアがぴったりと入る感覚があります。

シフトショックが小さいということは、駆動系の部品にかかる負担が小さいということ。力のロスが少なくなるため、燃費が向上します。

アクセルを完全に離さない

先に挙げた回転数にも関わってくる話ですが、シフトチェンジ時のアクセル操作には回転数を調節し、パワーを適切にキープするという役割があります。

操作しなければならないため、アクセルペダルから完全に足を離すことはせず、緩める程度にしておいてください。

まとめ

皆さん、いかがでしたか?シフトチェンジは自動車の運転における基本動作ですが、慣れないうちはどうしても手間取ってしまうものです。

この記事で紹介させていただいたコツを意識しながら、スムーズにシフトチェンジを行えるように日々練習していきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!高待遇に求人を1分で無料検索(全国対応)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、ハローワークや求人誌、友達の紹介などで転職してしまっているからです。

もっと良い会社があるにも関わらず、面倒くさい・いつも使っているからという理由で、あまり求人を探さずに転職を決めてしまっているのです。

しかし、転職サイトなどはドライバー求人を専門にしていなかったり、検索条件がドライバー向きではなかったりして探しづらかったりしますよね。

そこで、私はドライバー専門求人検索出来るサイトで求人を探すことをオススメしています。

このあと紹介するサイトは、「ドライバー求人のみを扱った求人サイト」です。
※トラック、タクシー、トレーラー、ゴミ収集、フォークリフトなど運転を伴う求人

簡単な条件、エリアで検索すると、希望条件にあったドライバー求人のみを見つけることができます。

・転職したいが、忙しくて転職活動に時間をかけられない方
・初めての転職で、誰かに相談したい方
・ハローワークや求人誌の転職で失敗した方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の簡単無料求人検索サービス

ドライバー求人検索

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索/登録して見ることをおすすめします!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

 - トラック運転手