トラック運転手は底辺の仕事なのか。底辺と言われる2つの理由(イメージなど)

      2018/11/12

トラック運転手は「底辺」の仕事だ、と聞いたことはありませんか?

たしかに「過酷な力仕事」、「低学歴の仕事」というイメージがあるのは事実で、トラック運転手になりたいなと思っている人も、そんなネガティブなイメージのせいで躊躇している人は多いのではないのでしょうか?

しかし、私は決してトラック運転手が底辺の仕事だとは思いません。今回は、なぜトラック運転手が底辺と呼ばれるのかをご説明します。

トラック運転手が底辺と呼ばれる理由

なぜ、トラック運転手は底辺と呼ばれるのでしょうか?

理由は主に以下の2つです。

  • トラック運転手は低学歴
  • トラック運転手はマナーが悪い

この2つは果たして本当なのでしょうか?

トラック運転手は低学歴、だから底辺の仕事?

トラック運転手が底辺と呼ばれる理由の一つに、トラック運転手=低学歴というイメージがあることが挙げられます。

確かにトラック運転手は中卒や高卒でもなれる仕事ですが、低学歴=底辺なのでしょうか?

どの仕事にも共通していますが、トラック運転手という仕事にはプロフェッショナルなスキルが求められます。トラック運転手は大型免許などの特殊免許、危険物取扱者免状などの資格、そして何より高度な運転スキルがないとできません。

そして、トラック運転手は社会を支える重要な仕事の一つです。我々の生活のほとんどは、運送という仕事によって成り立っています。

参考記事:トラック運転手はやりがいのある仕事!日本の物流を支える「国の血液」と呼ばれる所以

ヤフー知恵袋の投稿で、「トラック運転手は底辺の仕事なの?」という質問が多く見られますが、その回答の中でも評価が高いものをご紹介します。

参照元:ヤフー知恵袋「やっぱりトラック運転手って、偏見ありますか?」

回答にも書かれている通り、トラック運転手は誰にでもできる仕事ではありません。私はトラック運転手は誇りを持ってやるべき仕事だと思います。

トラック運転手は本当にマナーが悪いのか

トラック運転手は態度が悪い、運転マナーが悪い、というイメージはありませんか?トラック運転手の煽り運転による事故をニュースで見ることもありますよね。

それもトラック運転手が底辺だと言われる要因の一つですが、もちろんすべてのトラック運転手がマナーが悪いわけではありません。実際に態度やマナーが悪いトラック運転手はごく一部です。

トラック運転手のマナーについて、現役トラック運転手が書いたブログを抜粋してご紹介します。

底辺職だと言っている人への正直な感想は怒りを覚えるとかじゃなく「自分自身が悲しくなるのはもちろん、底辺職と言っているその端末の向こう側の人の気持ちの持ちようが悲しい」です。

決して反論する為の批判的な意味合いではないです。

私は誇りをもって仕事をしています

納品先のお客様への挨拶や運転中のマナー等できる限り気を使っているつもりです。

思い出して見て下さい、運転中や歩行中などトラックが止まり道を譲ってくれたことはありませんか?

私も運転中は歩行者に気付けるよう常に気にしつつ、歩行者が横断歩道で待っているや雨の日の歩道に歩行者や自転車がいるなどの状況をいち早く察知し止まって渡ってもらう、水たまりの水が歩行者にかからないように避けるや減速するなど、当たり前かもしれませんがかなりの気づかいをしているつもりです。

一部荒い運転をするドライバーも居ますがほとんどのドライバーは思いやりのある運転をしています。

一部の人がおかしな行動をとるのはどの職業も同じです。

(引用元:底辺職と言われるのはトラック運転手の人間性が原因か!?

このブログにもある通り、どの職業にも一定数非常識な人はいます。ほとんどのトラック運転手は、運送という仕事に誇りとプライドを持って仕事をしています。

一部のマナーの悪いトラック運転手のせいで、トラック業界全体に悪いイメージがついてしまうのは非常に残念ですよね。

最後に

いかがだったでしょうか?

「トラック運転手は底辺だ」というイメージのせいで、トラック運転手への転職に足を踏み出せない人もいると思います。

個人的には、家に荷物を運んでくれる配達のお兄さんや、街で見かけるトラック運転手に、悪い印象を持ったことはありません。トラック運転手が底辺の仕事だとも思いません。

これから需要がどんどん高くなる仕事だからこそ、トラック運転手への偏見がなくなり、より多くの人がトラック運転手を目指せるようになることを願っています!

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)アフィなし

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手