2tトラックの走行距離の寿命はXX年?買い替え時期の目安や査定を上げる方法ご紹介!

   

ガソリンを給油する頻度が高くなってくると、そろそろトラックの買い替えを考える時期になるものです。

買い換えるとなると手間もかかりますし、なるべくなら慣れているトラックを乗り続けたいと思う人も多いのではないでしょうか。

そこで、2tトラックの寿命と買い替えの目安についてご紹介したいと思います。

走行距離の平均寿命

現代のトラックは、きちんとメンテナンスさえしていれば100万キロ以上走ると言われています。業務上の関係で日に数十キロから数百キロ走るトラックですが、そう短期間のうちに買い替えが必要な状態にはなりにくいということですね。

また、平均車齢についてですが、この点も時が進むにつれて伸びていると言われています。平均車齢とは、トラックの新規登録から抹消までの平均的な年数を意味しています。

具体的なデータを示すと、2000年時点の小型トラックの平均車齢は6年~7年ですが、2010年には9.21年というところまで伸びてきています。そのため、トラックの質が年々上がっているという見方ができるでしょう。

2tトラックの耐用年数

トラックには、耐用年数というものが定められています。耐用年数とは、使用に耐えうる年数のことであり、法廷上の耐用年数は減価償却費の算出の際に重要なポイントになりますので、きちんと把握しておくことが大事です。

そこで、新車と中古車のそれぞれの耐用年数についてご説明しましょう。

新車2tトラックの耐用年数

まず、運送事業用の大型トラックの耐用年数は、5年となっています。次に、積載量が2t以下の小型トラックの耐用年数は3年となっています。

このように、同じトラックでも、タイプによって耐用年数が異なるケースがあるのです。

中古2tトラックの耐用年数

中古車の耐用年数に関しては、一概に言うことはできません。なぜなら、中古車を購入する時点で、耐用年数が何年経過していたかという点がケースによって異なるからです。

また、耐用年数が一部経過したのか、あるいは完全に過ぎてしまっているのかによって、購入後の耐用年数の算出の仕方が異なります。

買い取りと走行距離の関係

トラックを新しいものに買い替えるケースは、当然多くあります。その際の買い取り額が重要なポイントになるわけですが、その額を左右する大きな要素は走行距離です。

走行距離が短ければ短い状態なほど、買い取り額が高くなる傾向にあるのです。そのため、走行距離を伸ばすだけ伸ばした後に買い取ってもらおうとしても、その金額は小さなものになってしまうということです。

高い金額で買い取ってもらうためには、買い替えの目安となる走行距離よりも前に査定出す必要があるでしょう。もちろん、きちんとメンテナンスしておくことは大前提です。

買い替えのタイミングとは

トラックを扱う側として踏まえておかなくてはならないのは、買い替えのタイミングですね。

買い替えにおいて適切とされる時期よりも随分前に査定に出す意味はありませんし、適切な時期を大幅に過ぎてしまってからでは、0円に近い額を提示されるかもしれません。

重要なことは、走行距離を確認しつつ、平均寿命が近くなる前に査定に出すということです。

ただし、「そのうち買い替えるからメンテンスはしなくていいや」ということだと、査定額が低くなることはもちろん、走行中に大きなトラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

そのため、定期的なメンテンスは最後まできちんと行うようにしましょう。また、ポイントは複数の業者に査定を依頼することです。

一つの業者のみに依頼すると、他の業者の査定結果と比較することができませんので、損をする可能性があるのです。なるべく良質な業者に依頼する必要がありますので、よく考えて選びましょう。

2tトラックの走行距離を伸ばすコツ

トラックの場合、基本的にはメーカー保証の走行キロ数が定められています。大型トラックの場合、50万キロ~60万キロが目安です。

ただ、メーカー保証の走行キロ数を過ぎた後も、トラックを走らせることはできます。およそ100万キロは走ると言われていますが、実際に走行できる距離については、日頃のメンテナンス次第で変わってきます。

定期的なメンテナンスはもちろんこと、消耗品の交換をきちんと行うことができれば、より長い走行距離を実現できるのです。そのため、トラックを長持ちさせたいのであれば、日頃からトラックの状態に目を向けることが大事ですね。

まとめ

トラックの平均車齢というのは、あくまでも平均です。「9年は大丈夫らしいからメンテナンスなんてテキトーでいいや!」ということだと、短い期間での買い替えを余儀なくされるかもしれません。

したがって、トラックの状態や走行距離に目を向けながら、日々きちんとメンテナンスを行うようにしましょう。トラックを大事にする気持ちを持ち続けることが非常に大切です。

経営者/採用 担当者様へ|ドライバー採用したい方は必見!

「求人媒体にお金を払ったのに1人も応募がなかった...」
「今すぐドライバーを採用したい!」
などを感じている方は、ドライバージョブという人材紹介サービスがオススメです!

ドライバージョブは以下のような特徴があります。
1.完全な成果報酬型で、確実にドライバーを採用
採用が決まって初めて費用が発生するサービスとなっております。

2.無料面談設定を、大量かつ迅速に提供
多くのドライバーが集客出来ているため、無料の面談設定をスピーディーに実施することが可能です。
契約後、1週間以内に採用まで繋がった実績もあるようです。
※とある法人様の一例となります。

3.手間をかけずに、良質な求職者様を採用
キャリアパートナーが転職背景を詳細にヒアリングするため、相性のいい求職者のみ、ご紹介することができます。

このような特徴から、現在では全国のドライバーを採用したい会社(一般貨物/産業廃棄物/バス/タクシーなど)から、お問い合わせが常に来ているようです。
もしご興味がある場合は、以下のページから無料の資料ダウンロードをオススメします!

無料 資料ダウンロードはこちら >>

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手