一般貨物自動車運送事業の変更届が必要な場合とは?届出基準や方法について紹介!

   

一般貨物自動車運送業では、事業に変更があった場合に届出をするように定められています。しかし、認可申請なのか届出でいいのかの基準についてはよく分からないのではないでしょうか。

そこで今回は、分かりにくい一般貨物自動車運送事業の認可申請や変更届について、詳しくご紹介していきたいと思います。

事業計画を変更するときに必要な認可申請と届出の違い

一般貨物自動車運送事業の変更、事業計画の変更などを申請する際に

  • 「許可」
  • 「認可」
  • 「届出」

の違いに悩むことがあるかもしれません。簡単に言えば、

「許可」

本来禁止されていることがらについて、その禁止を解除してもらうということを意味しています。許可を得ないまま行うと違反になるということはこれが該当します。

「認可」

これは役所が認めている、つまり信用や信頼を与えるためにつけられるものです。公共料金などは勝手に値段を決めることはできません。それらは役所の認可を受けて決定されています。

「届出」

これはこちらが決めたことに対して役所に知らせることを言います。それに対して役所が認める、認めないということは基本的になく、知らせるということが目的となっているものです。

事業計画の変更などは内容によっては認可を受ける必要があります。

認可申請が必要な場合

営業所の位置変更

一般貨物自動車事業者が事業計画を変更する際には「貨物自動車運送事業法 第9条」によって国土交通大臣の認可を受けなければならないことが決められています。

営業所の位置が変更になる場合もこれに当たります。

自動車車庫の変更

自動車車庫の位置を変更したり、増車や減車を行う場合にも認可申請が必要となります。特に増車の場合には、車両を増加させることであらたに運行管理者や整備管理者が必要となることがあります。

それらを確保して書類を揃えていく必要があります。

休憩、仮眠施設の変更

一般貨物自動車運送事業を行う場合にはドライバーの休憩施設や仮眠施設を設置することが義務付けられています。この休憩場所や仮眠施設の場所や大きさを変更する際にも認可申請が必要となります。

届出が必要な場合

事業用自動車に関する変更

変更の内容によっては認可申請ではなく届出だけでよいという場合があります。

事業用自動車に関する変更もそれに当たり、

  • 「各営業所に配置する事業用自動車の種類ごとの数の変更」
  • 「各営業所に配置する運行者の数の変更」

がこれに当たります。こちらは「事前届出」が原則です。

軽微な変更

こちらは

  • 「主たる事務所の名称および位置の変更」
  • 「営業所又は荷扱所の名称の変更」

などの軽微な変更の場合は事前に申請する必要はなく、「事後届出」で大丈夫です。

一般貨物自動車運送事業の変更届の提出について

受付時期

一般貨物自動車運送事業の変更届には受け付けている時期や期間というものはありません。

基本的には事前届出という形で実施予定の5~10日前に届出を出せば良いのですが、運輸局によって処理基準が異なっているので詳しくは地域の担当部署に確認しましょう。

手数料

事業計画の変更届は自分で作成して自分で提出する場合は手数料はかかりません

ただしその作成を弁護士や行政書士などに依頼した場合はその費用がかかることになります。依頼先にもよりますが、1件3~5万円ほどのところが多いようです。

届出先

必要書類を添付した変更届は管轄の運輸支局長を経由して地方運輸局長に提出するという形になります。詳しくは最寄りの運輸支局の運輸支局輸送課で確認しましょう。

申請書や届出書はダウンロード出来る!

認可申請書や届出書はそれぞれの地方運輸局、運輸支局のホームページから書式をダウンロードすることができます。

ここに必要事項を記入していくだけで完成させることができます。必要に応じて書類を添付しなければいけません。

まとめ

一般貨物自動車運送事業の事業計画の変更については認可申請や届出書が必要になることがあります。何をどこに提出するのかを整理して間違いのないように提出していきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!高待遇に求人を1分で無料検索(全国対応)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、ハローワークや求人誌、友達の紹介などで転職してしまっているからです。

もっと良い会社があるにも関わらず、面倒くさい・いつも使っているからという理由で、あまり求人を探さずに転職を決めてしまっているのです。

しかし、転職サイトなどはドライバー求人を専門にしていなかったり、検索条件がドライバー向きではなかったりして探しづらかったりしますよね。

そこで、私はドライバー専門求人検索出来るサイトで求人を探すことをオススメしています。

このあと紹介するサイトは、「ドライバー求人のみを扱った求人サイト」です。
※トラック、タクシー、トレーラー、ゴミ収集、フォークリフトなど運転を伴う求人

簡単な条件、エリアで検索すると、希望条件にあったドライバー求人のみを見つけることができます。

・転職したいが、忙しくて転職活動に時間をかけられない方
・初めての転職で、誰かに相談したい方
・ハローワークや求人誌の転職で失敗した方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の簡単無料求人検索サービス

ドライバー求人検索

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索/登録して見ることをおすすめします!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

 - トラック運転手