クリーニング配送の仕事はきつい?仕事内容・勤務時間を詳しくご紹介!

   

工場と店舗とを行き来するルート配送の仕事の一つに、クリーニングの配送業務があります。しかし、クリーニングの配送はきついと言われることもあり、不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、クリーニング配送業務の実態について知りたいという方のために、仕事内容や勤務時間、職場の雰囲気などについて解説します。

クリーニング配送の仕事内容と勤務時間

まずは基本的な情報を押さえておきましょう。クリーニング配送の仕事内容、そして勤務時間の目安を紹介していきます。

クリーニング配送の仕事内容

クリーニング配送と聞くと、預かった衣服などを顧客の家まで届けに向かうことをイメージするかもしれません。

そのような仕事をするケースもまったくないわけではありませんが、多くの場合、クリーニング配送とはクリーニング工場と各店舗とを往復する仕事です。

仕上がったクリーニング品を店舗に届けたり、逆に店舗に溜まったクリーニング品を集荷したりする業務ですね。

基本的には決まった道を通って決まった店舗と回る、いわゆるルート配送に分類される仕事であると覚えておけば間違いないでしょう。

クリーニング配送の勤務時間

クリーニング配送のドライバーの勤務時間は、クリーニング工場の稼働時間に左右されます。工場と各店舗とを往復する仕事である以上、必然的にそうなるのです。

朝8時や9時に始業し、夕方17時や18時に終業するといったパターンが多数でしょう。ただし、クリーニング工場は季節の変わり目に繁忙期を迎えます。

繁忙期には工場も店舗も忙しくなりますので、そのぶんルート配送の便数も増えて残業が発生する可能性があります。逆に言えば、繁忙期以外の期間ではほとんど残業はないという見方もできます。

クリーニング配送の職場の雰囲気

クリーニング配送の職場と言っても会社によって制度も雰囲気もいろいろなのですが、やはり同じ業種ということで、ある程度共通した傾向を見出すことができます。

年齢・学歴は不問

クリーニング配送の仕事に年齢制限はありません。また、学歴を要求されることもないでしょう。

先述のとおりクリーニング配送はルート配送の一種です。毎回同じルートを往復する仕事ですから、求められるのは

  • 作業をこなせるだけの体力
  • 人並みに車を運転できる程度の運転技術

だけです。

服装・メイクは自由なところが多い

服装や髪型、メイクなどに関しても問われないことが多いです。一般的に不快な印象を与えない程度の装いであれば、見た目を理由に面接で落とされるといったことは考えにくいでしょう。

もっとも、ネイルについては注意が必要です。顧客から預かっている服に触れる以上、汚したり傷つけたりといったことがないよう配慮しなければなりません。

爪を伸ばしている方は切っておいたほうがよいでしょうし、普段指輪をはめている方も仕事中は外しておいたほうが無難かもしれません。

職場の雰囲気

運転免許を持っていること以外にこれといって条件も存在しないので、クリーニング配送の現場には多種多様な人材が集まります。その影響もあって、規律にはそれほどうるさくない職場のほうが一般的

中には私服OKの職場もあるほどで、そうした会社では私服の上から店のTシャツなどを着ることになります。雰囲気はゆるく、基本的な常識さえ弁えていればやっていけると考えてしまっても支障はないでしょう。

クリーニング配送はきついのか?

クリーニング配送の仕事内容や職場についてわかったところで、本題です。きついという意見も聞かれるクリーニング配送ですが、実際にはどのような面がネックとなるのでしょうか。

体力勝負

まず重要なのは、体力を要求される仕事であるという点です。

車を運転して同じルートを走る、と聞くとさほど疲れる要素はなさそうに感じるかもしれませんが、運転中は体が常に緊張した状態を保っているもの。座った姿勢を長時間強いられるため、首や肩、背中、腰といった部位に負担がかかってきます。

また、配送や集荷の際には重い荷物を持ち上げたり下ろしたりすることにもなります。腰痛の原因にもなりますので、自分の体力以上に無理をしないように気をつけなくてはなりません。

同じ仕事の繰り返し

ルート配送では毎日同じ作業を繰り返すことになります。走る経路も一緒なら、回る目的地も一緒。荷物の量は日によって変動するでしょうが、本質的には集荷や荷降ろしといった作業を毎日行う仕事です。

そのため、ルーチンワークが苦手であるという人には、クリーニング配送の仕事はおすすめしません。

クレームがつくことも?

場合によってはクレーム対応を行わなくてはならないこともあります。たとえば汚れが落ちていなかったり、ボタン等の付属品がなくなってしまっていたりすると、真っ先にクレームを受けるのは配送のドライバーです。

もちろんドライバーがクリーニング作業を行ったわけではないのですが、店舗のスタッフから見ると、どうしてもドライバーは「工場側の人」という認識になってしまいがち。そのため口頭でクレームを伝えられることになるわけですね。

ただし、ここで押さえておくべきは、クレームの大半は店舗スタッフから受けるということ。顧客とのトラブルではないので、クレーム内容も店舗スタッフとの連絡ミスが原因である場合が多いでしょう。

工場と店舗との橋渡し役として、日々のコミュニケーションをしっかり行っていれば、クレーム対応を最小限に抑えることも不可能ではありません。

クリーニング配送のメリット

クリーニング配送の仕事には、他の職種と比べてどのようなメリットが存在するのでしょうか。

残業が少ない

クリーニング配送の大きな特徴として、まず残業の少なさが挙げられるでしょう。

先述のとおり、クリーニング配送は工場と店舗とを行き来する仕事です。ということは必然的に、工場や店舗が稼働していない時間帯まで働くことはないわけです。

残業が発生するのは3月~5月にかけての繁忙期、日に2時間程度が平均です。

安定している

クリーニング配送はルート配送の一種であり、同じ仕事の繰り返しであるとは既に述べたとおりです。裏を返せば、同じことを毎日続けるだけでいいため慣れてしまえば楽であるということでもあります。

一人で仕事ができる

ドライバーというのは基本的に一日の大半を車の中で過ごす職種です。クリーニング配送も例外ではなく、運転している間は車の中に一人でいることになります。

着時間さえ守っていればあとは自分のペースで仕事ができますし、監視の目がないため気楽に過ごすことも可能です。

クリーニング配送の仕事に向いているのはこんな人

クリーニング配送は車と切っても切れない仕事ですから、運転をするのが苦にならない人には向いています。また、長時間運転を続けられる体力のある方にも向いているでしょう。

また、ルーチンワークであることから、その都度頭を使うよりも決められた作業を正確にこなすほうが得意であるという人にもおすすめです。

そのほか、高齢になっても続けられるという点も重要です。長期で働きたい人にとってはおあつらえ向きの仕事であると言ってよいでしょう。

まとめ

クリーニング配送は学歴や年齢を問わず働くことができるほか、経験を問われることもない、参入するハードルが比較的低い仕事と言えます。

この記事を読んで「自分には向いている」と感じたのであれば、ぜひ求人を探してみるとよいでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手