「バラ積み」「直積み」「宵積み」の意味とは?運送用語の定義を解説!

   

トラック業界には荷物を積む作業がありますが、この作業にもいくつかの用語があり、その用語ごとに積み方もきわってきます。この用語はよく使われるため、知っておく方がいいでしょう。

そこで、「バラ積み」「直積み」「宵積み」の3つの積み方の用語と一緒に覚えておくと便利な用語もご紹介します。

「バラ積み」の意味とは

バラ積みとは、手作業で荷物を積み込むことを指し、主に平ボディなどのトラックで行われることがほとんど。

実際にバラ積みを行うときは割れ物があるかどうか、

  • 「上積み厳禁」
  • 「天地指定」

などといった荷物の確認が必要となることや、重い荷物を下に軽い荷物を上に置くという工夫が必要になります。

「バラ積み」のメリットデメリット

バラ積みのメリットは荷物を隙間なく積み込むことができるため、何といっても積載率が上がることでしょう。

また、パレット積みの場合は間に緩衝材などを挟まないと荷崩れを起こすというリスクが存在しますが、バラ済みは荷物を詰め込むことができるため、荷崩れのリスク少なくなります。

反対にデメリットは、積み込みに時間がかかるということでしょう。特に大型トラックにバラ積みをしようとすると気が遠くなりますよね。

合わせて知りたい「パレット積み(パレ積み)」とは

木製などで作られた正方形や長方形の荷物置きの板で、フォークリフトの爪が入る穴が空いています。ここに荷物を並べて、トラックに積み下ろしする際はパレットごと行います。

このときパレットはかなりの重量になるため、フォークリフトやプラッターという機械で積み下ろしを行います。

「直積み」の意味とは

直積みとは「じかづみ」と呼ばれ、通常はパレットやコンテナに入れておくことが普通ですが、それができない荷物に対して床に直接積むことを言います。

特にパレットに置くと明らかに不安定になったり、はみ出たりする荷物は直積みすることが多くなります。

「直積み」はどんなときに使われる?

保管する倉庫の面積が狭い場合はパレットで入れることができません。その場合には直積みで積むことが必要になります。また、同じ荷物が少なかったり、一旦保管するがその後に移動させることがない荷物は直積みをする場合があります。

「直積み」は肉体労働

直積みはパレットを使用しない積み方となるため、重量物であってもフォークリフトを使用することができません

そのため、重量物を積み込む時も人力で行わなければならず、肉体労働であることがほとんどであるため、ドライバーがあまり好む積み方ではありません。

「宵積み」の意味とは

宵積みとは、次の朝一番に荷物を運ぶために、前日以前に荷物を引き取って積み込む方法となります。最近は宵積みしてから退社している会社も多く、運送業界では当たり前になっています。ちなみに読み方は「よいづみ」と呼びます。

「宵積み」のメリット

宵積みは配送当日の朝に慌てて積み込まなくてもいいということや、先にトラックに積み込むことでその分倉庫のスペースを空けておくことができるため、倉庫のスペースを有効活用することができるというメリットがあります。

特に最近は週休2日制になってから、金曜の夜に積み込んで月曜の朝まで2日以上預かることになるため、荷主側のメリットも非常に大きくなっています。

まとめ

トラック運転手の仕事避けては通れない荷物の積み込みについて業界で使用する様々な呼び方をご紹介しました。

トラック業界の積み込み方は様々な方法があり、用途や荷物によった使い分ける必要があります。そのため、トラック業界に転職しようと考えている人はぜひ覚えておきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!高待遇に求人を1分で無料検索(全国対応)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、ハローワークや求人誌、友達の紹介などで転職してしまっているからです。

もっと良い会社があるにも関わらず、面倒くさい・いつも使っているからという理由で、あまり求人を探さずに転職を決めてしまっているのです。

しかし、転職サイトなどはドライバー求人を専門にしていなかったり、検索条件がドライバー向きではなかったりして探しづらかったりしますよね。

そこで、私はドライバー専門求人検索出来るサイトで求人を探すことをオススメしています。

このあと紹介するサイトは、「ドライバー求人のみを扱った求人サイト」です。
※トラック、タクシー、トレーラー、ゴミ収集、フォークリフトなど運転を伴う求人

簡単な条件、エリアで検索すると、希望条件にあったドライバー求人のみを見つけることができます。

・転職したいが、忙しくて転職活動に時間をかけられない方
・初めての転職で、誰かに相談したい方
・ハローワークや求人誌の転職で失敗した方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の簡単無料求人検索サービス

ドライバー求人検索

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索/登録して見ることをおすすめします!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

 - トラック運転手