大型トラックの維持費はいくらかかる?税金や経費を節約するコツを紹介!

   

大型トラックを所有するためには、税金や保険など、維持費がかかりますよね。そこで、大型トラックにかかる維持費と、節約するためのポイントについてご紹介したいと思います。

大型トラックの維持費とは

大型トラックの維持費には、税金や保険料に加え、車検、ガソリン、消耗品にかかる費用も含まれます。税金は一年に一度払う義務があり、以下の三つを基準に料金が変化します。

  1. 最大積載量
  2. 最大乗車定員
  3. 環境配慮型税制

その他、保険料やガソリンは毎月必要です。まとまった金額を毎月払うのは大変ですが、節約することも可能です。毎月少しの額の節約でも、年間にすると大きな節約になります。

トラックの車検は乗用車と違い一年に一度受ける必要があります。車検とは、車の保安のため法に基づいて受ける検査のことです。車検を受けなければ”無車検車運行”となり、処罰が下されるので必ず受けましょう。

大型トラックにかかる税金

それでは、大型トラックを持っているとどういった税金がかかってくるのでしょうか?

年に一度の自動車税を支払う時期はいつ?

自動車税は、4月1日午前0時に都道府県が自動車の所有者・使用者に対して課税します。納付書は5月上旬に届き、納期は毎年5月31日です。5月31日が土日の場合は、翌月曜日までの納期です。しかし、青森県と秋田県は例外で、6月上旬に届き、6月30日までと1ヶ月ズレがあります。

1t、1.5t、2tで金額はどのくらい変わる?

  • 1tトラックの場合、営業用は6,500円、自家用は8,000円
  • 1.5tトラックの場合、営業用は9,000円、自家用は11,500円
  • 2tトラックの場合、営業用は11,200円、自家用は16,000円

自動車税として集金された税金は、地方自治体を通して道路の修繕などに使用されます。生活する上で必要な各種サービスの流通・物資の運送など公的な活動をしてる営業用トラックの税金は、自家用トラックより安く設定されています。

大型トラックにかかる必要経費

それでは、税金以外にどういった経費がかかってくるでしょうか?

車検にはいくらかかる?

大型トラックの車検には、法廷費用と点検・整備費用の二つの費用がかかります。法廷費用には、申請手数料・自動車重量税・自賠責保険料の三つが含まれ、申請手数料は新規登録700円、自動車重量税は年数、車両総重量、営業用か自家用かで差があり2,800円〜18万2700円と幅があります。自賠責保険料はおよそ9万円〜14万円です。

法廷費用に加えて点検・整備費用が加算されます。点検・整備費用は車検を受ける場所により変わりますが、大型トラックの場合12万円前後は必要です。

車を維持するのに必要な消耗品ってなに?

車を維持するための消耗品は、エンジンオイルやラジエーター駅、デフオイル、ブレーキオイル、タイヤ、バッテリーなど、たくさんありますが、走行距離で消耗される量が変わります。

走行距離があまりなくても年数が経てば古くなるので一年に一度は自己点検しましょう。

大型トラックの維持費を節約するコツ

大型トラックの維持費には、税金や経費などで多くかかってきますね。そこで、維持費を可能な限り節約するコツを解説します。

重量の違いで税金が変わる

大型トラックの税金は最大積載量により変動するので、最大積載量を少なくすることで税金の節約になります。極端に減らす必要はなく、2tをわずかに越えるものを2t車に変更するだけでも税金は変わります。さらに、最大積載量を少なくすることで自賠責保険料も安くなります。

エコカー減税を利用する

エコカー減税とは、環境に優れた性能をもつ自動車を使用することで自動車重量税・自動車取得税が減税される制度のことです。また、エコカーは燃費もいいので、ガソリン面でも大きな節約になります。

燃費が良いトラックに買い換える

同じトラックでもメーカーの違いや、タイヤで燃費が変わります。一定の速度で走ることも、燃費向上に繋がります。そしてタイヤは低燃費タイヤを使用することで、1%〜4%の燃費が改善されます。

燃費が良いメーカーのトラックに買い替えるのは難しい…という方はタイヤだけでも変えてみてはいかがでしょう。

買い替えの際にはナンバープレートにも着目

ナンバープレートに書かれている三桁の数字の一番左側の数字には意味があり、トラックは1と4が書かれているのが大半です。書かれている数字が1か4で、支払う税金も変わるので買い替えの際は着目してください。

4ナンバーを選ぶと維持費が安くなる

1ナンバーは用途が貨物である以外の条件はないですが、4ナンバーはサイズと排気量にも条件があります。サイズは全長4.7m以外、全幅1.7m以下、全高2.0m以下であること、排気量は2,000ccであることが条件です。

4ナンバーであることで、自賠責保険料・任意保険料の削減、高速道路の料金が値下げされるので、購入する際は着目しましょう。

まとめ

いかがでしたか?毎日乗車する人もそうでない人も、維持費はかかります。軽自動車などに比べて大型トラックはさらに維持費が高くなります。毎月、毎年支払わなければいけないので少しでも削減できるように節約しましょう。

車検や消耗品の交換は多額の費用がかかりますが、安全に乗るためには必ず必要です。車検の他に毎日乗る際に自己点検することで、費用のかかる修理を事前に防ぐことも可能です。大型トラックを購入した方、これから購入する方のご参考になれば幸いです。

経営者/採用 担当者様へ|ドライバー採用したい方は必見!

「求人媒体にお金を払ったのに1人も応募がなかった...」
「今すぐドライバーを採用したい!」
などを感じている方は、ドライバージョブという人材紹介サービスがオススメです!

ドライバージョブは以下のような特徴があります。
1.完全な成果報酬型で、確実にドライバーを採用
採用が決まって初めて費用が発生するサービスとなっております。

2.無料面談設定を、大量かつ迅速に提供
多くのドライバーが集客出来ているため、無料の面談設定をスピーディーに実施することが可能です。
契約後、1週間以内に採用まで繋がった実績もあるようです。
※とある法人様の一例となります。

3.手間をかけずに、良質な求職者様を採用
キャリアパートナーが転職背景を詳細にヒアリングするため、相性のいい求職者のみ、ご紹介することができます。

このような特徴から、現在では全国のドライバーを採用したい会社(一般貨物/産業廃棄物/バス/タクシーなど)から、お問い合わせが常に来ているようです。
もしご興味がある場合は、以下のページから無料の資料ダウンロードをオススメします!

無料 資料ダウンロードはこちら >>

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手