白ナンバートラックとは?緑ナンバートラックとの仕事内容の違い

   

日本を走るトラックには、白ナンバーと緑ナンバーのトラックが走っています。

トラック運転手をしている中でも、何故トラックに白ナンバーと緑ナンバーがあるのかご存じない方も多いのではないでしょうか。

そこでここではトラック運転手を目指す際に役に立つように、白ナンバートラックのことについて詳しくお伝えしたいと思います。

白ナンバートラックと緑ナンバートラックの違い

白ナンバートラックとは?

白ナンバートラックとは、「自社の荷物以外を運んで運賃を得てはいけないトラック」です。

車両の用途は「自家用」となり、人員や荷物を運ぶ運賃で利益を得ることができないため、運んだ商品を売ることで利益を得ます。

そのためメーカーや工場が自社製品を搬入する目的で使用することがメインとなり、「自社便」とも呼ばれます。

緑ナンバートラックとは?

緑ナンバートラックは「営業ナンバー」とも呼ばれており、他者から依頼を受けて荷物を運ぶことで運賃を得ることのできる「運送業」のトラックです。

バスやタクシーなども人を運ぶことで運賃を得ているので、緑ナンバーです。車両の用途は「事業用」となります。車体に運送会社名を入れて不特定多数に向けて宣伝することができます。

白ナンバートラック運転手と緑ナンバートラック運転手の違い

雇用形態

白ナンバートラックの運転手は、車両を所有するメーカーなどから直接雇用されています。

緑ナンバートラックの運転手は、車両を所有する運送会社に直接雇用されています。

どちらの場合も、必ずしも正社員とは限りません

業務内容

白ナンバートラックの運転手は、自社の商品を運ぶ仕事だけでなく、社に戻ってから他の仕事をすることもあります。

緑ナンバートラックの運転手の仕事は顧客によって様々ですが、基本的には荷物を運ぶことが仕事です。

給与、賞与

白ナンバートラックの運転手は緑ナンバートラックの運転手に比べて、一般的に年収が高い傾向にあります。

メーカーなどの場合は製造担当者と同等の雇用条件であることも多く、昇給があるだけでなく賞与も見込まれるためです。

白ナンバートラックはどこで使われているの

建設業

建設業における白ナンバートラックは、主にダンプです。

運賃を得る緑ナンバーのダンプもありますが、白ナンバーのダンプは運賃ではなく、運んだ土砂や砕石などを販売することで利益を上げています。

ダンプの場合はメーカーなどとは違って日給月給制のところも多く、自社製品を扱っているわけではないので仕事も不安定になりがちです。

製造業

製造業の白ナンバートラックは、自社製品を運ぶために使用されます。

工場から顧客や倉庫、加工会社などへの配送がメインとなりますが、中には「午前中は生産、午後は配送」といったスケジュールもあります。

メーカーの社員という場合が多いので、昇給や賞与も見込めますし、運送業務ができなくなっても生産ラインへの異動も有り得ます。

食品加工業

食品加工業の白ナンバートラックは、トラック運転手としての雇用ではなく社員が配送を担うケースが多く見られます。そのため配送先への営業要素が絡むこともあります。

業界にもよるので一概にはいえませんが、昇進の過程で配送業務を担当するケースもあります。メーカーの社員と同等の条件での雇用が多く、昇給や賞与も見込めます。

農業、林業

農業や林業の白ナンバートラックは、作物や木材を商品として運搬するために使用されます。

多くは農業や林業に従事している人が運転手をすることになり、運転業務のみとしての求人はまずありません。

天候などに左右されやすい業界ではありますが、自然に囲まれてやりがいのある職だと感じている人の話もよく聞かれます。

廃棄物収集運搬業

廃棄物収集運搬業の白ナンバートラックは、主に平ボディのトラックか、ゴミ収集車のようなパッカー車での業務となり、運搬そのものよりも収集と処理がメインになります。

行政と契約しているような会社であれば安定した働き方ができますし、地域に貢献できているという実感を持てます。その反面、年間休日が少ないことがデメリットです。

白ナンバートラックで行うと違法になること

白ナンバートラックでは営業行為が認められていないため、他者から依頼された荷物を運んで運賃を徴収することは、違法行為にあたります。

個人事業として特定の会社との請負契約という形なら可能ですが、車体に「○○運送」などの社名を入れて走行することは、不特定多数に向けた営業行為にあたりますので出来ません。

もちろん自社製品を運ぶためのトラックであれば、社名を入れた看板を掲げることができます。意外かもしれませんが、山崎製パンは配送を自社で行っており、大型トラックであっても白ナンバーです。

引越し業者が繁忙期に車両が足りないために一時的に白ナンバーのレンタカーを使用することは、運輸支局に届出をすれば可能となります。

まとめ

白ナンバートラックにも緑ナンバートラックにも、それぞれのメリットやデメリットがあります。

トラック運転手として働くことを求めるならば、運送業務がメインとなる緑ナンバーのトラックに乗るのが一番です。

メーカーの社員などの安定を求めるのであれば、白ナンバートラックの運転手も視野に入れてみることで、就職先を選ぶ幅を広げることができます。

自身の希望に沿った理想の仕事に出会えるよう、じっくり検討してくださいね。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

[企業様はこちら]ドライバー採用媒体で業界トップクラス|無料で面接可能!

ドライバージョブ
ドライバージョブは、ドライバーに特化した採用媒体で、以下のような実績があります。
・月間3,000名、累計25,000人のドライバーからご登録。
・累計500社以上の企業様とご契約。
・中小~大手運送会社まで、幅広くご利用。

例)
㈱丸和運輸機関
㈱都市環境エンジニアリング
㈱トライマテリアル
カンナナ流通運輸㈱
シグマベンディングサービス㈱
神奈川臨海通運㈱
㈱ヤマガタ
中央通運㈱
㈱ロンコ・ジャパン
㈱ウインローダー
㈱アクシスネットワーク

料金・サービス詳細はこちら >>

 - トラック運転手