「現認」「てっちん」「テレコ」の意味とは?言葉の定義や由来を解説!

   

トラックドライバーとして活動していると、普段の生活ではまず使わない専門用語が頻繁に飛び交っているのを耳にします。

そんな環境に飛び込んでスムーズに仕事を行おうと思ったら、やはり業界用語を知っておかなくてはいけません。意味をしっかり把握しておけば意思疎通もできますし、失敗やミスも防げるはずです。

この記事では、あまり使いたくない用語である「現認」「てっちん」「テレコ」という3つの用語についてご紹介します。

「現認」の意味とは

「現認」とは、配達する際、荷受人に荷物の状態を確認してもらうことを指す業界用語です。事務所を経由して荷物の送り主に連絡し、荷受人に現認してもらう許可を取り付けてから配達に向かうのが通常の流れでしょう。

「現物」を「確認」してもらうから「現認」。わかりやすいですね。

「現認」はどんなときに使うの?

ドライバーとして仕事をしていると、遅かれ早かれ「荷物が破損している」というシチュエーションに行き当たることになるでしょう。「現認」はそのような場合に使われる言葉です。

荷受人に現認してもらって、受け取れる状態であればそのまま受け取ってもらいますが、それができない場合は補償などまた別の対応が必要になってくるでしょう。

荷物の状態が悪いとクレーム問題に?

上記のことからわかるように、現認が必要となっている時点で顧客に大きな迷惑をかけてしまっています。

このうえ荷物の状態があまりにも悪かったり送り主や荷受人が立腹していたりすると、クレーム問題に発展するケースも。そのような場合はドライバーではなく、運送会社の上席者が謝罪を兼ねて直接配達に向かわねばならないこともあります。

あまり使いたくない用語、と冒頭で語った意味がおわかりいただけたのではないでしょうか。

「てっちん」の意味とは

「てっちん」とはスチールホイールのこと……ではなく、周囲の車によって急ブレーキを踏まされることを言い表した言葉です。ドライバーの間で通じるスラングのようなものと思ってください。

具体的には「てっちんを食らった」などの形で使用します。

「てっちん」はどんな時に使うの?

先述のように「てっちん」とは自分が急ブレーキを踏むはめになることですから、当然、発生する場面は走行している最中です。

  • 前の車が急ブレーキを踏むなどして車間距離が唐突に詰まった
  • 車線変更したいときに周囲の車がなかなか譲ってくれず車間距離が詰まってしまった
  • 隣の車線にいた車がいきなり自分の前方に車線変更をかけてきた

といったシチュエーションが考えられます。

「テレコ」の意味とは

「テレコ」とは「互い違いになること」の意。納入先を間違えてしまったときに使われる用語です。

先に説明した「現認」と「てっちん」が不可抗力的な要素を含む場合があるのに対し、こちらは運送会社側のミス以外の何物でもありません。その意味では、この記事で紹介する用語の中で最も口にしたくない言葉と言えるでしょう。

「テレコ」はどんな風に使うの?

前述のように、納入先を間違えてしまったときに使われるのが最も多いパターンです。このほか、本来積み込むべき荷物を別のドライバーのものと取り違えてしまった場合などにも「テレコ」が使われます。

テレコが発生するのは2者間とは限りません。たとえば「納入先Aに届けるべき荷物を納入先Bへ、納入先Bに届けるべき荷物を納入先Cへ、納入先Cに届けるべき荷物を納入先Aへ納品してしまった」というように、3者以上でのテレコも起こり得ます。

テレコに関わった納入先やドライバーが多ければ多いほど、事態の解決までには多い手間と長い時間を要します。発生させないように普段から注意しておきましょう。

物流以外でも「テレコ」は使われる

「テレコ」は物流の業界用語というわけではなく、もともとは歌舞伎の世界で「二つの異なる筋を一つにまとめ、多少の関連をもたせつつ一幕おきに交互に展開すること」を言い表す言葉でした。

そこから転じて「あべこべ」「互い違いになること」の意味になったという経緯があります。

関西弁として定着している言葉なので、関西圏で使用されることが多いです。実際、関西においては物流以外のビジネスシーンばかりか、日常会話でも使われることがあります。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。

ここで紹介した「現認」「てっちん」「テレコ」はいずれもネガティブな言葉であり、最初に述べたとおり、できることならこれらを使う状況には巻き込まれたくないものです。

しかし、物流業界で長く働いているとどうしても使う場面に出くわしてしまうもの。避けては通れないことですから、気は進まないかもしれませんが、しっかり覚えて万一に備えておきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、3位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手