バス運転手の離職率は高い?バス運転手不足や離職の原因とは?

   

バスの運転手への転職を考えた時に、離職率はやはり気になります。また、バスの運転手と一口に言っても色々なバスの種類があります。

そこでここではバス運転手の働き方や離職率、そういった理由で離職してしまうのかについて紹介していきます。

バスの運転手は不足している!

近年、バスやトラックの運転手は不足している上に高齢化が進んでいます。

それはネットショッピングなどによってトラックの需要が増加し、日帰りバスツアーのなどの広がりによってバスの需要が増加しているにも関わらず、大型二種免許が必要になるこれらのドライバーはそれほど人員が補充されていないためです。

そのため常に数が不足している状況なのです。これは転職しようとしている人にとってはかなり有利な状況と言えるでしょう。

バス運転手の種類は?

路線バス運転手

決まったエリア、決まったルートを決まったスケジュールで運行するというのが路線バスです。もっとも規則正しく運行するため時間は特に厳しく守らなければいけません。

ただ、勤務時間ももっとも規則的になりやすいという特徴があります。

高速バス運転手

市街地から離れた空港から市街地の大きな駅前までなどを往復するバスです。こちらも決まったルートを決まった時間に走るために規則正しくはなりますが、走行する距離が長くなるために時間の配分は難しくなります。

観光バス運転手

修学旅行や社会見学のような学校行事の観光や、会社からの慰安旅行、日帰りバスツアーなど観光に関するときに利用するのが観光バスです。その旅行の行先によって目的地は変わるために毎回違うルートを走ることになります。

また、その旅行の日程やスケジュールで行動するために時間はかなり不規則になります。早朝のときもあれば深夜のときもあります。

送迎バス運転手

幼稚園や小学校、塾などの送迎に使用されるのが送迎バスです。路線バスよりもさらに範囲は狭く、決められた場所と場所を行き来することになります。近年介護施設関係の送迎も増加しています。

バス運転手の離職率について

バスの運転手と言えば過酷な労働環境というイメージがあって離職率は高いと思われています。しかし実際に離職率を他の業種と比べてみると「意外に低い」ということがわかります。

これは勤務してみると

  • 基本的には同じ仕事をするために慣れてしまえば楽に感じる
  • 運転手自体に厳しいノルマが課せられるわけではない

ということが関係しています。近年は特に労働環境の改善という声が大きくなっており、ますます仕事は楽になりつつあります。

ただ、離職率が高くなる時期があります。それは入社して1年以内です。

大型バスという慣れない車両に乗客を乗せて運転するということを実際にしてみて

  • 「違和感を覚えた」
  • 「向いていない」

と感じた人たちが早い段階で辞めてしまうからです。その時期を超えてしまえば急激に離職率は低くなっていきます。

バス運転手を辞めてしまう理由は?

勤務時間

路線バスや送迎バスはルートが決まっているために時間も規則的になりやすくなっているために勤務時間もそれほど長くはなりません

ただ、観光バスなどは長距離になることが多く、早朝や深夜に走行することもあって勤務時間が長くなることがあります

会社によってはほとんど休養をとらせないまま次の勤務に入れるということもニュースで話題になりました。これを過酷と感じて辞めるという人がいたのです。

休みが少ない

会社にもよりますし、観光シーズンなどの時期的なものもありますが、ほとんど休みが取れないという場合もあります。休みが取れないまま次の勤務が始まるので体力的に限界を迎える人もいましたし、それが原因で事故も起こっています。

低い給与水準

バスは大きく分けると民営と公営があります。地域を走る路線バスは公営の場合が多く、この場合の運転手は地方公務員ということになって給料水準は高く安定しています。

しかし民間のバス会社では低い給与水準のところもまだまだ多くあります。

離職率改善の為に労働環境の改善が続いている!

バス運転手の過酷な労働環境が大きくニュースにもなり、バスの運転手が不足しているということも重なって労働環境は急激に改善が進んでいます。

運転手が不足しているのに労働環境が悪い、労働条件が悪いとそもそも人が集まりませんし、入社してもすぐに別の会社に行ってしまいます。それらの理由からバス運転手の労働環境の改善は進んでいるのです。

まとめ

バスの運転手の離職率はイメージされているほど高くはないということがわかりました。また、ドライバー不足もあって労働環境はかなり改善されつつあります。

転職を考えている人はそういった条件などもしっかり見て会社を選ぶようにしましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手