アスファルトローリーの仕事内容とは?仕組み/構造はどうなっているのか、必要な資格も解説!

   

タンクローリーの仕事をしたい人にとって、特にアスファルトローリーの仕事に興味がある人もいるでしょう。

どんな仕組みなのか、どんな仕事内容なのかが分かればやってみたくなりますね。それでは、アスファルトローリーの仕事についてご説明しましょう。

タンクローリーについて

一般的なタンクローリーとは特殊用途自動車と呼ばれる車両であり、主に固体から液体、気体まで運ぶのに使われています。

石油やガスなどを運ぶことが多く、こうした危険物を運んでいるタンクローリーは移動タンク貯蔵所と呼ばれています。

タンクローリーといっても様々な大きさの車両があり、軽自動車程度の最大積載量しかない車両や小型トラック、大型トラック、消防法上の上限まで運べるタンクローリーなど目的に応じて様々な用途があるのが特徴です。

アスファルトローリーの仕事内容について

夜間配送について

アスファルトローリーの運転手として働く場合、夜間勤務があるのか気になりますよね。結論から言えば、アスファルトローリーの運転手は夜間勤務があります。

とはいっても職場によって左右されるところではありますが、基本的にあると思って良いでしょう。

元々アスファルトローリーの仕事は指定時間によって勤務時間が変わるため、早ければ午前2時頃から働き、お昼頃に帰宅できるケースもあります。

夜中に時間を指定されることがある以上、夜間勤務があることも覚えておいた方が良いでしょう。

残業は多くあるのか?

残業は少なければ少ないほど良いですが、アスファルトローリーの運転手には残業をすることがあります。残業が多いか少ないかは職場によって変わりますし、1週間に平均2日~4日程度あると言えるでしょう。

もしも残業がある場合は帰りが遅くなることはもちろん、帰れない場合もあるので事前に職場で残業があるかどうか確認するのがおすすめです。

シフトについて

アスファルトローリーの運転手は、一般的に土曜日も働くことが多く、日曜日やゴールデンウィーク、夏休み、年末年始に休めるのが基本です。

しかし、場合によっては日曜日に仕事が入ることもあるため、基本的に毎日働くことになる可能性があるでしょう。

日曜日に仕事があるといっても順繰りにお願いする形式であったり、ランダムにお願いされる形式だったりすることがあるので、自分の番になったら日曜日に仕事をすると思っていた方が良いでしょう。

一日の具体的な仕事内容について

アスファルトローリーの運転手の一日の具体的な仕事内容は、思ったよりも複雑な仕事ではありません。

主に製油所などでアスファルトを積み込み、指定された場所へ納入するだけの簡単な工程の仕事をひたすら繰り返すのが主な仕事です。

石油精製工場などの指定された製油所でアスファルトを積み込み、合成プラント工場などにアスファルトを納入するのが一般的な仕事ですが、これをひたすら繰り返すことになりますが、

アスファルトは危険物の一つなので気を付けて運ばなければなりませんし、夜中に納入しなければならないこともあるので細心の注意を払いながら仕事をこなすことになるでしょう。

必要な資格について

危険物取扱者について

アスファルトローリーの運転手になるには、危険物取扱者という資格を取得しなければなりません。

液体のアスファルトは危険物の一つなので、引火性液体を扱うことができる乙種4類、通称乙4の資格を取得すると就職に有利になります。

危険物取扱者の資格を取得しておくことで、いずれアスファルト以外の危険物を運ぶ機会も必ず多くなるでしょう。

危険物取扱者の資格を取得するには試験に合格しなければなりませんが、乙4の試験の合格率は大体3割前後となっており、難関だと言えます。

大型免許について

アスファルトローリーの運転手になるためには最低でも普通免許を取得していることが絶対ですが、なるべくなら大型免許を取得しておいた方が良いでしょう。

アスファルトローリーは大型車扱いとなっているため、大型免許がないと話にならないことがほとんどです。

就職した会社によっては最低ラインを普通免許を取得していることとし、大型免許などの取得を支援してくれる会社があります。

その上で危険物取扱者の資格を取得することで、活躍できるようになるでしょう。普通免許しか取得していない場合でも、大型免許取得支援制度を利用して資格を取得するのもおすすめです。

