ディーゼル車は灯油で動く?燃費や燃料の種類、違法行為について紹介

   

ディーゼルエンジンを動かすために必ず必要になる燃料は軽油ですが、燃料代の価格高騰によりその負担は大きいですよね。

しかし、気を付けなければならないことはありますが、実は安価な灯油を使用することでエンジンを動かすことが出来ることをご存知でしょうか。

そこで今回は、なぜディーゼル車が灯油で動く理由や、気を付けなければならないことなどについてご紹介していきたいと思います。

ディーゼル車の燃料は灯油でも動く

ディーゼル車はその名前の通り「軽油(ディーゼル)」で動く車です。ガソリン車がガソリンを燃料として動くようにディーゼル車は軽油を燃料として動きます。

ガソリン車に軽油を入れたり、ディーゼル車にガソリンを入れてもうまく動かずに故障する原因になってしまいます。ただし特別な添加剤を使用すれば灯油でも車を動かすことができるのです。

理屈上はディーゼルエンジンの燃焼温度の範囲内の着火点を持っている燃料であれば使用することはできます。とはいえこれはエンジンなどを傷める原因になります。できる限り軽油を使用するようにしましょう。

そもそも燃料はどのように区別されているのか

ハイオク

ガソリンスタンドで目にする「ハイオク」とは「ハイ(高い値)」「オクタン価」からできた言葉です。オクタン価はガソリンが燃える際のノッキング(振動)のしにくさを表している数値です。

数値が高ければ高いほどノッキングが少なく燃焼するために価格がレギュラーガソリンよりも高くなっています。ちなみにハイオクガソリンはJIS規格でオクタン価が96以上と定められています。

レギュラー

レギュラーガソリンはJIS規格でオクタン価が89以上と定められているガソリンです。幅広い車両に使用されている燃料となっています。

レギュラーガソリン車にハイオクガソリンを入れても普通に走りますが、ハイオク車にレギュラーガソリンを入れると故障の原因となるので気をつけましょう。

軽油

軽油は、ガソリンよりも沸点が高い240℃~360℃ほどの温度で精製する石油製品です。ガソリンを蒸留するときにできる燃料でもあるため、ガソリンよりも安く取引されています。

高出力でありながら燃費も良いので、大きな車両であるトラックやバスに多く使われています。

灯油

こちらは沸点が170℃~250℃ほどの温度で精製されるものです。冬場は灯油ストーブなどの暖房器具に多く使われるほか、洗浄や溶剤としても使用される石油製品です。

石油ストーブとも呼ぶように、灯油を石油と呼ぶことも多くなっています。

重油

上記の精製が終わってそこに残った油が重油です。重粘質であることから「重油」と名付けられました。その性質から一般的な車両のガソリンとしては使用することはありません。

何故灯油は安いのか

使用するうちの99%を輸入に頼っている現在では、石油産出国の情勢などによっても値段は変動していきます。ただ他の燃料と比べると安くなっている印象があります。

これは原材料費ではなく税金が関係しています。ガソリンには40%を超える税金がかけられていますが、灯油の税率は約10%ほどです。これが価格に影響しているのです。

安いからとディーゼル車に灯油を使用すると違法になる

軽油よりも灯油の方が安いからと、燃料に灯油を入れて公道を走行していると違法行為になります。

これは税率が違うということが関係して、脱税という扱いになるのです。軽油に灯油を混ぜた不正軽油を使用するのも犯罪になります。

公道を走らない重機や農機などは使用可能

公道を走ると罪になるのですが、私有地内を走るだけの農作業に使用する車両や重機などであれば問題はありません。間違えて公道に出ないことだけを注意しておきましょう。公道に出てしまうと罪になります。

灯油をディーゼル燃料として使うには添加剤が必要になる

ディーゼルオンハイパー

こちらのディーゼルオンハイパーは燃焼促進を行うことで黒煙を減らし、出力を上げるという効果があります。

また、セタン価を54前後まで上昇させることで燃費を良くしています。また、清浄剤が配合されているので燃焼室の清浄効果も期待できます。

ディーゼルオン

ディーゼルオンはディーゼルオンシリーズのなかでもっともベーシックなタイプの製品です。

燃焼促進や出力向上、清浄効果などが期待できるだけでなく、非常に安価で購入できるというメリットがあります。まずはここから試してみるのが良いでしょう。

ディーゼルオンプラス

ディーゼルオンにセタン価向上効果を加えたものです。こちらの製品はセタン価を51前後にまで上昇させることで灯油を使用したときの出力や燃費を改善することが可能となっています。

エンジンが受けるダメージは大きい

ディーゼル車に灯油を入れて走らせているとエンジンにも大きな負担がかかり、エンジンタンクに使われているゴムの部品や金属の部品を溶かしてしまうということもあります。

一度故障してしまうとまた、軽油を入れて走らせたとしても燃料の循環する場所に灯油が残っていることで再び故障する可能性が出てきます。部品を交換するか完全に洗浄する必要が出てきてしまうのです。

まとめ

ディーゼル車に灯油を入れて走らせるのは車に大きな負担をかけて故障の原因になるだけでなく公道に出ると違法行為になってしまいます。

ディーゼル車には軽油を入れて走らせるのが色々な意味で正解だと言えるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手