<link rel="stylesheet" href="//fonts.googleapis.com/css?family=PT+Sans+Caption">無事故手当とは?無事故手当の不支給問題などについても解説 | DriverHacker[ドライバーハッカー]

無事故手当とは?無事故手当の不支給問題などについても解説

   

トラック運転手やタクシードライバーの方、無事故手当という手当をご存知でしょうか?

無事故手当は、規定の期間、無事故で運転したドライバーに支給される手当です。では事故を起こしたとき、手当はどうなるのでしょうか。不支給についてのトラブルについてまとめました。

無事故手当とは

ドライバーには色々と手当が発生することがありますが、「無事故手当」もその一つです。

これは安全運転を行い、事故を起こさなかったドライバーに支給されるもので導入している運送会社などは多くあります。

しかし近年では無事故手当を減額したり、採用を取りやめたりする会社も出てきています。それは無事故手当に対する認識が共有できていなかったり、事故を起こしたときの手当取り消しにも関係しています。

そのためトラブルの原因にあることが多いのもこの無事故手当なのです。

トラブルになりやすい無事故手当

無事故手当は事故を起こさなかった月に支給されるもので、事故を起こした月には支給はされないものです。

本来の考え方からすれば翌月に無事故であったならば翌月は無事故手当が発生するはずなのですが、会社によっては事故を起こしてから数ヶ月~数年にわたって無事故手当を支給しないということがあります。

これは会社が車両保険の免責額の上限に達するまでの期間をドライバー側に補てんさせるという考え方で、これがトラブルの原因になるのです。

中にはこうして無事故手当を支給されなかったドライバーが本来発生するはずであった手当を求めて裁判を起こした例もあります。

無事故手当不支給は何が問題か

では無事故手当の不支給は何が問題となっているのでしょうか。これには大きく2つの点が考えられます。

事故の損害、ドライバーに負担させるべき?

まず事故の損害を労働者に全額負担をさせるということは法律上認められていません。仕事の上でミスをして損害を出してしまったとしてもその損害を労働者にすべて負わせることはできないのです。

つまりこの場合、事故を起こして損害を出してしまったドライバーに無事故手当を不支給にすることで損害を補てんさせるということはできないということになります。

また、労働者との合意なしに給料から天引きするという行為は法律で禁止されています。天引きする場合は労働者側からの意志があったときのみなのです。

明確でない規定

無事故違反は無事故であったということに対する「成果に対する手当」と考えられます。

ただし、会社側からの細かい説明がドライバーにされていないことも実際には多く、この規定をドライバーが正しく理解できていないことが多いのです。

また、事故を起こしたときに「何ヶ月の間、無事故手当を支給しない」とはっきり規定されていることが少なく、明確でないということが多いのもトラブルの原因と言えます。

無事故手当でトラブルを生じさせないために

無事故手当不支給は違法ではない

基本給や残業手当は会社側は支払うという義務があります。支払わない場合は違反となるので会社側がペナルティを受けることとなります。

しかし無事故手当に関しては法律で支給が義務付けられているわけではなく、会社が設定して支給しているという形式になっています。そのため無事故手当を支給しなくても違法行為というわけではないのです。

業務上の被害全額を従業員に負担させてはならない

上記でも述べましたが、業務上のミスによる被害、損害を労働者に全額負担させるということは法律で認められていません

裁判例を見ても、損害の4分の1の支払いを認めたものはあるものの、損害全額負担を認めたものはありません。

全額負担が認められるのは

  • 労働者が故意に行ったことで発生した損害
  • 労働者が個人的に利益を得るために行った横領行為

などによる場合だけです。

規定を明確にしておく

こうした無事故手当のトラブルを防ぐためには社内規定で明確にしておくしかありません。

事故を起こした場合は

  • 無事故手当はどうなるのか
  • 全額支給されなくなるのか
  • 何割かがカットされるのか
  • どれだけの期間支給されないのか

ということです。こういったことを会社側と労働者側が共通認識として持っていなければ必ずトラブルの原因となります。

まして事故を起こしたドライバーに懲罰的な意味合いでの不支給は論外です。ただただドライバーの不満が溜まるだけですので、会社側は規定を明確に定めておく必要があると言えます。

まとめ

無事故手当は法律で義務付けられているわけではないために規定が曖昧になることが多く、それだけにトラブルの原因となっています。

無事故手当を支給しないことに

  • ドライバーが納得できる根拠があるのか
  • 損害を労働者に全額負担させるための不支給ではないのか

ということを明確にしていくことが重要なのです。

経営者/採用 担当者様へ|ドライバー採用したい方は必見!

「求人媒体にお金を払ったのに1人も応募がなかった...」
「今すぐドライバーを採用したい!」
などを感じている方は、ドライバージョブという人材紹介サービスがオススメです!

ドライバージョブは以下のような特徴があります。
1.完全な成果報酬型で、確実にドライバーを採用
採用が決まって初めて費用が発生するサービスとなっております。

2.無料面談設定を、大量かつ迅速に提供
多くのドライバーが集客出来ているため、無料の面談設定をスピーディーに実施することが可能です。
契約後、1週間以内に採用まで繋がった実績もあるようです。
※とある法人様の一例となります。

3.手間をかけずに、良質な求職者様を採用
キャリアパートナーが転職背景を詳細にヒアリングするため、相性のいい求職者のみ、ご紹介することができます。

このような特徴から、現在では全国のドライバーを採用したい会社(一般貨物/産業廃棄物/バス/タクシーなど)から、お問い合わせが常に来ているようです。
もしご興味がある場合は、以下のページから無料の資料ダウンロードをオススメします!

無料 資料ダウンロードはこちら >>

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 

 - トラック運転手