牽引免許について

アスファルトローリーには大型トラックタイプと牽引タイプの2種類があるので、牽引タイプのアスファルトローリーを運転するには牽引免許が必要になります。

もちろん事前に牽引免許を取得している場合は就職に有利になるので、あらかじめ取得しておくと役立ちます。

ただ、牽引免許を取得していなくても大型免許のように資格支援制度を実施している会社もあるので、そこへ就職してから免許を取得するという方法もあります。

事前に取得するか、支援制度を利用して取得するかどうかを選びましょう。

資格を取ってキャリアアップを目指そう

アスファルトローリーの仕事を行うためには、最低でも普通免許さえ取得していれば就職先があります。

まずは普通免許を取得してから会社に就職し、支援制度を利用して大型免許や牽引免許を取得することが先です。そして危険物取扱者の取得に専念しましょう。

危険物取扱者の資格は複数の種類があるので、丙、乙、甲とあるので難易度から順番に丙から先に資格を取得するのがおすすめです。

丙の資格を取得したら、次に乙3までの資格を腫とkすることで仕事内容が一気に増えるメリットがあります。低い合格率の乙4や甲の資格すれば、さらに危険度が高いものや全ての危険物を運ぶことができるでしょう。

アスファルトローリー運転手の年収について

アスファルトローリー運転手の平均手取りについて

アスファルトローリー運転手の平均手取りは、およそ25万円~40万円となっています。これは大型トラックなどと比べると平均年収が高く設定されており、平均年収はおよそ400万円~500万円です。

これは危険物を取り扱うローリー系の運転手にとって当然の年収とも言える数字であり、仕事内容も至極単純なので働きやすいと言えるでしょう。

ただし。季節によって仕事の量が変わるため、夏場は極端に少なく、冬場は極端に多くなるので途端に激務になる可能性があるので注意が必要です。

アスファルトローリー運転手の将来性について

アスファルトローリー運転手の将来性は今後も安泰だと言えるでしょう。とにかくトラックの業界は肉体労働が中心というイメージが強く、必要になる試験の難しさも相まって運転手が不足している状態が続いています。

このことから大型免許や牽引免許はもちろん、より難しい危険物取扱者の資格を取得している人は特に重宝される人材であり、上手くいけば即採用になることも珍しくありません。

今後もアスファルトローリー運転手の需要は変わらずあることが大いに予想されるので、将来性は問題ないでしょう。

アスファルトローリー運転手のキャリアアップについて

アスファルトローリー運転手はキャリアアップしやすい職種だと言えるでしょう。

何故なら、アスファルトローリーを運転するためには大型免許や牽引免許が必要になるだけでんかう、危険物取扱者の資格を取得していなければならないからです。

それも乙4や甲の資格を取得していればアスファルトローリーだけに留まらず、他の固体や液体、気体のローリー系を運転することも可能です。

試験に合格するのは難しいですし、危険物を取り扱うので運転手にも危険が及ぶ可能性がありますが、それでも長距離運転に慣れている人は時間に融通が利きやすい人ほどキャリアアップしやすいと言えるでしょう。

アスファルトローリーの運転手は未経験でも採用されやすい?

アスファルトローリーの運転手は未経験でも採用されやすい傾向にあります。

普通免許さえ取得していれば採用される可能性がありますし、後から支援制度を利用してアスファルトローリーを運転できるように資格を取得すれば働きやすくなるでしょう。

こうした運転手は不足している傾向にあるので、未経験でも積極的に採用している会社も存在します。

アスファルトローリーの仕組みとは?

アスファルトローリーの仕組みは、タンクの中にアスファルトを入れて運びますが、その構造はアスファルトを運ぶための専用構造になっています。

特にアスファルトは空気の温度で固まってしまうため、二重保湿構造や加熱装置が設置されているものもあります。

アスファルトローリーの維持費について

かかる税金について

アスファルトローリーは8ナンバーに該当するため、維持費が普通自動車と比べて安いというメリットがあります。

普通自動車の3ナンバーと比べると、3ナンバーで1L以下なら2万9500円となりますが、8ナンバーなら2万3600円となります。つまり、8ナンバーは維持費がそこまでかからない車種だと言えます。

燃費について

アスファルトローリーの燃費は基本的に悪いと言えます。大型トラック以上に大きな車両で長距離を運転することになるので、エンジンに負担を大きくかけることになります。

まとめ

アスファルトローリーはトラックのように肉体労働を必要とせず。アスファルトを積み込んで指定した場所まで運ぶのを繰り返すという基本的に単純な作業を行う仕事内容となっています。

とても働きやすく、年齢も関係なく働けるのでおすすめできるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、東京・関東を中心に求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東のみ・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - タンクローリー運転手