タンクローリー運転手の給料/年収/月給を大型トラックと比較!危険度や働きやすさも紹介

   

石油や液化ガスなどを輸送するタンクローリー車は、「移動タンク貯蔵所」といい、危険物取扱者の資格が必要で、大型トラックとは区別されています。でも、同じ大型免許で運転できるなら、給料がいいタンクローリーのドライバーに、ステップアップした方が賢明かも。などと、迷う人もいるかと思います。

そこで下記のような口コミ調査を実施しました。この結果をもとに、タンクローリー運転手の給料・年収・免許の種類・肉体疲労度などについて、大型トラックと比較検証していきますので、ぜひチェックしてみて下さい。

タンクローリー運転手「給料」は季節によって変動する

タンクローリーの給料は、タンクローリーの種類や冬場・夏場など季節によって給料が変動します。また、タンクローリーの運転手には、大型自動車免許の他に危険物乙4の「危険物取扱者」の資格が必要になるであり、けん引免許が必要になるのです。

そのため、給料と同時に免許の確認も行いましょう。けん引免許については、教習所で習得するか、免許センターで受験して取得するかのいずれかの方法になります。

しかし、けん引の教習を実施している教習所は少ないため、通える範囲にあるかを確認しましょう。危険物取扱者乙種4類については、各都道府県で試験日が異なるため、間違いのないように注意が必要です。

多くの都道府県で、年に数回、試験が実施されています。

危険物を運ぶタンクローリーの運転手は「年収」が多い

タンクローリーの種類によって異なりますが、大型トラックの運転手と比較をすると、タンクローリーの方が年収は高いことが特徴です。例えば、ガソリンや重油系の輸送を行う運転手の年収はおよそ450万円~500万円、LPガスの場合はおよそ400万円~450万円となります。

最も平均年収が高いのはケミカルであり、およそ600万円~650万円です。最大で200万円もの差があるため、転職の際にはタンクローリーの種類も慎重に選ぶ必要があります。

タンクローリーは重い荷物の積み下ろしなどの雑務がない

トラックの仕事は長距離運転の他、パレットの整理、荷持の手積み下ろしなどの肉体労働が必須です。一方、タンクローリーは重たい荷物の積み降ろしやフォークリフトなどの雑務がありません

そのため、タンクローリーの仕事は、年齢や体力に関わらず、長期間働ける仕事であるといえます。

タンクローリー運転手は近県の仕事が多く効率が良い

タンクローリー運転手は、ほとんどが日帰りできる首都圏内の千葉、神奈川、埼玉県を回っています。一方、トラック運転手は、遠方への長距離運転が多いことから、タンクローリーの仕事は効率的であることがメリットです。

タンクローリーの仕事は拘束時間が短い

一般的に、長距離トラックなどでは、目的地に荷物を運んで直帰できるわけではありません。翌日に、指定された港で荷物を積んでから帰るといった作業があるため、拘束時間が非常に長いです。

一方タンクローリーの仕事は、比較的中距離便が多いこともあり、拘束時間が短くなります。出勤時間については、1件目の配送先のスケジュールによって異なるため、毎日出勤時刻が同じではありません。

平均すると、4時~5時半に仕事を開始することになるため、4時に車庫を出発する運転手が多いです。退社時間は、17時~19時に車庫に戻ります。

しかし、季節によって変動があり、夏場と比較すると冬は忙しくなるため、拘束時間が長くなる可能性が高いです。

休日は交代制であり、土日祝日に関わらず仕事になります。人手が足ている会社であれば休日を取りやすくなりますが、基本的にはお盆も正月も仕事になる可能性があるでしょう。

タンクローリーは運転の危険度が高い

タンクローリーでは、液化ガスや石油などの危険物を輸送するため、輸送中に何らかのトラブルが発生した場合は、大火災を起こす可能性があります。

タンクローリーの危険度が高いと感じてしまいますが、大型トラックにもジャックナイフ現象や大事故につながる荷崩れといったリスクがあるため、それぞれに危険が伴う仕事であると認識しておきましょう。

いずれの運転手も、安全運転や周囲の車両など環境をしっかりと確認したうえで仕事をすることが重要です。

タンクローリーの「危険物取扱者」資格は難易度高め?

タンクローリーは大型車免許と危険物取扱者の難易度高いとされる「危険物乙4」資格が必須です。危険物取扱者乙種には1類~6類があり、危険物を取り扱える種類が違います。

乙4種では、ガソリンや灯油、重油、軽油といった引火性液体の取り扱い可能です。乙4種の平均合格率は30%~40%といわれ、合格率が高いとはいえない免許となります。

しかし、合格率が高くはないこと日手は、受験者数が多いことと関連しているのです。乙種4類は、試験科目3つでそれぞれ60%以上を取ると合格できます。

さらに、合格者の定員が設けられておらず、足切りもありません。 受験者数が多いと、不合格者も多くなります。そのため、乙4種が特段難しいわけではないため、合格率の低さだけに注目しないようにしましょう。

最近は、大型免許と危険物乙種四類免許の両方を持っている人の数が減少しているため、取得しておくことで転職もしやすくなるでしょう。

免許を持っている人の数が減っていることで、企業側も給料に反映しやすいことがメリットです。タンクローリーの運転手として長期間働き、昇給を目指すのであれば、危険物乙4を取得して転職を目指しましょう。

まとめ

危険物をタンクローリーの運転手は、免許の取得が必須であることを含め、誰でもなれるものではありません。そのため、タンクローリーの種類によっては、年収が600万円に上るケースもあります。

特に注目すべき免許は危険物乙4です。合格率の低さは、人気の免許であることが理由であり、非常に難しい試験ではないため、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

免許の取得をサポートしてくれる運送会社もありますが、可能であれば事前に免許を取得してから応募することをおすすめします。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント 公式サイト >>

【3位】 マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's 公式サイト >>

 - タンクローリー運転手