運転免許証の写真のサイズは何cmのものを使えばいい?規定の寸法と持ち込みについて

   

運転免許証の証明写真というのはどうしても見た目が良くは写らないものですよね。そのため自分の免許証を他人に見せる事が苦痛に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は運転免許の写真のサイズなど持ち込みをする際の条件をご紹介いたします。

納得いかない運転免許証の顔写真

運転免許証の写真を見ると、ほとんどの方が「まるで自分じゃないみたい」と感じるようです。でも中には「これが本当の自分なのかも?」とがっかりしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

諦めてるしどうせ誰にも見せないから良いや!なんて思っているかもしれませんが、現実的に考えてみると本人の確認ができる唯一の証明書でもあるので、あらゆる場面で提出を求められるものでもあるのです。

つまり見せたくないけど見せなくてはならないものであるのも事実!だったら納得ができる証明写真を使いたいと思うものですよね。ですが一般的には運転免許センターなどで撮影したものを使用します。

でももしも納得がいく写真に交換できるとしたらその条件が知りたいと思う方も実は多いのです。

運転免許証の写真は持ち込める!

結論から言うと、運転免許証の写真は自分で持ち込む事が可能です。ただしどんな写真でも構わないというのではありません。ある一定の条件が整っていれば自分で撮影した写真を持ち込んでもOKなのです。

もちろん更新時でもないのに持ち込んでも写真の交換をする事はできませんので、自分で撮影した写真を使いたいという方はその条件を満たす写真を持参すれば、納得して他人に堂々と見せる事ができる運転免許証ができるかもしれません。

といってもその条件の範囲内で納得ができる写真が撮影できるのかどうかがわかりませんし、一部の運転免許センターや警察では受け付けていないという例もあるので、更新する予定の警察や運転免許センターに確かめる事をおすすめします。

免許更新で使用できる写真のサイズとは?

まずは免許更新の時に使う証明写真のサイズについて簡単に説明いたします。縦は3cm×横2.4cmとなっています。日本国内の運転免許証のための証明写真のサイズは統一されているので、これより小さくても大きくてもいけません。

ちなみに海外で運転する必要があるという場合は、このサイズではなく若干大き目のサイズとなっています。参考までに説明すると縦が5cm×横4cmとなっています。これは証明書の大きさが日本のカードサイズより大きいからかもしれません。

注意しなくてはならないのは撮影した写真は申請から6か月以内に撮影したものでなくてはなりません。その期間の証明などは難しいかもしれませんが、これは現在の姿とあまりにもかけ離れていてはならないからです。

サイズだけではない持ち込み写真の条件

ここでは証明写真を持ち込む時の写真のサイズ以外の条件をいくつかご紹介いたします。

写り方

まず移り方ですが、正面を向いた状態で撮影されていなくてはなりません。私はこの角度からの方がキレイに見えるから!などといって、斜めに構えたりちょっと下を向いたりして撮影してはいけません。

  • 正面を向いた状態である事
  • 少し顎を引いた状態である事

などが条件としてあります。もしも正面からじゃない場合は受け付けてもらえない可能性があります。もう一つは笑った顔もいけません。歯が出ないようにしましょう。

縁があるとNG

運転免許証の写真を持ち込みする時の条件の一つには、持ってきた写真にフチがついているのはいけません。必ずフチがついていないものを使用しなくてはならないのです。

自分で撮影をして印刷をするとフチがついてしまう事もあります。なのでもしも撮影した写真をプリントアウトする場合には、フチなしで印刷をするかそれとも大き目にプリントアウトした後で、指定のサイズにカットしましょう。

背景色

写真の背景色については一般的な証明写真と同様に、青い背景色の方が良いでしょう。背景が青い方が良いのはハッキリと顔の認識がしやすいからですので、赤や黄色などの派手な原色の色は避けた方が良いでしょう。

背景に風景が入っているものもあまり良くはありません。輪郭がはっきりするのではないかと考えられる黒い色も良くありません。

はっきりとわかる画質

画質はハッキリと顔の認識ができなくてはなりません。例えば気に入っている写真を引き伸ばした状態でプリントアウトしたりすると、画質が荒くなってしまったりしますよね。これも避けなくてはなりません。

あくまでも画質はハッキリとしている画質の高いものを使用する必要があるのです。もし画質が悪いと判断された場合は受け付けてもらえない可能性があります。

顔の判別が出来る髪型

髪型の条件もあるので気を付けなくてはなりません。例えば顔を細く見せたいと思って両方の頬を髪の毛で隠したりすると、顔をハッキリと判別ができないとして却下されてしまう事があります。

顔をハッキリと見せるためには髪の毛を耳にかけて顔全体がハッキリと写るような髪型にしなくてはなりません。

判別出来ないメイクやカラーコンタクト

最近の若い方の多くは瞳を大きく見せるためにカラーコンタクトを好んで使っているようですが、カラーコンタクトをすると印象がだいぶ変わってしまいますよね。もちろんそのために使用しているのですが証明写真には使えません

なので残念かもしれませんが、普段からカラーコンタクトを使用している方であっても、証明写真の撮影を行う時には必ず外して撮影をしましょう。

持ち込み写真は交付に時間がかかることも

運転免許の更新の時の写真を自分で撮影して持ち込みをする事は可能ですが、持ち込みをした写真はサイズや条件を満たしているかを厳しくチェックされます。これは当然の事なので避けて通る事はできません。

厳しいチェックを通ったら初めて自分の持ち込みをした証明写真を使った運転免許証を手にする事ができるので、時間がかかったとしてもやる価値はあると考える方もいらっしゃるでしょう。

ただし先ほども少し触れたように、都道府県によって証明写真のサイズやそのほかの条件については、微妙に違う可能性もあるので事前にチェックしてから持参すると良いですね。

万が一持ち込みは禁止しているという場合は残念ですが諦めるか別の警察などで交付してもらうと良いかもしれませんね。

まとめ

今回は運転免許証の写真のサイズやその他の条件についてをご紹介いたしました。もしも納得ができる運転免許証の写真を使いたいという方は試してみると良いかもしれません。

この記事が写真持参で更新できるか悩む方の参考になれば幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手