トレーラードライバーの年収はいくら?気になるお金事情をご紹介

   

海上コンテナやタンクローリーなどのトレーラーのドライバーは年収をどれくらいもらっているのか気になりますよね。給料や年収は転職を考えるときにも必要な条件。金額次第では転職を考える人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、トレーラードライバーの平均給料や年収などを調査してきました。

トレーラードライバーの平均年収やボーナスは?

まず初めにトレーラードライバーの平均年収やボーナスといった気になる給料面を見てみましょう。

トレーラーの平均給料

トレーラーの収入はもちろん企業や地域、年齢や、各種手当などによって異なりますが、一般的に月給25~50万円程度が相場となっています。また、中には月給50万円以上の企業もあり、全体的には給料面は高い傾向にあります。

トレーラーの平均年収

トレーラーの収入を年収で見ると、あくまで勤務条件によって差はあるものの、平均400~600万円ほどとなります。もちろん仕事量によっては600万円以上稼ぐことも可能でしょう。

平均的なボーナスの金額

ボーナスは年齢ごとによって変動することがほとんどです。そのため、入社時など、若い時は年間約50万円ほどとなり、40代の中間層になると約100万円ほどとなっています。ただし、企業によってボーナスがあるところとないところがあるため、事前の確認は必要です。
※参考サイト:https://heikinnenshu.jp/other/truckdriver.html#chapter4

女性と男性ドライバーで年収に差がでる?

トレーラーのドライバーだけではなく、トラックドライバーは男女によって年収の差が出てしまうこともあります。
これは単純に男性の方が給料が高く設定されているというわけではなく、走ったら走った分給料に反映されるトラックドライバーは荷物の積み込みで力の差が出てしまい、結果女性の方が給料が安くなってしまう傾向があります。

平均年収で見てみると男性が約460万円に対し、女性は326万円と、134万円も差ができてしまいます。
※参考サイト: https://heikinnenshu.jp/other/truckdriver.html#chapter3

年収が多いトラックドライバーは?

トラックドライバーの平均年収は大きく分けると以下の通りとなります。
・大手宅配の大型ドライバー 平均840万円
・コンテナ牽引トレーラードライバー 平均770万円
・メーカー提携大型トラックドライバー 平均660万円
・倉庫専門大型ドライバー 平均650万円
・危険物等科学品輸送ドライバー 平均600万円
・中型トラックドライバー 平均450万円

ヤマトや西濃といった大手の宅配メーカーの大型幹線ドライバーが一番多い結果となりました。そのため、運べる量、距離が多くなるほど給料も高いという印象があります。ただし上記の数字はあくまで平均値ということをお忘れなく。
※参考サイト: https://heikinnenshu.jp/other/truckdriver.html#chapter3

トレーラードライバーの主な給料体系

トレーラーの給料体系である「歩合制」と「給料制」についてご紹介します。

歩合制の場合

歩合制の場合は主に運賃の何パーセントが給料に反映されるという計算をされることが多く、働いたら働いた分だけ稼ぐことができます。さらに歩合制といっても最低保証給がある場合もあり、安心して働くことができます。

一方年齢による昇給やボーナスはない場合がほとんどのため、毎年の年収の変動は大きくなります。さらに、トレーラーの場合は積み降ろしに時間がかかり、運行本数が減ったりすることもよくあります。

給料制の場合

給料制の場合は、運行本数が少なくなっても給料が減ったりせず、昇給やボーナスがあり、安定した収入を得ることができます。また、どれだけ走っても給料が変わらないため、切羽詰まった運転を強いられることもなく、安全運転にもつなげることができます。

トレーラー運転手の仕事内容と必要資格

次にトレーラーの仕事内容のと必要な資格についてご紹介します。

トレーラーの主な種類

トレーラーも様々な種類が存在します。たとえば海外から輸入されてきた製品が詰まったコンテナを運ぶ海上コンテナトレーラーや、ガソリンなどの危険物を運ぶタンクローリー、また鋼材や重機を運ぶ長いタイプのトレーラーも存在します。

