運転支援システムを徹底比較!費用、機能、メリット・デメリットとは?

   

追突や踏み間違えによる事故を防止してくれたり、前方の障害物をいち早く発見しドライバーに教えてくれたりと、安全に運転するためにサポートしてくれる運転支援システム。

各メーカーから運転支援システムが搭載された車が販売されており、購入を考える際のポイントの1つになりますよね。

そこで今回は、そんな方々の役に立つように各メーカーの運転支援システムを比較しながらご紹介していきたいと思います。

運転支援システムは最先端の技術

「運転支援システム」はドライバーの不注意による衝突事故を回避するように促してくれたり運転操作自体のフォローをしてくれるシステムのことです。

衝突しそうになったときにブレーキがかかることで衝突被害を軽減してくれる「衝突被害軽減ブレーキ」や、

車線からはみ出して運転しているときに自動に車線の中央に促してくれる「ステアリング(ハンドル)支援機能」など様々な種類のものがあります。

各メーカー運転支援システムの比較

運転支援システムはメーカーによって少しずつ性能や種類に差があります。

トヨタ

「トヨタ セーフティセンスP」はトヨタの運転支援システムです。

  • 衝突被害軽減ブレーキ
    対車両作動速度:10km/h以上の幅広い速度域
    歩行者作動速度:10~80km/h
  • ACC(アダクティブクルーズコントロール)
    速度域:0~100km/h
  • レーンキープアシスト
    条件:車線の幅が3m以上で、速度は50km/h以上で作動
  • ヘッドライトサポート
    オートマチックハイビーム速度域:約30km/h以上

特に力が入れられているACC(アダクティブクルーズコントロール)は高速道路や自動車専用道路などでドライバーがアクセルを踏まなくても一定の速度で走行してくれるというシステムです。

前方に車がいたらある程度速度をコントロールすることで一定の距離を保ってくれます。また、一般道路でも使用することができるモデルがあることも特徴です。

ホンダ

「ホンダセンシング」はホンダの運転支援システムです。

  • 衝突被害軽減ブレーキ
    対車両作動速度:5~80km/h
    歩行者作動速度:5~80km/h未満
  • ACC(アダクティブクルーズコントロール)」
    速度域:30~100km/h
  • レーンキープアシスト
    速度:65~100km/h

レーンキープアシスト(車線逸脱防止機能)は、白線や黄線をはみ出してしまった走行している時に、自動でステアリング(ハンドル)操作をして車線の中央に戻るようにしてくれる機能です。

日産

「プロパイロット」は日産の運転支援システムです。

  • 衝突被害軽減ブレーキ
    対車両作動速度:10~80km/h
    歩行者作動速度:10~60km/h未満
  • ACC(アダクティブクルーズコントロール)
    速度域:30~100km/h
    条件:高速道路や自動車専用道路での使用
  • レーンキープアシスト
    速度:30~100km/h
    条件:高速道路や自動車専用道路での使用、時速50km/h以下では先行者検知のみ
  • ヘッドライトサポート
    オートマチックハイビーム速度域:約25km/h以上

ヘッドライトサポート(スマートライティングシステム)は自動でライトの「ハイビーム」と「ロービーム」を切り替えてくれるシステムです。

マツダ

「i-アクティブセンス」はマツダの運転支援システムです。ミリ波レーダーやフォワードセンシングカメラを用いて、アドバンスト・スマート・ブレーキ・サポートが作動被害低減に作動します。

車線逸脱警報システムや、ステアリングアシストなど幅広い機能が展開されています。

三菱

三菱自動車では特に「e-Assist」という「衝突被害軽減ブレーキシステム」「レーダークルーズコントロールシステム」「車線逸脱警報システム」を総称したものに力をいれています。

運転時の事故を予防、回避、軽減するためのシステムで各自動車メーカーが特に力を入れている技術です。

スバル

「アイサイトVer.3」はスバルの運転支援システムです。

  • 衝突被害軽減ブレーキ
    対車両作動速度:1~160km/h
    歩行者作動速度:1~160km/h
  • ACC(アダクティブクルーズコントロール)
    速度域:0~100km/h
  • レーンキープアシスト
    速度:60km/h以上
  • ヘッドライトサポート
    オートマチックハイビーム速度域:約30km/h以上

という性能となっています。

海外メーカーの運転支援システムの比較(全部で800文字程度)

アウディ

アウディの運転支援システムは「プレゼンスシティ」です。

  • 対象:車両(昼)、歩行者(昼)
  • 作動速度:10〜85m/h(対車両)、10〜85km/h(対歩行者)

フロントカメラで前方の車両と歩行者を感知してくれるのがプレゼンスシティです。それだけでなく右折時に対向車を検知して危険なときには緊急ブレーキを作動してくれる「ターンアシスト」や、

渋滞の際に前の車に自動で追従してくれる「トラフィックジャムアシスト」が搭載されているモデルもあります。自転車や夜間に対応していないという点が残念なデメリットです。

BMW

BMWの「ドライビングアシストプラス」はこれまでのようにカメラだけでなくミリ波レーダーも合わせて活用することでさらに検知性能を高めたものです。

また、「BMWナイトビジョン」は赤外線カメラによって最長100m先の歩行者や動物を検知してディスプレイ上に表示してくれる機能です。

ベンツ

メルセデス・ベンツの「PRE-SAFE®ブレーキ」は飛び出し検知機能付きのブレーキアシストシステムです。

音とディスプレイの両方で警告をした上でブレーキ圧を高めてブレーキ機能を高めます。ドライバーがブレーキを踏まない場合はシステムが判断して自動ブレーキが作動します。

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンの「Front Assist」は車両のエムブレムに内蔵されているレーダーで車両や歩行者を検知してくれるもので、非常に広い作動範囲が特徴です。性能は、

  • 対象:車両(昼)、歩行者(昼)
  • 作動速度:5km/h~(対車両)、5〜65km/h(対歩行者)

となっています。

日本と海外メーカーの運転支援システムのレベルを比較

日本の自動車メーカーと海外のメーカーの運転支援システムの差はほとんどないと言われています。

運転支援システムの中でも重要な自動ブレーキシステムに関してはメルセデス・ベンツとスバルが優秀であるとされています。

ただし、ドライバーが町中で走るのか郊外を走るのか、昼に走るのか夜に走るのかによっても、必要とされる支援システムは違ってきます。運転スタイルにあった車を選ぶことが重要なのかもしれません。

完全に事故を防ぐことは出来ない

たまにトラブルの原因にもなるのですが、勘違いしてはいけないのは「自動ブレーキシステム」があるから絶対に事故をしないというわけではないということです。

そのときのスピードや周囲の状況によっては、システムがあっても事故は起こります。あくまでもドライバーが適切な運転をする前提で「アシスト」してくれるシステムであることを意識しておきましょう。

運転支援システムの技術はまだまだ進化する

運転支援システムはまだまだ発展途上です。よく未来の世界を描いた映画やアニメで車が完全に自動運転になっていて、ドライバーはまったく運転しないという場面がありますが、

実際にそのシステムも研究が進み、一部限定で実用化もされつつあります。決して遠い未来ではなく自動運転システムも普及していくことでしょう。

まとめ

運転支援システムは日々進歩しており、車はどんどん安全で便利な乗り物へと進化しています。しかし運転するのはまだまだ人間のドライバーです。

女性ドライバー

ドライバーが安全運転を心掛けることが事故を減らす一番の方法であることを踏まえて運転するようにしましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバー求人検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手