車のバッテリーの電圧はどれくらい?交換時期の目安やおすすめを紹介

   

バッテリーは車を動かすために必ず必要になる重要なパーツですよね。バッテリーは消耗品であり定期的な交換が必要になりますが、適切な交換時期はいつなのかご存知でしょうか。交換が必要になる目安をしっかり把握して対処することで、バッテリートラブルは格段に少なくすることが出来ます。そこで今回は、電圧で交換時期を判断する方法や目安の紹介と合わせて、おすすめのバッテリーも紹介したいと思います。

車のバッテリーの電圧はどれくらいあるの?

車のバッテリーの電圧は「12V」というイメージがありますが、実際には12Ⅴではエンジンがかからないということがあります。

もし電圧計を使用して測定し、12Vだった場合はそろそろ交換時期かもしれません。

基本的には12.5~14Vのあいだくらいになっています。大型トラックなどには「24V」のバッテリーが使用されていることもあります。

特にディーゼルエンジンの場合は12Vほどのバッテリーではしっかりとエンジンがかからないことが多く、大型のバッテリーが必要とされているのです。

バッテリーの平均寿命は?

普通に使用している場合、だいたいバッテリーの平均寿命は2~3年ほどと言われています。

もちろん使用の仕方によっては前後することはありますが、長期間エンジンをかけることなく放置していた場合はバッテリー切れを起こしている可能性もあります。2年以上エンジンをかけていないときはほぼ切れていると考えて良いでしょう。突然不具合を起こす前に交換した方が賢明です。

交換しなければいけない電圧の目安は?

エンジン停止時は12.5Ⅴ以下

エンジンが停止していて指導するときに12.5V以下であった場合はそろそろ交換の時期です。

12Vでもエンジンは普通にかかりますし、走行もできるのですが何かの拍子で不具合が起こる可能性が非常に高くなります。

エンジン始動中は13V以上

エンジンを始動してある程度の時間が過ぎても13V以下であった場合はすでにバッテリーが限界にきている可能性があります。

これは正しく充電を行える容量が小さくなっていることを意味しており、一般的には「寿命」と言われる状態です。

 

電圧は自分でもチェックできる

車のバッテリーの電圧は普通に運転しているだけでは確認することができません。

もちろんバッテリーの異常を知らせる計器もあるのですが、これは異常を知らせるだけでバッテリーの電圧を教えてくれるものではありません。

突然エンジンがかからないというような不具合を回避するには普段からバッテリーの電圧を測定しておく必要があります。

車のバッテリーを電圧計を使って測定するときはエンジンを切った状態とエンジンを始動しているときの2つのパターンで測定しましょう。

不注意に行うとケガや感電の恐れもありますので慎重に行う必要があります。ゴム手袋をつけて正しくリード棒を使用して測定するようにしましょう。

電圧計は車用品の専門店で購入することができます。また、インターネットでも気軽に購入することができます。

それほど高価なものではなく、2000~3000円前後のものが多くなっています。それほど巨大なものではありませんので場所を取るということもないでしょう。

電圧以外でのチェック方法は?

セルを回す力が弱い

バッテリーはエンジンをかけるときに非常に強い負荷がかかります。

バッテリーの電圧が落ちているとそのパワーも弱まるために、エンジンがかかりにくくなります。セルが思うように回らず、エンジンがかかりにくいと感じたときにはバッテリーに問題があると言えるでしょう。

パワーウィンドウの開け閉めに時間がかかる

バッテリーが弱くなると電気系統すべてのパワーが落ちてきます。スピードメーターなどの計器が正常に作動しなかったり、パワーウインドウの開けたり閉めたりするスピードが遅くなりもします。「いつもとスピードが違う」と違和感を感じたらバッテリーに問題がある可能性があるのです。

夜間にヘッドライトが暗く感じる

バッテリーとライトは深く関わっています。

夜間走行中にライトが暗いと感じたらバッテリーの電圧が低下している可能性がありますし、停車中にライトを消し忘れたりしているとバッテリーが切れたりすることもあります。ライトの異変はバッテリーの異変につながっていることを知っておきましょう。

おすすめバッテリーを紹介

GS YUASA EL-M-42R/55B20R

これまでのGSユアサバッテリーと比べると約2~3倍の寿命にすることに成功した長寿命のバッテリーです。また、「ULL構造」とカーボン量の最適化に成功し、耐久性や充電回復性能を飛躍的に高めたことによってアイドリングストップ車にも搭載することができるようになっています。通常車であれば「36ヶ月もしくは10万kmの保証」アイドリングストップ車であれば「18ヶ月もしくは3万kmの保証」がついています。

Panasonic アイドリングストップ車+標準車対応 N-M55/A2

アイドリングストップ車に使用できる高い耐久性と性能があり、通常車にも使用することができます。寿命が長いだけでなく、接合部などが強化されていることで腐食断裂による爆発事故の可能性を抑えることに成功しています。また、距離制限なしで2年の保証がついているのも安心です。

GS YUASA バッテリー EL-Q-85/90D23L

長い寿命はもちろん、持ち運ぶのにも便利な設計がされており見た目もおしゃれです。アイドリングストップ車にも対応しており、汎用性も高くなっています。エコを意識したバッテリーで、電槽と蓋には再資源化した樹脂が用いられています。

HITACHI アイドリングストップ車&標準車対応 JP Q-85/9523L

アイドリングストップ車と標準車のどちらにも使用できるバッテリーで、「大容量」「高い耐久性」「高性能」を実現したバッテリーです。バッテリー状況が見やすくなっており、確認しやすくなっています。

Panasonic アイドリングストップ車+標準車対応 N-Q90/A2

「高速充電性能」が特に優れていると評判のバッテリーです。アイドリングストップ車に対応した電池特性によって耐久性や寿命も劇的に向上しています。もちろん標準車にも使用できるので使用用途の幅が広くなっています。

まとめ

車のバッテリーはエンジンと並んでまさに車の心臓部分です。性能に問題はないか、劣化していないかということに注意しておきましょう

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手