チップ車の荷卸し方法とは?積み込みから荷卸しまでの流れをご紹介!

   

社会のあらゆる場面で欠かせない存在である紙ですが、その原料となる「チップ」を荷卸しする仕事があります。チップを運ぶ専用の車は「チップ車」と呼ばれています。

また、チップを積み込む際にも専用の重機を使って作業します。今回の記事では、チップ車や重機の種類・荷卸しの方法や体力的にきつさはないか?についてご紹介します。

チップ車とはどんな車?

チップ車とは、「ホッパー」と呼ばれるコンテナに似た荷台に紙の原料となるチップを入れて、目的地まで運ぶための車のことです。海外から船で運ばれてきたチップを製紙工場に運ぶ作業を行います。

形状としては屋根がなく、飛散防止のネットや開閉式の屋根がつけられているものあります。今回の記事では、チップ車の種類・積み込みから荷卸しまでの流れ・仕事内容についてご紹介します。

チップ車にはどんな種類があるの?

主にチップ運搬用の荷台を運ぶのは、「大型トラック」や「大型トレーラー」です。基本的なチップ運搬車は、大型トラックによく見られる側面開放型でオープントップと呼ばれる屋根のないものです。

また荷台の床をスライドさせてチップを下ろすのものもあります。チップ車は「軽量のものを大量にを運ぶことを目的とした車のため、必然的に大型の車両が多くなります。

チップを積み込む重機の種類にはどんなものがあるの?

ここでは、チップを積み込むのに使われる「ホイルローダー」と「パワーショベル」という重機についてお話します。

ホイルローダー

「ホイルローダー」とは別名タイヤショベルとも呼ばれ、チップなどをすくいあげトラックなどへ積み込むための機械です。キャタピラーではなくタイヤで走行するため、機動性に優れています。

ホイルローダーは大きなものになると、1度に10t以上をすくいあげることのできるため、大型トラックであれば15分程度で積み込むことができます。

パワーショベル

「パワーショベル」は油圧ショベルとも呼ばれます。ホイルローダーとの違いはキャタピラーで走行することです。主に土木作業で使用されますが、アタッチメントを交換することで、積み込み作業にも使用できます。

車体後方が小さくいため、狭い場所でも作業ができるものもあります。積み込みにかかる時間は大型トラックであれば30分程度です。

チップ車を使った荷卸ろし方法とは?

では、チップ車を使った荷卸しの方法にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは3つの方法についてお話します。

スライドデッキ

「スライドデッキ」は、トラックの荷台にいくつものレールが敷かれたタイプで、積荷を安全に下ろすことができます。軽量かつ多量の積荷が中心で、特にチップを運搬するのに適しています。

スライドデッキのレールは、積荷を卸す時に3本1セットのレールが同時に荷物を卸す方向に動きいた後1本ずつ戻り、3本のレールが元に戻ったら、また同じことを繰り返す仕組みです。

トラックダンパー

「トラックダンパー」とは、トラックをトラックダンパーという荷台に載せたまま傾斜をつけて、トラックの後方からダンプカーのように一気にチップを下ろすので、初めて見る方が驚くような仕組みです。

省スペースかつ短時間に作業を行うことができるため、安全かつ効率的な作業が可能です。その後、チップは受け入れ用のコンベアへと流れていきます。

重機を使用した荷卸し

ホイルローダーでの荷卸しは、車のシフトレーバーのようなもので、チップをすくうバケット部分を上昇・下降・すくう・ダンプ(排出)などを巧みに操りながら一度に大量の作業を行います。

また「パワーショベル」の足元はキャタピラーのため、長距離の移動には適しませんが、操縦席から上の部分が回転するため固定した場所でのチップの積み込みを行います。

体力的なきつさを感じない作業

大型車両や重機を使うと聞くと、「体力的にきつそう」とイメージをもつ方がいるかもしれません。しかし実際にはホイルローダーやパワーショベルの操作は操作室の中での作業になります。

また荷卸しもスライドデッキやトラックダンパーなど作業効率を考えて、手作業で行うことがないため全体的に体力的な負担が少ない仕事といえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事では、チップ車や重機の種類・荷卸しの方法や体力的にきつさはないか?についてご紹介しました。

チップを扱う作業に様々な工夫を凝らした車や重機があり、作業をする方の体力的な負担や危険性を軽減できるものになっています。今回の記事を読んで、チップを取り扱う仕事についての理解が深まればと思います。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、ドライバー人口は減少傾向でどの会社も人を採用することに力を入れており、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、ハローワークや求人媒体の情報を信じてしまい、入ってみたら年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。

より自分の希望を叶える会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで、すぐの転職を考えていない方でも、私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトのいい点は、下記3つです!

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社だけを調べられる
③免許や手積み手おろしなしなど、こだわりの条件で絞り込める

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に、条件が違って後悔したくない

は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバー求人検索

関東と愛知を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手