大型トラックの制動距離はどのくらい?ブレーキのコツや注意点

   

大型トラックは普通車と制動距離が違うため、普通車の感覚で運転していると大きな事故に繋がる可能性もあるので十分注意が必要です。

今回は大型トラックと普通車の制動距離の違いや、大型トラックを運転する際に知っておきたい制動距離を踏まえたブレーキのかけ方について詳しく紹介します。

大型トラックの制動距離とは?普通車とこんなに違う!

制動距離は、ブレーキが効き始めてから車が止まるまでに走る距離のことです。

この他に「空走距離」「停止距離」というものもあり、それぞれの意味合いをしっかりと把握する必要があります。

空走距離とは、運転手がブレーキを踏んでから実際にブレーキが作動するまでに走る距離のことで、制動距離と空走距離をあわせたものが停止距離になります。

高速道路などを走っている際の制動距離は、大型トラックは普通自動車の倍ほどの制動距離が必要になります。

制動距離はブレーキの正常な作動率、天気、路面の状態、タイヤの空気圧や溝の深さなどによっても大きく変化しますが、もっとも大きい理由は車の「重量」と「スピード」です。大型トラックは、ここが普通自動車よりも大きいために制動距離も長くなってしまうのです。

さらに運転手が集中していなかった、わき見運転をしていた、居眠り運転していたという事情が加わると空走距離が長くなるために車が止まるまでの距離はさらに伸びることになります。

大型トラックの制動距離は荷物や路面状況にも左右される

まず制動距離は、車の重量やスピードが影響します。ということは大型トラックの場合、どれくらい荷物を積んでいるかにもよって制動距離は変わるということになります。

過積載、つまり荷物を積み過ぎている状態ではブレーキの効きが悪くなり、制動距離が長くなってしまって危険です。

特に下り坂やスピードを出し過ぎている状態では、過積載のトラックはブレーキの負担が非常に大きくなり、加熱されすぎてブレーキが効かなくなるというフェード現象が起こることがあります。

では逆に積荷を何も積んでいない状態ではどうでしょうか。低速で走っている時には、荷物を積んでいない状態だと制動距離が短くなります。

しかし、高速で走っているときには、ブレーキとなる重りがない分だけ制動距離が長くなってしまうことがあるのです。

大型トラックの制動距離が一番短くなるのは、実は「定量を積載している状態」なのです。

また、路面の状況によっても制動距離が変わります。雨などで路面が濡れているときにはスピードやタイヤの状態にもよりますが、路面が乾いている時よりも1.5~2倍ほど制動距離が伸びることになります。

制動距離が長くなりやすい大型トラックを安全に走行させるコツ

「道路構造令の運用と解説」によると、

「縦すべり摩擦係数fの値は、タイヤ条件(タイヤゴム質、路面模様、タイヤ内圧及び接地圧、輪荷重、タイヤサイズ等)、路面条件(路面の種類、骨材の性質、結合材の材質および量とその状態。路面の粗さ、路面の異物、乾湿、路面温度、季節による変化)、および制動条件(制動時の速度、ペダルの操作状態)などによって異なる。」

とあります。

つまり、

  • スピードを出し過ぎない
  • 過積載の状態にしない
  • タイヤを良い状態に保つ
  • 天候(雪など)に合わせたタイヤを使用する
  • 路面が濡れている時、下り坂、スピードがある程度出ている時には特に注意する

ということが制動距離を短くし、安全に大型トラックを運転するポイントなのです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

マイナビエージェント

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東以外
・年齢:30~40代以上
・経験:経験者にオススメ

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント 公式サイト >>

【3位】 マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東以外
・年齢:20~30代
・経験:未経験者にオススメ

マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's 公式サイト >>

 - トラック運転手