トラックのカーテン・カーテンレールの付け方とは?【日差しや人目が入らない付け方】

   

長距離のトラックドライバーにとってカーテンは休憩や仮眠時になくてはならないものですよね。

そんなトラック専用のカーテンは、簡単に取り付けることができます!

そこで、今回はトラックにカーテンを取り付ける方法と注意点をご紹介します。

トラックのカーテンの必要性

トラックにカーテンを取り付けることで、次のような効果がありますので、ご紹介します。

仮眠や休憩時の目隠し

カーテンを取り付けることで、仮眠や休憩時の目隠しにすることができます。

特に長距離のトラックドライバーとなると、コンビニやサービスエリアで仮眠をとることが多くなるため、街灯の明かりや車のヘッドライトの明かりが車内に入ると十分な休息ができませんのでカーテンの役割は大きいとも言えます。

また、トラックドライバーにとって十分な休憩は安全運転をするために欠かすことができないため、安全に業務するためにはカーテンが必要とも言えるでしょう。

プライバシーの確保

トラックのキャビンは

  • フロントガラス
  • ウインドガラス
  • 足元のガラス

と、全方向から中が見える状態になります。そのため、ドライバーは常に周りから見える状況にさらされているため、気が休まることがありません。

しかし、カーテンがあるおかげで周りからの視線や外部の情報をシャットアウトできるため、車内で着替えたりすることもできます。休憩中はカーテンがあるおかげで、より一層リラックスすることもできるでしょう。

トラックのカーテンの付け方手順

トラックのカーテンを取り付ける手順をご紹介します。

カーテンを取り付ける場所を決める

まずはトラックのカーテンを取り付ける場所を決めましょう。一度カーテン本体を広げ、窓枠に沿って大きさを確認し、広げたときに全体にぴったりと収まるような位置を探します。

このとき一度ガムテープなどで仮止めをすると、カーテンを閉めた状態の光の入り方をイメージできます。

カーテンの位置が決まれば、それに従い、カーテンレールの取り付ける位置もマーキングしておきましょう。マーキング位置がズレると後に見栄えが悪くなるため、注意が必要です。

カーテンレールを取り付ける

マーキングしたところにカーテンレールを固定していきます。この時はまだ一気に固定するのではなく、片方の1点だけ仮止めし、角度がズレていても調整ができるようにします。

基本的にカーテンはビス留めのため、一度失敗すると穴が残ってしまい、レールを違う位置に変更しないといけなくなるため、仮止めは慎重にしましょう。

もし、カーテンレールがズレてしまうのであれば、取り付ける前にテープでしっかり固定しておくのも一つの方法です。

カーテンを取り付ける

カーテンレールをビスでしっかりと固定できたら、いよいよカーテンを取り付けていきます。

カーテンについた金具の数とレールに引っ掛ける部品の数が同じとは限らないため、順番に取り付けていくと最後にフックが足りなくなったなんてこともあります。そのため、事前にカーテンとレール側の引っ掛ける部品の数を確認しておきましょう。

カーテンを取り付けたら一度締めて、レールに引っかからずスムーズに開閉できるか確認してみましょう。

トラックのカーテンを取り付ける際の注意点

カーテンを取り付けるときに注意するべきポイントがいくつかあるためご紹介します。

カーテンレールを固定する前に確かめる

カーテンレールは一度固定するとなかなか位置を修正することができません。そのため、固定はあくまで最後にとっておき、位置決めの時は慎重に確認しなければいけません。

  • カーテンを締めた時にぴったりと窓に収まるか
  • ドアを開け閉めしたときにカーテンが巻き込まれないか

といった、カーテンを使用していないときも想定して確かめましょう。仮止めのときも位置決めをした時と比べ、若干ズレて来る可能性があるため、ビスを止めるごとにカーテンレールの位置を確認、修正しましょう。

カーテンの長さを前もって確認しておく

カーテンを取り付ける前に、窓枠の寸法をしっかりと測り、カーテンの長さを確認しておく必要があります。

  • 「カーテンを閉め切ったときにピッタリと閉まるか」
  • 「カーテンを束ねたときに邪魔にならない大きさか」

といったことを確認しましょう。

また、カーテンの縦の長さを確認することも非常に重要です。例えば短すぎると窓の下から光が入り、カーテンとしての効果が半減してしまい、反対に長すぎると車内で過ごすときに邪魔になります。

ドアの開閉時に邪魔にならないようにする

カーテンを一度取り付けると常時窓に付いていることになるため、大きすぎるとドアの開閉時にゆさゆさと揺れ、邪魔に感じることがあります。そのため、カーテンを使用しない時はしっかり束ねて固定できるようにする必要があります。

カーテン選びをする時は光の遮光性も大事ですが、カーテンを閉じた時に厚みがなくコンパクトなことも大事ですので、カーテンの色は暗い色を選び、薄い素材でも光を遮ることができるものを選ぶと良いでしょう。

まとめ

トラックにカーテンを付けると、車内で休憩や仮眠をするときにプライバシーを守り、リラックスして休むことができます。

また、カーテンを取り付ける時は車内の窓枠に合わせてカーテンのサイズや取り付けるレールの長さを確認してから取り付ける必要があり、付け方を間違うと邪魔になったり逆効果になる可能性があります。

そのため、合間でこまめに確認・修正しながら取り付けるようにしましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、東京・関東を中心に求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、リクナビNEXTは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

リクナビNEXT

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東のみ・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手