道路運送車両法の保安基準はここを押さえれば大丈夫!重要ポイントをまとめてご紹介!

   

運行管理者試験では、道路運送車両の保安基準についての出題が考えられますが、全ての保安基準を覚えることは難しいですよね。そんな保安基準はポイントを押さえて覚えておくことで回答率が高くなります。

そこで今回は、道路運送車両の保安基準についてポイントを絞ってご紹介していきたいと思います。

 保安基準の原則

保安基準の原則とは、

自動車の構造、装置などにおける保安上または公害防止その他の環境保全上の技術基準(保安基準)について、耐久性や技術的な部分に制限や制約を加えたもの

です。

その道路運送車両の構造や装置が運行に耐え、安全であるとともに、通行人その他に危害を与えないことを確保し製作者に対しては自動車の製作または使用について不当な制限を課さないなどを記したものになります。

そして自動車は長さ12m、幅2.5m、高さ 3.8mを超えてはならないとなっております。

運行管理者試験に置いて道路運送車両法の「保安基準の原則」は出題率が高い傾向があり保安基準の細目とともにしっかり理解する必要があります。

保安基準の原則の文章自体はそれほど長い文章ではない為、ある程度暗記して対応するようにしましょう。

 道路運送車両の保安基準とは?

道路運送車両法において、自動車の構造・装置について、安全確保及び環境保全上の技術基準が定められています。これを道路運送車両の保安基準といいます。

長さ

道路運送車両法の保安基準で定められている長さの一般規制値は12m(ただし、高速自動車国道を走行するセミトレーラー連結車及びフルトレーラー連結車はそれぞれ16.5m、18m)でえす。

この12mという長さは一般的な大型トラックの長さになります。

幅の一般規制値は貨物に関係なく2.5mになります。

高さ

高さの一般規制値は貨物に関係なく3.8mになります。

総重量

  • 自重+乗車定員の体重(1人当たり55kg)+貨物の最大積載量・車長や軸距によって20〜25t
  • 連結車の特例 セミトレーラー(被けん引)は連結中心から最後軸中心までの距離によって20t〜28t

運行

保安基準の制限値を超える車両は認定を受ければ基準緩和車両として運行できます。

道路運送車両の保安基準の細目について

窓ガラスの可視光線の透過率

運転者が交通状況を確認するために必要な視野の範囲に係る部分における可視光線の透過率が70%以上のものであること。

大型後部反射器

保安基準により、車両総重量7t以上の貨物車には「大型後部反射鏡」の装着が義務付けられています。また取り付け位置やサイズなど細かく規定されています。

車両総重量7t以上に装着が義務付けられているということをしっかり覚えておきましょう。

後写鏡

自動車に備えなければならない後写鏡は、取付部付近の自動車の最外側より突出している部分の最下部が地上1.8m以下のものは、当該部分が歩行者に接触した場合に衝撃を緩衝できる構造でなければならない

出題される可能性が高い部分です。最下部1.8m以下という部分をしっかり覚えましょう。

空車状態

用語の定義に定める「空車状態」とは、道路運送車両が原動機及び燃料装置に

  • 燃料
  • 潤滑油
  • 冷却水

等の全量を搭載し及び当該車両の目的とする用途に必要な固定的な設備を設ける等運行に必要な装備をした状態をいう。

速度抑制装置

車両総重量8t以上、または最大積載量5t以上のトラックにおける高速自動車国道での最高速度は80kmですが、法定速度を遵守させる目的で90km以上加速できないよう速度抑制装置の装着が義務付けられています。

「車両総重量8t以上かつ最大積載量5t以上」ではなく「車両総重量8t以上または最大積載量5t以上」である事に注意が必要です。

 過去問題から出題傾向を絞ろう!

皆さんは運行管理者試験受験合格を目指して日々猛勉強されている事と存じます。ですが運行管理者試験の出題範囲はとても広く、全部を覚えようと思うと手間も時間がかかり勉強も長続きしません。

運行管理者試験の合格基準

  • 総得点が満点の60%(30問中18問)
  • 各出題分野での正解が1問以上、もしくは2問以上

となっております。

ですので、必ずしも満点をとる勉強をする必要はないのです。いかに要点を絞った、効率的な勉強ができるかが合格のカギとなります。そこでオススメなのが過去問になります。

過去問を徹底的に解いていく事で、過去の出題傾向もわかり、出題されるであろう、問題を絞って勉強することができます。また、実際の試験でも効率よく回答することができます。過去問徹底攻略、ぜひ皆さまに実践して頂きたい試験対策になります。

まとめ

運行管理者試験は年々難しくなっています。独学での合格も決して不可能ではありませんが合格を勝ち取るには、いかに効率的に要点を絞った勉強ができるかにかかっていると思います。

この記事は道路運送車両法の保安基準に絞って紹介してきましたが、皆様の運行管理者試験の対策の一助になれば幸いです。

経営者/採用 担当者様へ|ドライバー採用したい方は必見!

「求人媒体にお金を払ったのに1人も応募がなかった...」
「今すぐドライバーを採用したい!」
などを感じている方は、ドライバージョブという人材紹介サービスがオススメです!

ドライバージョブは以下のような特徴があります。
1.完全な成果報酬型で、確実にドライバーを採用
採用が決まって初めて費用が発生するサービスとなっております。

2.無料面談設定を、大量かつ迅速に提供
多くのドライバーが集客出来ているため、無料の面談設定をスピーディーに実施することが可能です。
契約後、1週間以内に採用まで繋がった実績もあるようです。
※とある法人様の一例となります。

3.手間をかけずに、良質な求職者様を採用
キャリアパートナーが転職背景を詳細にヒアリングするため、相性のいい求職者のみ、ご紹介することができます。

このような特徴から、現在では全国のドライバーを採用したい会社(一般貨物/産業廃棄物/バス/タクシーなど)から、お問い合わせが常に来ているようです。
もしご興味がある場合は、以下のページから無料の資料ダウンロードをオススメします!

無料 資料ダウンロードはこちら >>

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手