トレーラードライバーの主な仕事

トレーラーとは、牽引貨物自動車のことを言い、トラクタと呼ばれる運転席部分とトレーラー(荷台)が分離できる構造となっており、重たい大量の荷物を運搬する仕事となります。仕事内容は様々で大量の荷物を運ぶフルトラクタや自動車を運ぶキャリアカーを運転することもトレーラードライバーの仕事となります。

さらに大型トラックとの違いは、基本的に荷物の積み降ろし作業はクレーンなどを使う場合がほとんどのため、手積みをする必要がありません。トレーラーの仕事は長距離運転となることが多いため、運転が好きな人にはもってこいの職業と言えるでしょう。

トレーラー運転手になるための必要資格

トレーラードライバーになるためには、「大型免許」と「けん引免許」が必ず必要となります。「大型免許」は主にトラックやダンプカー、バスなどの大型車を運転する際に必要な免許で、「けん引免許」は車両重量750キログラムを超える車をけん引する際に必要な免許です。

さらに積み降ろしで使用するためのフォークリフトが運転できる「フォークリフト運転技能講習修了証」も取得しておく方がいいでしょう。また、タンクローリーを運転する際は、運搬する危険物が対象の「危険物取扱者免状」が必要になります。

もちろん運搬するものが高圧ガスとなると「高圧ガス移動監視者」の資格など、運ぶものによって必要な資格があります。

トレーラードライバーの気になるQ&A

大型トラックとの違いなど、トレーラードライバーの気になる疑問にお答えします。

大型トラックとトレーラーとでは年収が違う?

大型トラックは体力勝負な部分があり過酷な仕事のため、トレーラーよりも高く平均月30~35万円ほどとなっています。さらに便数を増やしたり、長距離輸送をしたりと自分の努力次第で40、50万円以上も稼ぐことができます。

トレーラーの場合は荷物が積荷作業がないため、大型トラックよりも低めの傾向があり、平均月25~30万円ほどとなっています。

トレーラー運転手は高齢でもできる?

トレーラーは人の手で運べないくらい大きな荷物を運搬することがほとんど。そのため、積み込みはクレーンやフォークリフトで行う場合が多いため、体力的に厳しい高齢者でもできる仕事であると言えます。

大型トラックの場合は、荷物は手積みのところが多いため、体力的に厳しくなってきた大型ドライバーはトレーラードライバーに転職してもいいかもしれません

ただし、会社によって様々なため、求人情報をしっかり確認しましょう。

おすすめのトレーラードライバーは何?

多くの職種があるトレーラードライバーの中で、おすすめするのが海上コンテナ輸送です。なぜなら、海上コンテナの場合は荷物の手積み・手下ろしが無い場合が多いため。海上コンテナは荷物の特性上、扉が封印されており開けることができないため、積荷はクレーンで行われます。

大型トラックのトレーラーの場合は自分で荷物を積むため、体力的に厳しい部分があります。そのため、海上コンテナのトレーラードライバーの仕事は高齢者でも行うことができます。ただし、積荷中は待ち時間となるため、待ち時間が長すぎて運搬本数が減ってしまうこともあります。

まとめ

トレーラーの仕事は大型トラックと違い、けん引免許が必要であったり、特殊な荷物を運ぶときに専用の資格が必要でもあるため、トレーラードライバーになるためにはたくさんハードルがあります。しかし、ハードルが高いということは、それだけ需要もあるということのため、トラックドライバーの仕事として十分考えられる職種だと言えます。

さらにトレーラーの仕事といっても種類は様々で会社の給料体系も大きく違います。そのため、気になる会社を見つけた場合、事前に給料制度など調べておく必要がありますね。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)アフィなし

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - タンクローリー運転手