<link rel="stylesheet" href="//fonts.googleapis.com/css?family=PT+Sans+Caption">牽引免許が必要なときと不要なときの違いは?牽引免許が必要になる条件と取得方法 | DriverHacker[ドライバーハッカー]

牽引免許が必要なときと不要なときの違いは?牽引免許が必要になる条件と取得方法

   

牽引免許は、自動車で牽引する際に必要になる免許です。しかし全ての牽引で牽引免許が必要になるわけではありません。

また牽引免許はどうやって取得するのがおすすめなのでしょうか。牽引免許が必要になるケースと牽引免許の取得方法について解説します。

牽引免許とは?どんなときに必要?

牽引免許は、自動車でその他の自動車を連結し、引っ張りながら運転するときに必要になる免許のことです。

牽引免許が必要な場合

自動車で牽引するときに牽引免許が必要になる場合とならない場合があります。牽引免許が必要になる条件は、「車両総重量750Kgを超える自動車」です。

このような条件になる場合は、主に業務目的の場合ですね。なので仕事で

  • タンクローリー
  • 貨物トレーラー

などを運転する場合には、牽引免許が必要になる場合が多いです。

また、趣味でアウトドアなどを楽しむ場合にはキャンピングカーが活躍しますが、このキャンピングカーを運転する場合にも牽引免許が必要になることがあります。

 牽引免許が不要な場合

逆に牽引免許が不必要になるのはは、車両総重量750Kg以下の自動車を牽引する場合です。この場合は、牽引免許が無くても普通免許のみでも牽引することができます。

例外として牽引免許が無くても車両総重量750Kg以上の自動車を牽引できるケースもあります。故障車を移動させたいときに故障車をロープやクレーンなどで牽引する場合は、牽引免許は不要です。

牽引免許を取得する方法

このように自動車を牽引するときに牽引免許が必要になるケースは沢山あります。また、牽引免許を取得すると運転できる自動車の種類も増えるので、運送業などでは、収入アップも大きく期待できます。

ここでは、そんな牽引免許を取得する方法を2種類紹介します。

牽引免許を取得するには2種類の方法がある

牽引免許を取得する方法は、2種類あります。

一つ目は運転免許試験会場で技能試験を直接試験で取得する方法です。この方法は、一発試験という呼ばれ方もしますね。

二つ目の取得方法は、牽引免許を取得するには指定自動車学校に通う方法です。教習所に通い卒業検定に合格すると免許が取得できます。

牽引免許を取得する流れ

牽引免許取得までの一発試験での合格と指定自動車学校に通う方法のそれぞれの流れを解説します。

一発試験は、免許試験場で技能試験を受けます。技能試験に合格後に適性検査にも受かれば免許がもらえます。しかし、一発試験は、難易度が高いため、簡単に合格するのは難しいです。

指定自動車学校では、まず学校で適性検査と12時限の技能教習を行います。その後学校のに卒業検定があります。卒業検定に合格後に運転免許試験場に行き適性検査を受け、これに合格すると牽引免許が取得できます。

自動車学校での取得は、一発試験に比べて合格率がとても高いです。なので効率よく合格を目指したい場合は、自動車学校での取得のほうが適しています。

牽引免許を取得するための費用

牽引免許を取得するのにかかる費用を解説します。ここでも 一発試験での合格と指定自動車学校に通う方法にわけて紹介します。

一発試験で牽引免許を取得する際にかかる費用は、約7,000円です。直接試験を受けるのみなので費用は、とても安くなります。

一方の指定自動車学校に通う方法の費用は約10~15万円です。直接、牽引方法の指導を受けながら免許を取得するため、費用は高額になります。

しかし、その分高確率での合格と技能取得ができるため、

  • 確実に取得する必要がある人
  • 実務技能も身に付ける必要がある人

などは、指定自動車学校に通う方法が適しています。

まとめ

牽引免許がどのようなときに必要になるのかと、牽引免許の取得方法について紹介しました。いかがでしたでしょうか。

牽引免許が必要か不必要かは、牽引する自動車の重量によって変わります。また、牽引免許の取得方法には、一発試験での合格と指定自動車学校を卒業する方法の2種類があります。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 

 - トラック運転手