女性がダンプ運転手になれるの?ダンプカーの運転には体力や力は必要ない?

   

最近ダンプの運転手で、女の人のドライバーをよく見かけますよね。

近年では深刻なドライバー不足や取り扱う荷物の増加などから女の人のドライバー求人も多く、その中でもダンプの運転手は代表格ではないでしょうか。

そこで今回は、ダンプの運転手を目指す女性の方の役に立つ情報を詳しくご紹介していきたいと思います。

ダンプ運転手は女も男も関係ない

結論から言うと、ダンプ運転手に強靭な体力や力は必要ありません。

ダンプカーが活動する現場の多くでは、荷台に荷物を積み込む動作をショベルカーなどが行います。

そのため、ダンプ運転手が主体となって力仕事をするということはないのです。

ダンプカーというと大きなトラックですので、「ダンプ運転手は男性でなくてはならない」というイメージを持つ人も多くいますが、実際のところは女性の力でも十分にこなせる仕事というわけです。

ダンプの運転手の仕事内容

ダンプ運転手の仕事内容については、何か一つに限定されるわけではありません。

例を一つ挙げるならば、道路工事や建物の建設のために必要な土を運ぶことです。

土を実際にダンプカーに積んだり、そこから降ろしたりという作業は、ダンプ運転手が素手で行うわけではありません。

土を積む作業は、ショベルカーなどの建設機械が行うのが普通ですし、荷物を降ろす作業については、ダンプ運転手が運転席から操作をし、荷台を傾けるだけです。

そのため、ダンプ運転手をしている人の中には「仕事内容が楽だ」と感じている人が多いでしょう。

また、ダンプには、深ダンプという種類があります。深ダンプは、軽いものを多く積むにあたって適したタイプとなっています。

そのため、廃棄物を運ぶ必要のある際には、深ダンプが非常に役立ちますね。

ダンプ運転手はどのような場所で仕事をするのか

実際のところ、ダンプカーはいろいろなところで活躍しています。そこで、仕事場所にスポットを当てていきます。

公道

いわゆる重ダンプカーと言われるものは公道を走ることができません。

そのため、重ダンプカーを扱う運転手の方は、公道での作業を視野に入れる必要はないでしょう。

ただ、普通ダンプカーであれば公道を走ることができます。そのため、仕事場所になりうるのです。

山道

ダンプカーは、林業現場にて活躍するケースも多いです。

そのため、ダンプ運転手であれば、山道を走るケースも想定しておきましょう。

ただ、山道の場合は道の幅が狭いケースもありますので、事故を起こさないように細心の注意を払う必要があります。

河川

ダンプカーの場合、河川土工とかかわるケースも多いです。

河川土工の施工にあたり、ダンプカーが主体となって業務を遂行するパターンも多く見受けられますので、この点もよく踏まえておきましょう。

ただ、河川土工の場合、河川水位が大きく影響してきますので、変則的な業務になる可能性も考慮しておく必要があるでしょう。

埋立地

埋立地とは、人工的に作られる土地のことを意味しています。

埋立地を作るにあたっては、廃棄物などを積み上げていく必要があります。したがって、このシーンでもダンプカーが役立つのです。

実際に、埋立地予定の場所でダンプカーが仕事をするケースは非常に多いです。

建設現場

建設現場に資材を運んだり、建設現場から土を運び出す際には、ダンプカーの力が必要になります。

より多くを積むことができるダンプカーの性質を考えれば当然のことですね。

ダンプ運転手女性募集の求人紹介

ダンプ運転手の求人というと、男性しか受け付けないイメージがあるかもしれませんが、実際はそうではありません。

女性OKとされる求人も数多くあります。そこで、数ある求人の中から2つを取り上げ、簡単にご紹介しましょう。

ダンプ運転手の求人例1

雇用形態正社員
給料42万円
休日日曜・祝日
応募資格未経験者OK

ダンプ運転手の求人例2

雇用形態正社員
給料日給14,000円
休日日曜
応募資格未経験者OK

所持していると有利な資格

大型特殊免許

大型特殊免許を取得することができれば、ショベルカーやトラクター、ブルドーザーなどの運転ができるようになります。

そのため、この資格を持っておくと、「役立つ人材」として給料を含め高く評価してもらえる可能性が高いです。

車両系建設機械運転者

この資格があれば、車両系建設機械の運転が可能となります。具体的には、解体用の機械などが挙げられますね。

これについても、持っておくと解体現場において「役立つ人材」として評価してもらうことができるでしょう。

まとめ

ご説明したように、ダンプの運転手については、パワフルな力仕事を求められるわけではありません。

そのため、女性であっても十分にダンプ運転手として働くことができるでしょう。

また、資格を持っていれば、それだけでダンプ運転手の就職に有利となるケースがありますので、これからこの職業につきたいという方は、ぜひ資格の取得に力を入れてみてはいかがでしょうか。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント 公式サイト >>

【3位】 マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's 公式サイト >>

 - ダンプ運転手