ダンプカーの運転で必要な免許はコレ!取得の条件や費用とは?

   

ダンプカー運転手になるかたにとって、どういった免許をとっておくと転職や就職で有利になるかは気になるとこですよね。この記事では、どの免許が必要かをかいせつしておりますので、読めば必要な免許を知ることができます。

早速必要な免許を見ていきましょう。

ダンプカーに乗るためにはどんな免許が必要?

ダンプカーの免許を取得することで、様々な運搬から工事現場で活躍するためのドライバーとして活躍することが出来るようになります。

作業の種類、運搬、勤務先の取扱商品に合わせて免許を取得することが出来、ダンプカーの種類も様々目的に合わせた免許取得をしましょう。

大型免許ならば、トラックも運転可能になりダンプカーも重量指定で運転が可能になります。また大型マイクロバスなど乗車定員も重量にあわせて増えていきます。

大型免許ならば運搬から各種の配達にもこの免許証で対応可能です。ダンプカーを運転ですることが出来、またダンプカーを今までに運転したことがない方でも、初心者として講習に参加し取得取得可能です。

トラックの大きさによって必要の種類も異なるので、希望の大きさの免許を取得する必要があります。普通免許を持っている方は、更に簡単に受講することが出来ます。経験者にとってはさほど難しい免許取得にはならないはずです。

車両総重量5t未満、最大積載量3t未満は中型免許になります。大型トラックは、積載の容量が多いダンプカーなどで、重量次第で免許の種類も異なります。

更に、作業のみを行う重ダンプ等特殊なダンプカーもあり、各用途やサイズによって免許の種類も異なります。

ダンプカーの免許の種類について

それぞれのダンプカーのサイズや種類によって必要な免許を見ていきましょう。

小型

小型のダンプの重量は(2t・3t)と定められています。小型でも一般の配達からドライバーとして勤務が可能な免許です。

中型

中型自動車免許は、最大積載量が5t~8tの中型までの運転に対応可能となる資格です。ダンプトラックが運転 です。

大型

ダンプカーの最大蓄積量でも一番大きな車両に対応している免許であり、総重量は車輌総重量11トン以上になります。

また、マイクロバスなども運転可能になり、ダンプカーなど乗車定員30名以上に対応しています。期間は普通運転免許証を持っていれば、最短で7日で取得可能となります。

免許を取得するための条件、目安となる費用、取得までの目安期間を解説してください。目安の取得期間については、教習所などの最短取得期間などを参考にしてください。

ダンプカーの種類を知ろう!

リアダンプ

リアダンプは荷台部分を高く上げ下げが可能で、後方に積載物を積んで配送するタイプです。荷台を持ち上げするロングダンプなども含まれます。

深ダンプ

深ダンプは荷台部分が高くなっているタイプの車両で、軽いものを多く積載することが出来ます。また、土砂などの運搬にも最適な車両で産業形廃棄物を運ぶ車両としても起用されているモデルです。

サイドダンプ

サイドダンプはバケットが付帯している作業車で、ダンプカーへの積載の際にも利用します。コンベアへの積載が容易になり、重量のある作業車などの積載において効果を発揮します。

ファームダンプ

ファームダンプは、牧場経営などにおいて最適なダンプカーで荷台容積もあり、様々な物を運搬できる万能型、積載において、深目の荷台で長距離の運搬において効率的なダンプです。

三転ダンプ

三転ダンプは、運搬車であり作業車としても活躍するダンプで狭い道路で席先、荷降ろしが容易なモデルです。荷台が傾き角度を調整してダンプが出来ます。

重ダンプ

重ダンプはダンプカーの中でも最もサイズが大きく、大型建設工事やダム建設、鉱山の作業車と多様に活躍しているダンプです。

重ダンプの大積載量11t以上となり、一度で大量の土砂などを運搬することが可能です。しかし公道を走ることは出来ず、車検が不要となります。

ダンプカーの免許を取得するとどんな仕事ができる?

運送業、輸送業、建設業、引っ越し会社までダンプカーの免許があれば活躍できる職場は多く、用途、各種類に合わせた免許取得をしましょう。

ダンプカーの免許は大型免許コースにて習得することが可能です。 大型免許取得は基本的に教習所で一般のコースか合宿免での取得かを選択する事が可能です。

貨物輸送の際に気をつけることから、運転の仕方など詳しく学ぶことが可能で物流業界での勤務においては必須の免許になります。

中には車好きで好奇心から、トラックやバスなどの大型車の免許を取得する方もいます。大型免許があればいつでも仕事として資格を活かすことも可能です。

また資格は、受講にかかる期間はコースや教習所次第です、最も早く取得するコースは合宿コースになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?基本的には大型免許を取っていると、どういったサイズのダンプカーでも対応できるためオススメになります。

大型を取っておけば他の車においても便利なので、是非挑戦してみて下さい。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント 公式サイト >>

【3位】 マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's 公式サイト >>

 - ダンプ運転手