引っ越しの仕事は辛い?儲かる?気になる引っ越し屋の仕事事情とは

   

引っ越しの仕事を検討している方にとって、仕事がきついのかどうかは気になるところですよね。

よく、引っ越しの仕事は「つらい」「疲れる」「トラブルが多い」などと言われていますが、実際はどうなのでしょうか。現場に勤めている人の声を交えてご紹介いたします!

引っ越しバイトの仕事内容とは

バイトでも高収入と言われる引っ越しバイトですが、仕事の内容としては、依頼主の住宅に伺い「梱包」「搬出」「移動」「搬入」を行うのが一般的な仕事の流れです。

基本的に特殊なスキルは必要なく、作業も2人から複数人でのチームで行います。

引っ越しは「稼げるバイト」って本当?

稼げると話題の引っ越しのバイトですが、引っ越しのバイトではどれぐらい稼げるのでしょうか?実際に引っ越しバイトの時給を確認したところ、平均時給1000~1500円が時給相場ということです。

バイトの代表格であるコンビニバイトが、平均時給900~1000円程度ですので、これからみると引っ越しのバイトは稼げるバイトといっても過言ではないでしょう。

時給が高く、案件数が多い

引っ越しバイトの時給が高いという事実は、先述した通りです。また、引っ越しバイトは時給が高いということにプラスして、案件数が非常に多いというのも稼げる理由になります。

特に繁忙期である3~4月ごろになると、進学や就職、転勤などで一気に引っ越し需要が増えますので、仕事に困ることはありません。

また、引っ越し業者も人手不足のため、この時期は、先述した時給よりもさらに高い時給でバイトを雇用します。

それ以外の時期でも、引っ越しは日常的に行われていますので、引っ越しのバイトは探せばすぐに見つかり、高収入が期待できるバイトといえるでしょう。

引っ越しバイトの勤務時間はどれくらい?

引っ越しバイトの勤務時間は、基本的に8時間前後です。もちろん、作業内容によっては残業もありますが、その場合、基本的には残業代も出ますので、残業が苦にならないのであれば、収入が増えますのでおすすめです。

また、案件によっては3~4時間程度の短時間で終了することもあります。この場合、時給換算でしたら低い収入ですが、日給での案件の場合、短時間でも一日あたりの日給が支給されることがほとんどです。

そう考えた場合、時給換算にすれば相当高い時給が引っ越しバイトには期待ができます。

引っ越しバイトは大変なのか?

給料だけを考えると、引っ越しバイトは魅力的ですが、実際には大変という意見もあります。実際に引っ越しの現場に勤めている人の意見を参考にみてみると「とても辛い」や「精神的に参った」という意見が多くあるのが特徴です。

実際の口コミやリサーチを元に、引っ越しバイトが大変なのかを検証していきます。

体が痛くなる

引っ越しバイトで最も多い意見が「体が痛くなる」というものでした。引っ越しバイトは、当たり前ですが、重い家具などの運搬も必要になります。

慣れてくると家具の持ち方や運搬のコツがわかり、楽になりますが、それまでは筋肉痛との戦いです。体が痛くて動けず、仕事を休むことになったとの意見もあります。

夏は暑い、冬は寒い

引っ越しバイトは言わずもがな重労働です。夏は汗だくで荷物を運搬し、冬は凍えながら外で荷積み、荷下ろしをする必要があります。特にアパートやマンションの上層階での作業時は大変です。

エレベーターを利用できない場合、何度も何度も階段を往復する必要があります。その度に汗だくになり、冬は凍えながら作業に取り組まなければなりません。

丁寧さとスピードの両立

引っ越しバイトに求められる唯一のスキル。それが丁寧さとスピードです。引っ越しの案件によっては、一日に 複数の案件がブッキングされていることもあります。そうなってくると、まさに時間との勝負です。

しかし、慌てて荷物を運搬して荷物に傷をつけるわけにはいきません。丁寧、且つスピーディーというスキルと技術が引っ越し作業には求められます。

荷物や家に傷をつけてしまうことも

引っ越しバイトで一番多いトラブルが、運搬中に荷物や家に傷をつけてしまうことです。

運搬中は、荷物の動線上にマスキングを行い、傷がつかないようにするのがセオリーですが、それでもどうしても傷をつけてしまう可能性があります。

万が一、運搬中に家具や家に傷をつけてしまった場合、弁償の対象になり得ますので、先述した丁寧、且つスピディーというスキルはとても重要なのです。

トラックのスペースを有効利用する技術が必要

引っ越し作業に必須なのが荷物を運送するトラックです。引っ越しの荷物量に応じてトラックの大きさはチャーターされますが、それでも荷台のスペースは限られています。

家具や荷物は大きさも形もバラバラです。荷台が空いているからといって、適当に積み込んでは、傷や破損の原因になりますし、十分なスペースがあったはずなのに、積み込めないというアクシデントもおこります。

荷物の量とトラックの荷台の広さを理解し、スペースを有効活用できるスキルも、引っ越しの仕事では重要なスキルといえるでしょう。

こんな人には向きません!

なんの仕事でもそうですが、引っ越しの仕事でも向き、不向きがあります。ここでは、引っ越しに向かない人の特徴を挙げていきましょう。

遅刻常習犯はまず論外です。そして車酔いしやすい人やトイレが近い人、それにプライドが高かったり、体力に自信がない人などは、残念ながら引っ越しの仕事には向かないといえます。

遅刻は許されない

当たり前ですが、遅刻は許されません。特に引っ越しの仕事は、時間との戦いです。依頼主に迷惑がかかるのは当たり前ですが、引っ越しはチームで作業にあたります。

チームに迷惑がかかり、余計な作業を増やすことになりますので、遅刻は厳禁です。

車酔いする人

引っ越しの仕事は、荷物を搬出し、引っ越し先まで運搬する必要があります。その際、必ず運転作業が必須になりますので、車酔いが激しい人は、残念ながら引っ越しの仕事には向いていないといえます。

トイレが近い人

引っ越しの仕事はリズムも需要です。複数人のチームで作業する際、バケツリレーのように荷物を搬出、搬入していきます。その際、作業員の一人が頻繁にトイレに行っていたら、作業は中断し、リズムも崩れます。

他のメンバーにも余計な仕事が増え、時間のロスにもつながりますので、トイレが近いと自覚している人は、引っ越しの仕事は向いてはいません。

プライドが高い、汚れるのがイヤな人

引っ越しの仕事では、細かい指示が何度も下されます。それは依頼主からであったり、作業チームのリーダーからであったりと様々です。

安全、且つ確実に作業を行うにはしょうがないのですが、そのような指示が面白くない、と感じるようなら、引っ越しの仕事は向いていません。

また、引っ越し作業は汗まみれ、埃まみれ、場合によってはずぶ濡れで作業する必要があります。必要以上にプライドが高かったり、汚れるのを極端に嫌う人は、間違いなく避けた方がいい仕事です。

体が弱い人

引っ越しの仕事では、筋肉痛や腰痛は定番の傷病です。体力や筋肉が少ない人の場合、特にそのような傷病になりやすいため、体が弱い人には辛い仕事といえます。

もちろん、体力をつけるために引っ越しの仕事を行うこともありですが、それなりの覚悟を持って臨まなければなりません。

まとめ

引っ越しのバイトは時給もよく、人気の仕事ですが、そのぶん、とても大変な仕事になります。また、人の荷物を運ぶという、とても責任のある仕事です。

その分、時給は高いので、自分の適性をみて、合うようであればチャレンジしてみることをおすすめします。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバー求人検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手