大型トラックの燃費を向上させる8つの方法【大型ドライバー必見!】

   

大型トラックに乗っている方にとって、燃費を良くするのは永遠の悩みですよね。大型トラックは、大型な分だけ燃料も大量に使用します。

しかし、自分が運転しているトラックの燃費について正しい知識を持っているドライバーはなかなかいません。

この記事では、大型トラックの燃費の平均と、どうすれば燃費を抑えることができるのかを紹介していきます。

大型トラックの平均燃費について

大型トラックの多くはディーゼルエンジンを使用しています。その燃料となる軽油はレギュラーガソリンよりも税金の関係で安いため使いやすいのです。

エネルギーとしても優秀な軽油ですが、ディーゼルエンジンは大型なために普通車では使用しにくいという現実があります。

大量にエネルギーを必要とするイメージがある大型トラックですが、近年燃費はどんどんよくなっています。

「三菱ふそう」「いすゞ自動車」「日野自動車」の大型トラックの燃費の平均値を重量別に見ていくと、

  • 2トントラック:10.5km/L
  • 4トントラック:7.38km/L
  • 10トン超トラック:4km/L

となっています。

大型トラックの燃費の基本:走行抵抗を知ろう!

大型トラックの走行抵抗(1) 空気抵抗

空気抵抗は移動している物体と空気との摩擦によって発生します。つまり、トラックが前に進むことで空気がトラックの前面にあたって運転しにくくなるものです。

トラックが箱型で大きいものになれば当然空気抵抗も大きくなります。また、スピードが上がればその分だけ空気抵抗も大きくなり、速度が70km/hを超えると急激に大きくなるとされています。

大型トラックの走行抵抗(2) 転がり抵抗

その名前の通りにタイヤが転がることによっての抵抗です。タイヤが変形すればするほど抵抗が大きくなり、運転もしにくくなります。

まずトラック自体の重量が大きいほど抵抗が大きくなり、さらに荷物を積載することでますますタイヤは変形して抵抗は大きくなります。

また、走っている道路の形状にもよります。舗装された平坦な道を通行しているときとガタガタの地面を走っているときでは抵抗も変わります。

大型トラックの走行抵抗(3) 勾配抵抗

これもその名の通りに坂道を登っていくときの抵抗になります。

「車両の重量」「積載している荷物の重量」「傾斜角度の大きさ」によって抵抗は変わっていきます。

ここであげた走行抵抗はどれも運転手の技量でどうにかなる種類のものではないため、対処のしようはありません。

大型トラックの燃費向上:車体編

大型トラックの燃費向上テクニック(1) エンジンオイルの交換

普通車もそうですがエンジンオイルが古くなると燃費も悪くなっていきます。

特に大型トラックの場合は汚れもたまりやすく、金属カスなども混じりやすいためにエンジンオイルが傷みやすいということもあります。

一般的には10,000km走ると交換する必要があるとされていますが、5,000kmで交換する方が良いという意見もあります。

大型トラックの燃費向上テクニック(2) タイヤの空気圧の点検

これも普通車や自転車と同じく、タイヤの空気圧が落ちてくるとエネルギー効率が悪くなります。

大型トラックの場合はその重量のためにタイヤが変形しやすくなり転がり抵抗を高めてしまうことにつながります。できるだけ一定以上の空気圧を維持しておくのが良いでしょう。

ただし空気圧が高すぎるとタイヤが破裂する可能性もありますし、地面とのグリップ力が低下するために注意が必要です。

大型トラックの燃費向上テクニック(3) 低燃費タイヤに交換

燃費を向上させるタイヤなどを利用するという方法もあります。

例えば、ブリヂストンがトラック・バス用の低燃費タイヤとして販売している「低燃費タイヤECOPIA」はそれまでの普通のタイヤよりも「約9%」も燃費が良くなるとされています。
低燃費タイヤECOPIAの紹介

大型トラックの燃費向上:運転で燃費向上

大型トラックの燃費向上テクニック(1) グリーンゾーンでの早めのシフトアップ

一般道路を走っている際の発進や加速は、大きくエネルギーを消耗します。

発進するたびに急加速するのではなく、グリーンゾーンでのシフトアップを的確に行うことで燃費を良くすることができます。

大型トラックの燃費向上テクニック(2) 7速など高速段を多用する

一般道路を走る際は他の車の速さに合わせる必要があるのでなかなか難しいのですが、それを考えなくてよいなら「7速」でゆっくりと走る方が燃費にはよくなります。

大型トラックの燃費向上テクニック(3) スピードを出しすぎない

スピードを出し過ぎると当然それだけエネルギーを多く使用して燃費が悪くなります。それに加えて、速度が70km/hを超えると空気抵抗も一気に大きくなってきます。

そのため、高速道路などでもスピードを出し過ぎないということが重要になります。

大型トラックの燃費向上テクニック(4) エンジンブレーキ・排気ブレーキを使う

大型トラックは運動エネルギーが大きいので「発進」「加速」「急ブレーキ」に大きなエネルギーを必要とします。

急ブレーキをかけるのではなく、前もってエンジンブレーキなどをできるだけ利用していくことで余分なエネルギーを使わずにすむでしょう。

大型トラックの燃費向上テクニック(5) 速度を一定に保つ

スピードを急にあげたり、急におとしたりするときには余分にエネルギーを必要とします。

できるだけ一定の速度で無駄なエネルギーを使わずに運転することが、燃費にはもっともよい方法なのです。

大型トラックの燃費は高速道路と一般道ではどう違う?

普通車の場合はスピードを出すことができる高速道路では燃費が悪くなります。しかし、大型トラックの場合は高速道路の方が一般道路よりも燃費は良くなります。

これは、一般道路では信号や他の車との関係でブレーキ、停止、発進、加速を繰り返すことになるためエネルギーを多く使用するからです。

高速道路では一定の速度で走ることができるため燃費が良くなるということです。

大型トラックの燃費を改善して気持ちよく運転しよう!

大型トラックは普通車よりも燃費が悪いものですが、少しの気遣いと工夫で改善することは可能です。
燃費を良くすることで気持ちよく運転をするようにしていきましょう。

経営者/採用 担当者様へ|ドライバー採用したい方は必見!

「求人媒体にお金を払ったのに1人も応募がなかった...」
「今すぐドライバーを採用したい!」
などを感じている方は、ドライバージョブという人材紹介サービスがオススメです!

ドライバージョブは以下のような特徴があります。
1.完全な成果報酬型で、確実にドライバーを採用
採用が決まって初めて費用が発生するサービスとなっております。

2.無料面談設定を、大量かつ迅速に提供
多くのドライバーが集客出来ているため、無料の面談設定をスピーディーに実施することが可能です。
契約後、1週間以内に採用まで繋がった実績もあるようです。
※とある法人様の一例となります。

3.手間をかけずに、良質な求職者様を採用
キャリアパートナーが転職背景を詳細にヒアリングするため、相性のいい求職者のみ、ご紹介することができます。

このような特徴から、現在では全国のドライバーを採用したい会社(一般貨物/産業廃棄物/バス/タクシーなど)から、お問い合わせが常に来ているようです。
もしご興味がある場合は、以下のページから無料の資料ダウンロードをオススメします!

無料 資料ダウンロードはこちら >>

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手