冷凍車(冷蔵車)の構造や仕組みについて解説!冷凍機やエンジンにどんな違いがあるの?

   

低温輸送が発達し、私達は好きな時に好きなだけ冷凍食品を口にすることが出来ますよね。冷凍食品の輸送や配送を主に担っているのはトラックですが、

冷凍車がどのような構造で低温輸送を可能にしているのかご存じでしょうか。そこで今回は、冷凍車の構造や性能など詳しくご紹介していきたいと思います。

冷凍車とは?

 

冷凍車は、低温を保ちながら荷物を運送することを目的としたトラックです。生鮮食品や冷凍食品、植物、精密機械などは、運送する際、低温を保ち続ける必要がありますね。

そのため、運送するトラックには低温を維持できる冷凍機能が必要になります。分かりやすく言うと冷凍庫のついたトラックということになりますね。

冷凍車の構造を徹底解説!

冷凍車は、通常のトラックとは構造が大きく異なります。ここでは、冷凍車の構造をパーツごとに分けて解説していきます。

冷凍機のタイプ

冷凍車に搭載されている冷凍機は、いくつかのタイプがあります。目的としている運送方法によって機械タイプ、蓄冷タイプ、窒素タイプに分けることができます。

機械タイプ

機械タイプは、冷凍庫やクーラーと同じ原理を使って冷凍車内の低温を保ちます。仕組みは、冷媒ガスをコンデンサーに送り、冷却して液状にし、さらにエボパレーターへ送ります。

エバポレーターで液化から気化させ、冷凍装置内に冷気を送り冷凍機内を低温にします。

このような仕組みで低温にする機械タイプの冷凍機は、温度設定が自由におこなえること、時間制限なしの運送ができることが大きなメリットになっています。

逆にデメリットは、車内の乾燥です。冷気によって低温を維持するため、冷凍車内の乾燥は避けられません。

機械タイプの動力は車両エンジンのみのタイプと冷凍機専用エンジンと車両エンジンを合わせ持つタイプの2つがあります。

蓄冷タイプ

蓄冷タイプの冷凍車は、荷台に冷凍板を内臓させ、その冷凍板によって低温を保ちます。蓄冷タイプのメリットとしては、エンジンが停止して状態でも低温を保つことができることです。

また機械タイプの冷凍車のデメリットである冷凍車内部の乾燥も無いです。

ですが、蓄冷タイプの冷凍車は、冷凍板を使用するため、長時間の低温維持に向かないというデメリットがあります。なので、蓄冷タイプは主に短距離での運送に使用されています。

窒素タイプ

窒素タイプの冷凍車は、液体窒素を使い冷凍車内を低温にします。液体窒素は、マイナス40℃以下にもできるため、一般家庭の冷凍庫よりも低い温度にすることも可能です。

ですが。液体窒素は、消耗するため、補給が必要になりますね。なので、窒素タイプの冷凍車も運送距離に限度があることがデメリットになります。

エンジン

冷凍車の動力源は、直結エンジンとサブエンジンの2種類があります。

直結エンジン

直結エンジンは、冷凍車の車両エンジンを動力源にして庫内の低温を維持するタイプです。このタイプは、エンジンが始動していないと荷箱を冷やすことができますん。

なので、低温を維持するためには、常にエンジンがかかっている状態にする必要があります。

サブエンジン

サブエンジンは、車両エンジンとは別に冷凍機専用のエンジンが付いている冷凍車です。冷凍機専用エンジンがあるため、車両エンジンが停止していても庫内の温度を低温のまま保つことができます。

サブエンジンは、大型冷凍車やトレーラーの冷凍車などに主に使用されています。

車体

冷凍車は、通常のトラックと基本的に同じ構造をしています。しかし、冷凍機能を備えているため、特殊車両として扱われます。

そして、特殊車両ということは、道路法及び車両制限令の規定によって公道での走行に規制がかかります。

荷台

冷凍車の形状は、バンかウイングになっています。外部からの熱による温度の上昇を予防するため、様々な加工が加えられています。

荷台の外側は、断熱材で覆われた断熱。荷台の内側はアルミパネル、FRPパネル製です。また、冷凍車の多くが白色のボディをしていますね。これも熱がこもらないための対策が主な理由になっています。

最大何度まで冷やせるのか

冷凍車の庫内で冷やせる最大温度は、冷凍機のタイプによって異なります。冷凍車の主流タイプである、機械式タイプの場合は、マイナス25度程度、窒素タイプの冷凍機の場合はマイナス40度程度が目安です。

冷凍庫の温度は、家庭用がマイナス18度程度、業務用冷凍庫がマイナス20~30度程度ですので、機械式タイプでほとんどの冷凍保存が必要な荷物を運送することができます。

物流に必要不可欠な冷凍車

冷凍車は、生鮮食品や冷凍食品を運送するために必要不可欠です。冷凍車が無くなると生鮮食品を鮮度を維持したまま、運送することができなくなります。

また、アイスクリームや冷凍食品など溶けると品質が大幅に低下する食品も運送できなくなりますね。このことから、冷凍車は私たちの食生活に欠かせない存在と言えますね。

まとめ

冷凍車の構造について解説しました。いかがでしたでしょうか。冷凍車は、タイプによって構造や庫内の冷やし方、冷やせる温度が異なります。

また、冷凍車にしか運送できない生鮮食品も多いです。冷凍車は、私たちの食生活を支える大切な存在なのもよく分かりますね。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバー求人検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手