ヘッドガスケットが原因のオイル漏れ!気になる交換費用は?

   

オイル漏れは故障の原因になります。でもヘッドガスケットの交換にはいくらかかるのか気になります。早く対処すればそれだけ費用も抑えられますね。

今回はヘッドガスケットの交換費用や対処法についてをご紹介いたします。

気が付きやすい外部漏れ

自動車はガソリンを燃やして走行する機械である事、車を動かすには様々な部品に摩擦を生じます。

そこで摩擦を軽減するためにオイルを使いますが、オイル漏れは一つではありません。一つは内部漏れというタイプでもう一つは外部漏れというものです。

内部漏れはどこからオイルが漏れているのか特定しにくいものですが、外部漏れの場合は外側でオイル漏れが生じているので比較的発見しやすいオイル漏れでもあります。

そしてオイル漏れにはオイル上がりとオイル下がりがあります。特に内部漏れの場合は年式が古いタイプの車両で起こりやすいので、定期的に点検を行う方が車のエンジンが傷まなくて済むでしょう。

またオイルが減った事がわからない部分もあるのでどこから漏れているのかを特定するのは非常に重要です。

ヘッドガスケットとは?

ヘッドガスケットとは何かというと、シリンダーブロックとシリンダーヘッドという部分に使われているガスケットです。

ガスケットについて簡単に説明すると、気密性や液密性をもたせるために使用します。ゴム製で薄い板のようなプレートのような形をしています。

呼び方はシールという言い方をするものもあれば、パッキンと言ったりするものもありますが、形や用途は違っても同じように液漏れしないようにするためのものです。

さらにヘッドガスケットはオイル漏れを防ぐ役割の他にも別の役割も担っています。それはヘッドガスケットの厚みで圧縮比を調節しているという役割りです。

つまりこのヘッドガスケットが劣化すると、エンジンの故障や破損などにもつながってしまいます。だからこそ定期的に点検を行い交換が必要になるのです。

ヘッドガスケットオイルが漏れる原因とは?

ところでヘッドガスケットオイルが漏れるのはどうしてなのでしょうか?簡単にお話ししましょう。ヘッドガスケットオイルが漏れる原因はゴムの劣化によるものが主な原因です。

古くなってくるとゴムが劣化してしまい本来の働きができなくなります。するとオイルが減少してしまうので、燃焼室がダメージを受けてしまうのです。

当然オイルが減ってしまう事によってエンジンが焼き付きを起こしてしまうので、それだけ修理にかかる費用も修理にかかる時間もかかる事になってしまうわけです。

少しくらいオイルが減ってしまったというのであれば、オイルを追加してオイルが少なくなって焼き付きを起こしてしまわないように対処する事ができるのでしょう。

という事でオイル漏れがわかった時の対処法をご紹介いたします。

オイル漏れの対処方法について

ここでは具体的なオイル漏れの対処法をご紹介いたします。

オイルの継ぎ足し

一番簡単な対処法としてはオイルを継ぎ足すというやり方です。オイルが漏れてしまう事でエンジンにダメージを受けてしまうのを防ぐには、漏れた分だけ継ぎ足しをしてあげれば良いのです。

それに新品のオイルは粘性が高いので簡単にオイル漏れはしません。もちろん定期的に交換する方が良いのですが、

この方法で一時的にオイル漏れが減少したり止まったりするので、できるだけ早い段階でオイルの継ぎ足しをして、それでもオイル漏れしてしまう場合には修理などに出すと良いでしょう。

エンジンオイル漏れ防止剤の使用

エンジンオイルが漏れないようにするための対処法としては、定期的にオイル漏れ防止剤を使用してみるというのも良いでしょう。

普通のエンジンオイルとの違いは添加剤が入っているという点が大きな違いでしょう。添加剤が入っているとその添加剤がオイル漏れを起こしている部分を補修してくれます。

と言っても恒久的にというわけではなく、一時的なものなので一刻も早くオイル漏れを修理工場などで見てもらい、部品の交換などを行いましょう。

大量のオイル漏れは走行しない方がいい!

もしも車の下からオイルが漏れているといった場合はオイルを継ぎ足ししても、添加剤が入っているオイルを使っても意味がありません。

破損しているから漏れているのですから大量に漏れている場合はすぐに修理に出しましょう。万が一その状態でも継ぎ足しなどをして走っていたら、危険な状況に陥らないという保証はありません。

事故を起こしてしまうかもしれませんし命に係わるような問題が起こらないとも限らないのです。いずれにしても修理費が気になりますのでご紹介いたします。

ヘッドガスケット交換にかかる費用は?

まずはヘッドガスケットの交換にどのくらいの費用がかかるのかについてご紹介しましょう。

まずヘッドガスケット自体は3,000円程度の部品なのでそんなに費用がかかるとは言えません。でも問題はヘッドガスケットがある場所です。

ヘッドガスケットを交換するためにはまず、ヘッドとブロックを分割させるために、タイミングベルトやマニホールドをきる必要があるのです。

交換にかかる時間も手際が良くても5時間はかかります。すると工賃だけで3万円前後かかってしまうのです。

当然タイミングベルトも交換して冷却水やオイルも新品にします。合計すると部品代と工賃を足すとおよそ6万円もかかってしまうのです。

これは最低ラインの工賃で、もしももっと状態が悪かったらもっと工賃や部品代が加算されていくでしょう。なのでエンジンの状態の事を考えると最大で15万くらいはかかる可能性があると思っていいでしょう。

交換が大変だからこそ古いタイプの車を購入する時には注意が必要なのです。かといって放置してはいけません。

オイル漏れには早めの対処を!

ここではオイル漏れを放置するとどうなってしまうのかをご紹介いたします。

漏れたオイルが発火

オイル漏れをそのまま放置していると、漏れたオイルがマフラーなどに付着する事があります。マフラーに付着したオイルはマフラーの熱によって燃え始めます。

少量でもかなり焦げ臭い臭いがするのですぐにわかるはずです。燃えたオイルが原因で車から火が出るなんて事も無いとは言い切れません。

もしもそんな事が起こったら乗っている人の命に危険が及びます。焦げ臭い臭いがするとかマフラーから白煙がでているという場合はすぐに点検をお願いすると良いでしょう。

エンジンの焼き付き

オイル漏れを放置しているとどんどんオイルが減ってしまいます。オイルはシリンダーなどの摩擦を防ぐ働きがあるのにオイルが減ってしまうのですから、エンジンの中はかなり高い温度になってしまうでしょう。

するとエンジンの中で焼き付きが起こります。万が一エンジンの焼き付きが起こってしまったら、エンジンの修理またはエンジンを交換しなくてはならなくなりますので、

結果的にオーバーホールや廃車しなくてはならなくなる事もあるのです。なるべく早く点検や修理を行いましょう。

まとめ

今回はヘッドガスケットとは何か?ヘッドガスケットが関わるオイル漏れの原因、そしてオイル漏れの対処法やヘッドガスケットの交換にかかる費用についてをご紹介いたしました。

この記事がオイル漏れでお困りの方のお役に立てれば幸いです。

【EU用】記事終わりCTA_22/09更新

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す