イモビライザーの取り外し・解除はできる?イモビライザーのトラブル対処法

   

イモビライザーを搭載した車が増えてきている昨今ですが、キーの紛失、電池切れ、イモビライザーの誤作動などトラブルも起きています。ではそのイモビライザーを取り外すことはできるのでしょうか。

イモビライザーの仕組み

イモビライザーは車に付けられている防犯装置のことです。普通は車の鍵には鍵山があり、それが車の鍵穴と一致すれば使用でき、車のドアの開閉やエンジンをかけることができます。

しかし鍵山が同じであれば使用出来てしまうために、車内への侵入やエンジンをかけることがコピーされた鍵があれば可能だったのです。

イモビライザーはそれを防ぐ防犯装置です。イモビライザーが使用されている鍵は鍵のヘッド部分に「イモビチップ」という小型ICチップが内蔵されています。

チップに登録されているIDコードと車に登録されているIDコードが一致しなければエンジンがかからないようになっています。

イモビライザーの取り外しはできるか?

もともと搭載されているイモビライザーを不要だからといってあとから取り外すことは可能でしょうか。

答えは「できない」ということです。イモビライザーのシステムはエンジンやドアのロックなどと複雑に絡んでおり、イモビライザーだけを取り外すということはできないのです。

勝手に取り外すことができないので安心ということもあるのですが、それでトラブルに悩んでいる人もいます。

イモビライザーのトラブルと対処法

セキュリティアラームの誤作動

イモビライザー自身が故障して誤作動をおこすということはほとんどありませんが、別の原因によって誤作動をおこすというケースが稀にあります。

そしてそのときにはアラームが鳴ってしまうことになるので困るという人もいます。基本的にはエンジンをかければアラームは止まります。

ロックが原因となっている場合はキーフリーシステムを利用してロックして同じようにキーフリーシステムを利用して解錠すればアラームは止まります。

イモビライザー付きキーの電池切れ

イモビライザーキーの電池は一般に売られているものですので、切れてしまった場合は自分で購入して交換することができます。

イモビライザー専用の電池というわけではなく、普通に売られているものでも使用することができます。もちろんディーラーや修理工場でも交換してもらうことは可能です。

電池切れの時にエンジンをかける場合はメーカーによって違いがありますので、まずは車の説明書や仕様書を見るようにしましょう。オーソドックスなタイプのものを一例として紹介します。

まず電池が切れているのでボタンを押しても操作はできません。そこで、イモビライザーキーの側面にある小さいボタンを押して「メカニカルキー」を取り出します。

そしてドアの鍵をそのメカニカルキーで解錠します。そしてブレーキを踏んだままイモビライザーキーをパワースイッチに押し当ててみると、ブザーが鳴ります。

その状態で同じ動作をもう一度行うとエンジンがかかるようになっています。

イモビライザー付きキーを紛失した

イモビライザーキーはIDチップが搭載されているために変わりのキーをとりあえず作ればよいというわけにはいきません。

車を購入したディーラーや鍵の専門業者に依頼することになります。自分の車がイモビライザーが搭載されているかどうか確認しておきましょう。

イモビライザー付きキーのスペアキーを作るには

ディーラーでスペアキーを作る

車を購入したディーラーであれば車の情報が残されているのでイモビライザーキーを作成することができます。この場合はディーラーでどちらかの方法をとることになります。

  • 同じIDのトランスポンダーが埋め込まれたイモビライザーキーを複製する
  • 新しいイモビライザーキーを作って、そのキーIDを専用機器を使い、車両本体の装置に登録する。

鍵業者でスペアキーを作る

鍵の専門業者に依頼してスペアキーを作成する場合は元となるイモビライザーキーを持って行って作成してもらうことになります。

ただしイモビライザーキーはどの業者でも作れるというわけではありません。イモビライザーキーに対応している業者を選ぶ必要があります。

メーカー別イモビライザーシステムの名称と特徴

ホンダ「 Hondaスマートキーシステム」

ホンダのイモビライザーキーは「スマートキー」という名称です。車種によっては標準装備、もしくはオプションでつけることが可能です。

鍵を鍵穴に差し込まなくても以下のことがボタンを押すだけで行うことができます。

  • ドアの施錠、解錠
  • トランクの解錠
  • エンジンの始動

トヨタ「スマートエントリー&スタートシステム」

トヨタの「スマートキー」は四角く、小さいリモコン状になっているものが一般的です。こちらもスマートキーをポケットなどに入れておけば

  • ドアの施錠、解錠
  • ハイブリッドシステム・エンジン・EVの始動

を行うことができます。プリウスなどではすべての車で標準装備となっています。

日産「インテリジェントキーシステム」

日産のイモビライザーキーは「インテリジェントキー」と呼ばれています。こちらも携帯しておけば

  • ドアの施錠、解錠
  • トランクの解錠
  • ハンズフリーエンジンスタート
  • 1km離れたところからでもリモコンでドアやトランクの施錠・解錠ができる

というものです。最近の日産では「楕円形」の形に統一されています。

セキュリティアラームを解除する方法

セキュリティアラームが鳴った場合は、イモビライザーキーやその補助キーを使用して解錠すればアラームを止めることができます。焦ることなくキーを正しく使用しましょう。

またはイモビライザーキーを使ってエンジンをかけるということです。リモコンが電池切れを起こしたりしていてもリモコン自体があればエンジンをかけることが可能です。

アラームが鳴っても焦らずにエンジンをかければアラームは止まります。

まとめ

イモビライザーは取り外すことはできませんが、アラームなどはすぐに解除することができます。正しいやり方で焦らずに操作を行いましょう。

【EU用】記事終わりCTA_22/09更新

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す