大型トラックの早い洗車方法とは?洗車グッズ・洗車機もオススメ

   

大型トラックのような大きな車の洗車は大変で、洗うのが面倒だと感じていませんか?

大型トラックの全長は12m近くもありますが、大型トラック運転手の方がどのような方法で洗車し、どんなアイテムを使って効率的に洗車しているのか気になるのではないでしょうか。

そこでここでは、大型トラックの洗車の方法やあると便利なアイテムまで、詳しくご紹介していきたいと思います。

大型トラックの洗車は基本手洗い

大型トラックは、洗車機に入らないサイズである場合に手洗いをすることとなります。

真冬でも真夏でも、早朝や勤務後にトラックを洗車するのです。

また、一昔前の洗車機では、車体に傷が付くなどのトラブルが起こったため、敬遠するドライバーもいました。

物理的な問題もありますが、長時間走るトラックを相棒のような感覚で大切に洗うドライバーも多いです。

様々な理由で、大型トラックは手洗いが一般的であるといえるでしょう。

大型トラックの洗車のやり方

基本的な大型トラック洗車方法を、順を追って説明いたします。

最初に砂などを流す

大型トラックの汚れは、砂や雨、鳥のフン、水垢や虫など様々です。

これらの汚れは、塗装にも大きなダメージを与え、サビの原因にもなります。

洗車の最初に、目に見える砂などの汚れを流します。まずは、水で流し、水圧では落とせない汚れは擦って落としましょう。

基本は上から下へ

基本的には上から順番に洗い、天井から側面、最後にタイヤです。

トラックの下から洗うと、天井や側面を洗った水や汚れが付き、再度洗わなければなりません。

まず、スポンジやブラシを使用して、天井と側面の汚れを流します。

汚れが目立つ場合でも強い力でこすらず、少しずつ落とすことが重要です。強い力でこすると、コーティングが落ちる原因となります。

スポンジを使用して、車体には力を加えずに汚れだけを擦るようなイメージで洗いましょう。

汚れのひどい足回りは最後

最後の足回りは、特に汚れが目立つ部分です。

ホイールの細かい汚れもきれいにすると、全体の仕上がりの印象も異なります。

上から流れてきた汚れと一緒に、最後に洗い流しましょう。

大型トラックをガソリンスタンドの大型洗車機で洗ってみよう

ガソリンスタンドで大型トラックを洗車した場合の料金は、1回およそ1,000円前後です。

洗車機で洗う場合、細かい部分の汚れまで落とすものではなく、全体に洗剤をかけて勢いよく洗います。

そのため、ホイール部分などの細かい掃除はできないケースが多いです。しかし、格安料金、かつ短時間で目立つ汚れは落とせるため、効率的ではあります。

また、現在の洗車機は技術が向上しており、車体を傷つけることもありません。全体が汚れてしまった場合や、自分で洗う手間を少しでも省くためには有効です。

洗車時にあると便利なアイテム

次に、自分で洗車する場合にあると効率よく洗車が進められるアイテムをご紹介いたします。

撥水シャンプー

洗車をした直後に、雨水で汚れてしまう事を防ぐ効果が期待できます。

撥水シャンプーは雨を弾き、洗車した直後の綺麗な状態を維持できるのです。

一定期間は効果が持続するため、その後の洗車の時間短縮にもつながります。

洗車グローブ

一般的なタオルではなく、手に付けるグローブであり、非常に使い勝手が良いことが魅力です。

隅々まで綺麗にできることや、タオルよりもスピーディーに洗車できる点もメリットでしょう。

大型トラックは洗う部分が非常に多いため、少しでも効率良く進めることは重要です。

また、直接手に付けていると力加減の調整もしやすく、車体を傷つけることも防げるのではないでしょうか。

洗車ブラシ(伸縮タイプ)

洗車ブラシは、伸縮タイプがおすすめです。ホコリやちりなどの汚れは、洗車ブラシで一気に落とします。

伸縮タイプのブラシは、手の届きにくい場所も洗いやすく、非常に便利なアイテムです。

軽量化されており、手首や腕にも負担がかかりにくい商品が多いため、1つ持っておくと便利でしょう。

大型トラック運転手はどの位のペースで洗車しているのか

大型トラックの運転手は、基本的に毎日洗車をしています。

運送会社の看板を背負って走るため、こまめに洗車をしなければなりません。

業務の一環として割り切って行う人もいますが、手間がかかることも事実です。

運送会社によっては洗車手当が付く場合もあります。事前に確認をしておきましょう。

キレイなトラックは荷主からの評価にもつながる

毎日洗車をしており、キレイにコーティングされたトラックは、見栄えも良いものです。

荷主からすれば、顧客へ配達に行くトラックはキレイに越したことはありません。汚れたトラックでは、信用を失いかねないためです。

トラックを洗車してキレイにしておくことで、荷主からの評価も高くなり、気持ち良く仕事をする事に繋がるでしょう。

まとめ

大型トラックは、一般の自動車と比較をして走る時間も距離も長いため、車体のケアは大切です。

多くのトラック運転手が、自分の仕事道具であるトラックをきれいに保っています。きれいに洗車をするためのポイントは、上から下へ洗車を進めることです。

洗い方のポイントを確認しておくと、車体を傷つけることもなく、満足のいく仕上がりになりますので、大型洗車機や洗車アイテムを使用して、効率良く洗車をする工夫も行いましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント 公式サイト >>

【3位】 マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's 公式サイト >>

 - トラック運転手