中型トラックのタイヤ交換はお店でやる?自分でやる?費用や交換方法を解説!

   

中型トラックのタイヤ交換は、初めての方はどう交換すればいいか分かりませんよね。また、1度交換した方にとっては、お店に頼まなくても自分でできるのでは?と思う人もいるかもしれません。

自分でタイヤ交換は可能なのか?お店に頼む場合はどのくらい費用がかかるのか?ここでは、中型トラックのタイヤ交換の疑問について解説します。

中型トラックのタイヤ交換について

それでは、中型トラックのタイヤ交換の必要性や交換時期の目安などを見ていきましょう。

タイヤ交換の必要性とその目安

タイヤが劣化したままの状態で使用すると、タイヤにひびや傷が入り、バーストの原因に繋がります。さらに走行を続けることでタイヤに負荷がかかり、ひびや傷から破裂する恐れがあります。

トラックのタイヤの使用期間は、最長でも五年のため、車に異常がなくても使用期間が過ぎれば安全のために交換しましょう。

使用期間も大切ですが、走行距離によりタイヤの劣化具合も変化します。日頃からセルフチェックを怠らず、タイヤの状態を知ることが大切です。

タイヤ交換はどの車も同じ方法?

タイヤ交換の方法はどの車も大きな変わりはありません。

しかし、JIS規格(日本の国土交通省が制定した規格)とISO規格(世界各国で使用されている規格)では、ナットのネジ方向が変わります。JIS規格は運転席の方向、ISO規格は左方向に回します。

逆方向に回すと、ホイールやボルトが破損するので自分の車がどちらの規格かは把握しましょう。

節約するなら自分で交換することも!

タイヤ交換は自分ですることも可能です。自分で行うことにより、節約にもなりますし、車への愛着も増します!

必要な道具と交換する方法をご説明いたします。

自分で交換する時に必要な道具は?

自分で交換するときに必要な道具は、換えのタイヤ、ジャッキ、レンチ、ナットの四つです。タイヤは車種により種類が違います。

ドアを開けた場所とタイヤ本体に、英語と数字が組み合わさったものが書かれています。それがタイヤの品番なので同じものを購入しましょう。

ジャッキは車に常備されているものではなく、油圧ジャッキを購入したほうが、タイヤ交換をスムーズに行うことができるのでおすすめです。

レンチは先端が曲がっているものを使用することで、薄いホイールキャップも割れずに取り外せます。

ナットは緩むと大きな事故に繋がる恐れがあるので、タイヤを換える際に新しいものに換えることをおすすめします。

自分でタイヤ交換をする方法

タイヤの位置確認をし、サイドブレーキをかけます。次にタイヤのホイールキャップを外し、ナットを少しだけ緩めましょう。

ジャッキで車体を持ち上げ、ナットを外しタイヤを交換します。交換が終わればナットを締め、ジャッキを降ろします。ナットを締める際に、新しいナットに交換すると良いです。

最後に空気圧をチェックして、問題がなければタイヤ交換の終了です。

できるだけ安いタイヤを見つけるには

タイヤの金額は1万円程度のものから5万円程度のものまで存在しています。タイヤのなにが違うのかわからない方も多いかと思いますが、その違いを説明いたします。

安いタイヤと高いタイヤの違いは?

安いタイヤと高いタイヤの違いは、輸入タイヤか国産タイヤの違い、型落ち・年落ちしているもの、実店舗価格か通販価格の違いです。安いタイヤでも充分に使用できますが、やはり品質や保ち、性能は疎かになります。

安くて良いタイヤを購入するには

タイヤ取扱店では、年に2回程、在庫処分のためセールを行います。セール時期を狙うことで、実店舗価格のものを安く購入でき、店員さんに見てもらうことで、品番の間違いを防ぐこともできます。

通販で購入するのもおすすめですが、品番は間違わないように確認しましょう。

お店で交換する場合の費用と時間とは

では、お店でタイヤ交換する場合はどのくらいかかるのか気になるところですよね。具体的な費用を見ていきましょう。

中型トラックのタイヤ交換にかかる費用とは

タイヤは、ディーラー、カー用品店、整備工場、タイヤ専門店、ガソリンスタンドで交換することも可能です。

タイヤ一本の交換費用はディーラーが一番高く、ガソリンスタンドが一番安く、平均は3000円程度です。安く購入したタイヤを業者に持ち込むことも可能です。

しかし、持ち込むことにより安くなる場合や高くなる場合、または持ち込み禁止の場合もあるので、事前に業者に確認しましょう。

タイヤ交換にはどのくらいの時間がかかる?

プロの方に任せば、4本全てのタイヤを交換したとしても30分前後で終了します。お店に入り、手続きの時間を含めても1時間前後で終了するでしょう。

まとめ

以上、中型トラックのタイヤ交換について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?最後に、タイヤ交換についてまとめておきますので、是非タイヤ交換の参考にして下さい。

・タイヤ交換の期間は最長5年
・自分でもタイヤ交換は可能
・お店で依頼する場合は、3000円程度

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手