佐川急便の運送保険は掛ける必要がある?運送保険の必要性について解説

   

佐川急便で働いている人にとって、万が一荷物を破損させてしまうことも少なからずあるでしょう。

その場合、破損してしまった荷物を会社が補償してくれるのか気になるところです。それでは、佐川急便の運送保険についてご説明しましょう。

運送保険とは

運送保険の正式名称は運送業者貨物賠償責任保険であり、輸送中に万が一盗難の被害に遭ったり、荷物を破損させてしまった場合による貨物の損害を補償する目的があります。

当然ながら佐川急便で働く社員であれば、万が一荷物が損害に負うようなことがあったとしても会社が運送保険に加入しているので問題ありません。

しかし、もしも業務委託によって荷物の配送を行っている場合は運送保険への加入は任意になります。

万が一業務委託で荷物が損害を負うようなことがあれば、荷物を弁償しなければならなくなるでしょう。

荷物の中には高額なものが梱包されている場合があるので、もし荷物が盗難もしくは破損させるなどの損害を出してしまった場合は、かなりの負担額になりかねません。万が一の時のために、運送保険に加入する必要性があるでしょう。

補償タイプ

包括運送保険

まず、運送保険の補償タイプの一つとして、全ての車両が対象になる包括運送保険が挙げられます。

包括運送保険とはカバーしてくれる範囲が最も大きい補償タイプであり、カバーしてくれないのは天変地異などによる災害や故意による重大な損失などの場合のみです。

つまり、ほとんどの損害による過失をカバーしてくれるということになります。盗難被害や荷物の破損はもちろん、雨によって荷物が濡れてしまったり、温度調整のミスによる食品の損害なども補償対象になります。

しかし、代わりに保険料が高いので個別に補償してもらいたい場合は別の補償タイプを選ぶ必要性があるでしょう。

個別運送保険

個別保険とは会社が所有している一部の車両のみを対象とした保険であり、典型的な事故のみに絞っているケースもあります。これは一部の車両のみを補償対象にするもので、保険料が安いのが特徴です。

個別運送保険でカバーされるのは、一般的に起こり得る交通事故や盗難被害、荷物の保管中に火災や爆発などが起きた時などです。

一般的に起こり得る事故が条件となっているので、天変地異や故意による重大な損失はもちろん、荷物が水で濡れてしまった場合や温度調整ミスによる食品の損害などはカバーしてくれません。

また、一部の車両を補償対象にするので、補償対象になっていない車両で荷物の損害があったとしても補償されないので注意しましょう。

補償内容

運送保険の基本的な補償内容は、何らかの原因でお客の荷物が損害を負ってしまった場合に弁償する実費です。なお、全ての実費を補償してくれるとはいえ、金額全てとなると保険料が高くなるので注意が必要です。

月々の保険料を下げたいのであれば、自分で支払い限度額を低くするか、あるいは弁償額の一部を自己負担額にする免責金額を高く設定するのがおすすめできます。

荷物の損害具合によってはそこまで弁償することもありませんし、必要以上に限度額を高く設定する必要性はないかもしれません。また、特約をつけることでカバーしてくれる範囲が広くなります。

荷物以外に損害を負った人への弁償費用をカバーしてくれる特約や、後片付けの費用をカバーしてくれる特約、事故を検査する時にかかった費用をカバーしてくれる特約など、様々な特約があります。

保険料の目安

運送保険の保険料の目安は、個別方式か包括方式で変わります。支払い限度額が50万円の場合、個別方式の保険料は約5万5000円、包括方式の保険料だと約7万8600円が目安となります。

ただし、免責金額が高くなると、基本的に約1万円~2万円程度保険料が下がっていくので、保険料を安く抑えたいなら免責金額を高く設定するのがおすすめです。

なお、運送保険は個別・包括にかかわらず基本的に1年間の契約期間があります。もし契約してから1年を過ぎた場合は、再び契約することで1年間の補償期間が加わります。

加入方法

自分で探す

自分で運送保険を探して加入するには、様々な保険会社を比較する必要性があります。

保険会社によって運送保険の補償内容が大きく違うので、どんな補償内容なのか、どんな特約があるのかを比較することでベストな運送保険が見つかるでしょう。また、保険料にも注意する必要性があります。

保険料も保険会社によって大きく違うため、支払い限度額はどれくらいなのか、免責金額を高く設定することでどこまで保険料が安くなるのか、複数の保険会社を探して吟味することが大切です。

会社に紹介してもらう

もしも佐川急便から業務委託を受ける場合、同時に運送保険を紹介されることが多くあります。少なからず加入する必要性はありませんが、いつ荷物が損害を負うか分からないので加入するのがおすすめです。

佐川急便は三井住友海上火災保険という株式会社と運送保険の契約が締結されているため、基本的にその会社の運送保険が紹介されるので、そこで加入をするかどうかを決めることになるでしょう。

もしものための保険には加入しよう

万が一の時のために、最低でも運送保険には加入した方が良いでしょう。盗難の被害が起こらないとも限りませんし、誤って荷物を破損させてしまうこともあるかもしれません。

あらゆるリスクがある以上、運送保険に加入しておくだけでもかなりの安心感が得られます。

保険料に関しては支払い限度額を下げたり、自己負担額を増やすことで保険料を下げることができるので、必要に応じて設定しておくのがおすすめです。

また、荷物の損害以外にも別のところで損害を負う可能性もあるため、特約の内容も非常に重要です。運送保険に加え、様々な特約が付いていると安心して荷物を配達することができるでしょう。

特に個人で業務委託を請け負う場合は何が起こるか分からないので、もしもの時のために運送保険に加入しておきましょう。

まとめ

佐川急便における運送保険というのは、もしもの時のために加入しておきたい保険だと言えます。

必ずしもお客に配達する荷物が損害を負わないとは限らないので、運送保険に加入していないと会社や個人で弁償しなければなりません。

運送保険はもしもの時のために加入しておくと、支払い限度額の範囲内で弁償額を補償してくれるため、安心して荷物を運ぶのに必要な保険の一つだと言えるでしょう。

もちろん保険料の問題もあるので、どのくらいの保険料がかかるのか比較する必要性があります。

特に個人で業務委託を請け負う場合は、万が一の時のために運送保険に加入しておくと安心なのでおすすめです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバー求人検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手