特車申請とは?特別車両の通行許可制度申請方法のやり方を解説!

   

特殊車両を乗る人は、特車申請をご存知でしょうか?

この記事では、「特殊車両の通行許可制度(通称:特車申請)」という制度があり、なぜ申請しなくていけないのか、どのように申請するのか、など本記事では「特車申請」について徹底解説します!

特車申請とは

特車とは、特殊車両の事でもあり大型の作業用自動車の事でもあります。

何となくブルドーザーとかクレーン車とかを想像してしまいますが、確かにそれらも特殊車両の一つかもしれませんが、一般の道路をブルドーザーやクレーン車が走る事ってあまりないかもしれませんよね。

ちなみに特殊車両には大型の作業用自動車のほかに、セミトレーラー連結車フルトレーラー連結車なども含まれています。ほかにも道路交通法で定められている重量や重さではない、新規格車なども含まれています。

これらの特殊車両が道路を走行するためには、国土交通省に走行の許可を申請する必要があるのです。ではどんな制度なのかについてご紹介いたしましょう。

どんな制度?

この制度はサイズが大きくて重量が重い車両が道路を走行する時に申請して、走行を認められて初めて走行する事が許されるという制度です。

なぜこんな制度が必要なのかというと、道路は国民全員の共有財産の代表的なものです。もちろん車両の大きさが道路に適さない場合には申請は却下されます。

例えばトンネルを通り抜けるのが難しいなど、建造物に接触する可能性が高かったりした場合などですね。

当然ですが申請をした特殊車両はその道路を走行する時に守らなくてはならない決まりを守って通行しなくてはなりません。

なぜ申請が必要なの?

道路は舗装された時には美しいのですが、たくさんの車が走る事でだんだん傷んでくるものなのです。

それに道路の幅にも限界がありますので、走行が難しい車両を走行するためには安全を考慮して通行許可が無くては通る事ができないのです。

この制度がある事によって、特殊車両が走行する時に万が一道路を破壊してしまったりしても、責任の所在の特定が容易になるなどのメリットがある制度なのです。

ですので

  • 制限された重さを超える車両
  • 高さが制限を超える車両
  • 制限を超える大きさの車両

を走らせる時には、特車申請を行わなくてはならないのですね。

申請しなかった場合どうなる?

もしも特車申請を行わなくてはならない車両を走行するのに申請を出さなかった場合はどうなってしまうのかが気になりますね。

もしも申請を行わなかった場合にはそれなりの罰則を受ける可能性が非常に高くなるでしょう。

罰せられる対象となるのは特殊車両を運転していたドライバー、そして事業主や法人も同じように罰せられてしまいます。罰則は以下の通りになります。

  1. 6か月以下の懲役か30万円以下の罰金
    大きさ、重さ、最小回転半径などの制限を超えた車両を許可なく走行させた場合に罰せられます。
  2. 100万円以下の罰金
    特殊車両を走行する時に許可証を持っていなかった場合に科せられます。

これらの罰則を受けないためにも特車申請は必ず行いましょう。

申請方法

初めて特車申請を行う場合にはどのようにして申請を行えば良いのかがわからないものです。申請代行に依頼しても良いかもしれませんが余計な費用がかかってしまいますので、まずは自分で申請を行う事をおすすめします。

申請の方法はとても簡単です。誰にでもできるので自分で申請を行いましょう。

その際パソコンとインターネットの環境が整っている方が良いですね。なぜならば申請書を作成していちいち届け出を出さなくても済む方法があるからです。

その方法がオンライン申請です。ここではオンライン申請についての詳しいやり方をご説明いたします。

オンラインで申請できる

特車申請はオンラインで行う事が可能です。

この方法だと

  • いちいち書類を提出する手間が省ける
  • 何か不備があってもすぐに訂正する事もできる
  • 時間が短縮できる

など本来の作業になど集中する事ができます。オンライン申請はとても簡単です。

インターネットで

  • 申請支援システム
  • 受付システム

を使います。なのでまずはオンライン申請を行う前の準備作業を開始してください。オンライン申請を行うためのシステムを導入するには専用のウェブサイトにアクセスしてインストールを行います。

詳しくは下記のサイトへアクセスしてダウンロードを行いましょう。

URL:http://www.tokusya.ktr.mlit.go.jp/PR/prp1.html

オンラインで申請する方法

オンラインで申請する事前準備として、申請支援システムが使えるようにして受付システムを使えるようにします。この時パソコンのスペックによっては導入ができない場合もありますので、使えるかどうかを確認してから申請に必要なシステムをダウンロードします。

ダウンロードができたらパソコンにインストールして作業を開始してください。その際オンライン申請で必要な書類も同時に集めておくと時間がかからずスムーズに申請を行う事ができます。

システムを利用できるパソコンの推奨環境を知りたい方は、上記したURLから同時に確認する事が可能です。

オンライン申請に必要なもの

特車申請を行う時には何か必要な書類はあるのでしょうか?

実はオンラインで特車申請を行う時に、特別な書類を提出する必要はありません。全てオンライン上の書類の中に記載すれば良いだけなのです。

ただし申請を行う時に、車検証など車の詳細がわかるような書類を用意しておく必要はあるでしょう。そのほかに特別に必要なものはありません。印鑑も必要ありませんのでそのまま書類を作成して提出すれば終わりです。

ちなみに初めて申請を行う場合とすでに申請を取得した事があるのとでは少し内容が違うので、状況に合った申請を行いましょう。

オンラインで申請するメリットは?

特車申請をオンラインで行うメリットですが、まずはパソコンとインターネットの環境が整っていればどんな事業者でも簡単に申請を行えるという点でしょう。

申請書を書くという行為が不要という手軽さがあります。他にも車両の情報などの記入もインターネット上で簡単にできるのも良いですね。

手書きであれば苦労して時間をかけて記入して作成した書類を、わざわざ提出しに行かなくてはなりませんが、オンライン申請だとボタン一つで送信できます。

この手軽さがオンライン申請のメリットなのです。ただしパソコンを使った作業に慣れていないと大変だと感じる事もあるかもしれません。

それだけがデメリットですが最初の設定さえ終わってしまえば後はいつだって簡単に申請ができるのでおすすめです。

まとめ

今回は特車申請についてのお話をいたしました。

特殊車両を走行する際には必ず特車申請を行い、道路交通法違反で罰則を受けないように気を付けましょう。導入法がわからない場合もわかりやすい説明サイトがあるので活用すると良いでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、東京・関東を中心に求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、リクナビNEXTは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

リクナビNEXT

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東のみ・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手