産業廃棄物処理業者とは?定義や区分について分かりやすく解説!

   

産業廃棄物処理業者とはどんな業者なのでしょうか?また、実際に産業廃棄物を処理する際、どのように業者を探せばいいのでしょうか?

この記事では、産業廃棄物の処理に悩んでいる方のために、産業廃棄物処理業者の定義や探し方について詳しく解説していきます。

産業廃棄物処理業者とは?

まずは「産業廃棄物処理業者」がどのような業者を指すのかについてを確認してみましょう。

もちろん言葉のとおり産業廃棄物を処理する業者なのですが、「産業廃棄物」にもしっかりとした定義があり、それを処理する業者に関してもきちんと法律で定められています。

以下の項目で詳細に解説していくことにしますので、参考にしてみてください。

産業廃棄物処理業者の定義

廃棄物処理法という法律があります。この法律は「産業廃棄物」について、事業活動に伴って生じた燃え殻・汚泥・廃油、廃プラスチック類などの19種類を指定したものです。

これら19種類の「産業廃棄物」を処理するのが「産業廃棄物処理業者」というわけですね。

より詳細に表現するならば、「産業廃棄物の収集、運搬又は処分を業として反復継続して行う者のうち、廃棄物処理法14条の許可を受けた者」ということになります。

あくまでも事業として廃棄物の処分を行っていること、法のもとに許可を得て営業していることの2点が要件となります。

産業廃棄物処理業と特別管理産業廃棄物処理業に分けられる

産業廃棄物処理業者は、通常の「産業廃棄物処理業者」と、「特別管理産業廃棄物処理業者」とに分かれます。

というのも、廃棄物処理法では、産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性など、人の健康や生活環境に被害を及ぼすおそれがある性質を持つものを「特別管理産業廃棄物」として区分しているのです。

特別管理産業廃棄物は特に注意して扱うことを求められるため、処理基準も他の産業廃棄物とは異なります。

そのため、特別管理産業廃棄物収集運搬業もしくは処分業の許可を持つ処理業者でなければ、特別管理産業廃棄物を取り扱うことはできないように定められています。

それぞれ区分がある

産業廃棄物処理業者の業務にもいくつかの区分があります。処分のどの段階を担当するかによって分かれ、それぞれ別々の許可が必要とされるのです。

種類は全部で三つ。まずは保管・積換を除く収集運搬業です。これは文字どおり、産業廃棄物の収集および運搬を行うことができる業者ですね。

次に、保管・積換を含む収集運搬業。上記の業務に加えて、産業廃棄物の保管や積換えを行うことができます。最後に処分業です。中間処理や最終処分を行う業者がここに該当します。

産業廃棄物処理業者の探し方

ところで、実際に産業廃棄物処理業者に廃棄物の処理を依頼しようと思ったら、どのようにして業者を探せばよいのでしょうか。

地域のタウンページを捲ったり、GoogleやYahoo!といった検索エンジンで検索してみるのも一つの手ではありますが、実は、もっと効率の良い方法があるのです。

環境省が提供するサービスがある

環境省のホームページを閲覧してみましょう。省庁の公式サイトだけあっていくつもの項目があるのですが、利用したいサービスは「政策分野・行政活動」ページにあります。

政策分野一覧の中から「環境再生・資源循環」を選んでください。「廃棄物等の処理」という項目が見つかるはずです。

「廃棄物等の処理」が表示されたら、「法令・制度等」の中から「廃棄物処理に関する統計・状況」を選んでください。目的のサービスに辿り着けます。

「産業廃棄物処理業者検索システム」という項目がそれです。このシステムを使うと、全国の産業廃棄物処理業者を検索することができます。

業者ごとの固有番号や許可番号で検索することもできますが、わからない場合が大半だと思われますので、基本的には業者情報内容で検索することになるでしょう。

所在地や業者名、業の区分を指定して検索すると、地域で産業廃棄物処理を請け負っている業者を探し当てることができます。

ちなみにこのシステム、「産業廃棄物処理に関する統計・状況」に分類されているだけのことはあって、登録されているデータを集計したものを確認することも可能です。

区分ごとの業者数、都道府県ごとの業者数といった情報をチェックできるので、興味のある方はぜひ試して見てください。

まとめ

皆さん、いかがでしたか?産業廃棄物を処理するためには廃棄物処理法に基づく許可が必要であるため、産業廃棄物処理業者に依頼して引き取ってもらわなければなりません。

地域の産業廃棄物処理業者がどこかわからない場合は、環境省のホームページにアクセスし、産業廃棄物処理業者検索システムを利用しましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、東京・関東を中心に求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東のみ・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - ごみ収集車・パッカー車